たこ焼き頭:加倉井義忠の言いたい放題!一級さん(^O^)

父が酒乱でDV、イジメ、不登校、高校も1年遅れて進学。落ちこぼれ、透析で障がい1級。負けてはいられない!まだまだ!

茨城県立高校の入試のシステム

2019-01-02 23:16:48 | 子育て
茨城県立高校の入試のシステム(参考までに)
70パーセントと30パーセントという枠があります。
ある高校の募集人数は200人とします。その高校に300人が受験します。
まず合否は、当日の点数で合格予定200人の70%の140人が合格になります。この時点で160人が不合格ですが、この160人の内申書を点数化して200人の30パーセントの60人が合格になります。両方足して合格者200人になります。
時折、ママ友の話では「うちの子や知り合いは、~点でもその高校を合格したわよ!」(通常では考えられない低い点数)
この言葉だけを信じるのは大変危険です。
それは当日の点数ではなく、当日の点数では不合格で、中学校の内申書で受かっている場合だからです。
この受験方式は、茨城県の教育委員会で直接確認してきたことです.。
高校によっては80パーセントと20パーセントになっています。
不安でしたら直接、県の教育委員会のHPもしくは、直接 問い合わせてください。
他県については、都道府県の教育委員会に問い合わせてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 嬉しい年賀状! | トップ | 途中から家庭の進路を180度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事