たこ焼き頭:加倉井義忠の言いたい放題!一級さん(^O^)

父が酒乱でDV、イジメ、不登校、高校も1年遅れて進学。落ちこぼれ、透析で障がい1級。負けてはいられない!まだまだ!

途中から家庭の進路を180度

2019-01-04 07:48:08 | 子育て
時々、親御さんの嘆きは「何で兄弟みんな同じに育てたのに・・・この子だけ・・」
すごい愛情にあふれた言葉に聞こえますが、落とし穴が!
「みんな同じに」が大問題です。
兄弟姉妹でも同じ親から生まれても、性格や向き不向きがまったく別なことが多いです。
その子たち各自に適した育て方が最も大切でしょう。
過去の塾生でしたが、ある家庭を例に紹介しますが、お姉ちゃんは勉強に向いている子で有名大学から大学院へ!
お姉ちゃんが勉強に向いているから弟も?やパパママも一族も高学歴だから子供も高学歴になって当たり前?
そんなことはありません。
親子でも兄弟姉妹でも全くの別人と考えたほうがいいでしょう。
別人ですから、向いている世界も興味をもつ世界も全く違います。
大学が向いている子もいれば、技術者が向いている子、カリスマ性がある子、同じことをくりかえせる子、世話に向いている子、美に向いている子、食に向いている子、探求心が常人の倍の子、話術に長けた子、営業が向いている子・・様々です。
時々ですが、この子は別の家庭に生まれていたらこんなに苦しまずに済んだのに・・と、親に決められた枠の中で苦しんでいるケースも多々ありますが、
中には、途中から家庭の進路を180度変えて、教育方針も価値観さえもガラッと変えてくれるパパママには脱帽です。
感謝で土下座をしたくなります。
中には、反省から新しい出発をしてくれるパパママもいます。
その姿を見ていると、子供を愛しているのだなと涙ものです。
いくら説明をしても、聞く耳がなく 最終的にわが子を心療内科の患者や自殺未遂にさせてしまうケースも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 茨城県立高校の入試のシステム | トップ | 家族の「おかえり」という声... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事