思想家ハラミッタの面白ブログ

主客合一の音楽体験をもとに世界を語ってます。

天上界メッセージ集より

2016-01-21 15:41:31 | Weblog
http://www.lr-p.com/pdf/e_7.pdf


慈悲についてお話ししましょう。

善人は憐み深く人助けばかりしますが、彼らが善人と呼ばれて賢人とならないのは何故でしょう。
慈悲は悲しみを共に感じることから起こっています。
この自然の中で人類だけが慈悲を持っているのは、苦しみながらも生きて行かねばなららいことへの救いともなっています。
しかし慈悲はそれだけでは人を救うには至りません。
憐みという悲しみにとらわれているだけでは一時しのぎの人助けしかできないのです。
何をする場合でも一時しのぎでは、後から必ず破たんが来るように
人助けもユートピア作りもそうです。
何がそれにとって建設的なのか、を考えて慈悲をかけねばならないのです。
厳しさとは言っても、きつくするのや、むざむざ失敗しようとするのを放っておく、というのとは違います。
直すべきところ、改善せねばならぬものを甘やかさず辛抱強く見守ることです。
善人であるだけではユートピア作りは難しいのです。
賢くなければ悪辣な人間に頭からねじ伏せられてしまいます。
個々の家庭でもそうであるように、よりよく生き、家族を守り外からの侵入を許さないというには賢さが必要なのです。
厳しさのない慈悲は人をだめにします。
賢さのない善は実らないのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 神職の歌手 suzue 花の祈り | トップ | 言霊と統一力 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名)
2018-09-07 02:55:49
キャラバンは一時しのぎの人助けでしたねえ
Unknown (Unknown)
2018-09-09 14:06:20
テレビで見てた時は、ちょっと不気味でしたが

電磁波をよけるにはあの方法しかなかったのでしょうか。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事