思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

川井郁子のバイオリンミューズで完結したヘーゲル哲学

2015-05-30 11:19:09 | Weblog
バッハのシャコンヌは神の深い思考と、思考によって生じた崇高な理念です。

ヘーゲル哲学における絶対精神が絶対理念となった段階です。






ヴィターリのシャコンヌは人間精神の中で、神の理念が発現し、弁証法的に展開していく姿です。

これはヘーゲル哲学における絶対理念が客観的精神となり自己を実現する段階です。





川井郁子のバイオリンミューズは人間精神の中で発現した神の理念が、

最後の段階まで発展し、完全なるものとなった精神が神の世界に帰っていく姿です。

主客が合一した完全なる自由と歓喜の世界です。

意識の内側に神の世界と空間が広がっていくような体験です。


これはヘーゲル哲学の発展の最終段階に相当します。

蛹が蝶になって羽ばたくように人間が神に成長して羽ばたく姿です。

ヘーゲル哲学は川井郁子のバイオリンミューズで完結したと言えます。

ヘーゲルの言う絶対知とは、完全なる自由の中で

自分自身が神であり世界であることを認識することではないかと思います。




ちなみにヘーゲルの絶対精神は精神の進化に関わる神で、

物質の進化には直接関与しないのではと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« バッハ ヴィターリ  川井郁... | トップ | 意識の進化の多様性 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蛹から蝶へ (nakamura3104)
2015-05-30 18:00:13
>蛹が蝶になって羽ばたくように人間が神に成長して羽ばたく姿です

後半の部分確かにそんな感じがしました。


>ちなみにヘーゲルの絶対精神は精神の進化に関わる神で、物質の進化には直接関与しないのではと思います。

ヘーゲルは客観的観念論なので、私は物質の強固な客観性を軽視していたように感じています。
 もっと勉強しないとはっきりしたことは言えないのですが、今のところの感触としては、
ヘーゲルは意識宇宙の主体を絶対精神と言っていたのではないか、
物質をもっと重視して意識宇宙と物質宇宙を統合する宇宙の進化する意志は認識できていなかったのではないかと思っています。
一つの調和(自由自在)と、全体の調和(全知全能)=絶対の調和(神聖にて真正なる創造主) (MYU)
2015-05-30 18:05:23
こちらのブログには、初めて伺います。
こんにちは。

川井さんのストラディバリウスは、大変素晴らしいですよね。まさに『調和の音色』を体現されています。
私はこの『調和の音色』に、一つの調和・全体の調和=絶対の調和から成る、宇宙の普遍の真理を観ます。

ヴァイオリンが何故、美しい音色を奏でるのか?
それは空間と振動と摩擦と波動と周波数とetc.etc.……
すなわち空間に存在する、あらゆる揺らぎとフォース、その総ての全てが調和しているからです。
その意味で、ヴァイオリンが奏でる調和の音色とは、精神進化の顕現と言って過言ではないと想います。

またこの宇宙とは、心の状態=精神状態から成る現象世界とも言えます。つまり人々の精神状態が不協和音を奏でていれば、現象化される物質世界も歪みます。
一つの心こそ神聖にて真正なるクリエイターであり、一人一人の心と精神の統一統合が要である由縁です。

つまり一つの心=一つ一つの調和の音色が、オーケストラとして調和する『一つの調和=全体の調和=絶対の調和』が完成しますと、神聖にて真正なる自由自在・全知全能のクリエイター《創造主》が顕現します。
よって一人一人の精神統一による心の統合こそが、この物質世界を正しく変容変化させる鍵となります。
人類一人一人が、クリエイターでもある由縁です。

なお川井さんの「バイオリンミューズ」は「革命」のエネルギーが溢れ大変素晴らしいですが、私は「創造」のエネルギー溢れる「オーロラ」も大好きです。
また川井さんの他にも、宮本笑里さん、葉加瀬太郎さん、古澤巌さんなど、現代日本には素晴らしいヴァイオリ二ストが沢山いらっしゃいます。
特に古澤さんが明治神宮に奉納された「Avenir~祈りの社」の「純粋・無垢」なエネルギーは素晴らしい。
機会ありましたら、是非鑑賞されてみて下さいね(*^-^*)
4413
陰陽一体≦表裏一体≦三位一体の、中心真中=中庸中道 (MYU)
2015-05-30 18:21:40
ちなみに、精神=神聖(神性)とは表裏一体であり、精神=神聖*神性=真正とは、三位一体です。

これまでこの宇宙と世界では、表裏一体と三位一体の真意が、陰陽一体のみで誤解されてきました(笑)
Unknown (Unknown)
2015-05-31 11:15:11
nakamuraさん

この曲は、弁証法的な高度な精神の運動を要求するの

で、音楽体験を積まないと難しいかもしれません。

弁証法的に上へ上へと昇っていく感じです。


あとヘーゲルはキリスト教の影響を受けていたと思います。
Unknown (Unknown)
2015-05-31 11:34:19
MYUさん
>この宇宙とは、心の状態=精神状態から成る現象世界とも言えます。つまり人々の精神状態が不協和音を奏でていれば、現象化される物質世界も歪みます。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示 でも
同じようなことを言ってますね。
世界に心の調和をもたらすために日本の音楽家が活躍中です。ベビーメタルやカラフィナが人気です。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事