思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

精神空間と音

2019-02-27 12:52:13 | 思想、哲学、宇宙論
音楽の世界では、空間系エフェクターが音の奥行きを出すために重要ですが、

なぜ音に奥行きが必要なのでしょうか。



物質空間は縦横高さの3つの次元で成り立っていますが、

精神空間は 3次元+奥行き の4つの次元で成り立っていると考えられます。

音楽の空間は精神空間なので、

エフェクターを使って奥行きを出す必要があるのです。

生楽器ならエフェクターなしでも奥行きは出ますが

シンセは空間系エフェクターを使わないと、つまらない音になってしまいます。



奥行き次元は、命や精神が息づいている所と言えるでしょう。

宇宙は、奥行き次元で深い呼吸をしているのではないでしょうか。

生命活動の本質現象も奥行き次元にあると思います。

奥行き次元を想定することで科学と宗教の統合が可能になると思います。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 意識の「奥行」 | トップ | 意識空間は運動する空間である。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思想、哲学、宇宙論」カテゴリの最新記事