Sallyの日常

静岡市清水区在住、いろんなことが気になるσ(^_^)の日々の暮らし

日本的小旅行

2019-02-09 21:32:48 | 日記

今朝は曇天で、予定していたさった峠ハイキングを諦めて、蒲原宿の散策に予定を変更した。



3軒の古い民家を巡ってみた。1軒目は「お休み処さくらや」。

旅籠だったこの家では、藍染めの東海道五十三次や古い木造家屋が見られた。ここは安政の地震でも壊れなかったそうだ!    向かいの本陣が上から見られます、と2階へ案内された。

  本陣の建物が残っているのは、全国的にも珍しいらしい。



2件目は、旧五十嵐邸。ここはもと歯科医院で、外観は洋館風。



1階は和室のみ。

電話ボックスには、今は黒電話(使用可)が置かれてる。

こちらは金庫。入れ歯などに使う金が保管されていたとか。

近江八景が彫られている欄間。
                                  中庭。当時の冷蔵庫。

当時の食器(コーヒー茶碗)が入っている。

           2階の待合室の襖絵が素晴らしかった!

当時の診察室。今見ても、歯が痛くなる(+。+)

    歯科技工室。当時はみんな一緒に働いていたそう。

階段上にもひと工夫。



3件目は商家の志田邸。昔はお醤油を売っていた。

 蒲原の最もオーソドックスな家の形は玄関から裏口までの長い土間と、その横に客間や居間が順に並んでいて、部屋の奥に押し入れ。箱階段を上って2階へ。志田邸はその形式をしっかりと残している。



ランチは近くの「よし川」へ。寒い中歩いたので、お店の温かいおしぼりが有難かった。食べた桜エビかき揚げ丼のセットはリーズナブルで美味しくて満足感あり!(ソフトクリーム付😍)



食後は、興津に向かう。 寒桜を愛でながら、山の中腹にある波打不動尊へ。

  ここからは清水港の日の出埠頭付近の様子が一望できた。昔は(今も?)漁の平穏無事を祈願するためにここへ登ってくると聞いた。



ちょうど不動尊を降りてきたところにある和風喫茶「茶楽」の、お茶とスイーツのセットでひと休み。

 晴天ではなくて予定変更したけど、4人で力を合わせて?楽しく散策出来たことが、何より嬉しかったなぁ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 時は流れて | トップ | カメリア »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Pamela)
2019-02-10 08:13:21
What a great day we had! I look forward to our next adventure.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事