Sallyの日常

静岡市清水区在住、いろんなことが気になるσ(^_^)の日々の暮らし

断水覚え書き

2022-10-01 21:12:26 | 日記
清水区で大規模な断水があり、今日で1週間。まだ復旧していないところや、浸水被害が深刻な地域があるので、心から喜べる状態ではないけれど、とりあえず日常の暮らしに戻れたことに安堵している。

我が家は近くで井戸水を頂けたが、運ぶのに必要な台車がなく、母の買い物カートの袋を外して、蓋付きバケツを縛って運んだ。室内に運んだバケツを、さらに鉢植えを置くキャスターに載せてお風呂まで運んだ。

雨がヒドくなってきて不安になり、深夜プラスチックの衣装ケースをお風呂場に置いて、水を溜めておいた。浴槽に溜めたものと、このケースの水でかなり凌げた。

友人からお借りした物2つ。1つは折りたたみバケツ。これは容量があるし、場所をとらないのが便利!
給水タンクは、友人がこれに水を入れて届けてくれたのだが、始めは使い方がわからなかったので、やはり自宅で備えておかねば、と思った。

水はペットボトルと水道水、井戸水、保存期間切れの水、お風呂の残り湯、に分けておいた。井戸水は煮沸して飲料水として使ってよい、保存期間切れの水は洗い物、残り湯はトイレを流すのに使用。

食料や水、生活用品に不足がないか、不足しているものを補完出来るものはないか、水以外の燃料は大丈夫か…。
あれこれ心配しながら生活するのはスゴいストレスなんだと実感した。出来るだけ物事を楽観的に考えないと気持ちが負けてしまう。

不安なときに友人達の助けがありがたかった。千葉に暮らす義姉から、兄が作ったカボチャと、銚子電鉄ぬれ煎餅、落花生最中が送られてきた😄
伯母の葬儀の際に来る予定で購入してあったとか。
義姉に、カボチャはヘタから切ると楽に切れるって知ってた?と言われたけど、カボチャを丸のままで買うことがないのよね😅

静物画的な…

落花生最中は米屋。落花生の形をしたかわいい箱に入っていた😌
それにしても、水をアマゾンに発注した人が多くて配達が遅れたそうだが、それって宅配というよりはもう救援物資ですよね…こういう時にまさかのアマゾン、私は思いも寄らなかった😓
今は「また水が出なくなるんじゃないか恐怖症」になっている😔




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 心静かに | トップ | 何も無い日の過ごし方 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。