南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

ウバタマコメツキ

2020-06-03 11:12:33 | その他の甲虫

太い松の伐採木がいくつか並べてあった。
その下側の隙間に、大きな見たことがない虫がじっとしていた。
何だこれは?





3cmくらいありそうだ。
顔を何とか撮影してみると大きな眼に下側からまつ毛??





手帳に乗せてみると、5mmの線間隔なので、27mmほどの大きさ。





帰宅後調べると、ウバタマコメツキだった。

コメツキムシの仲間なら、ひっくり返してバチっとどのくらいジャンプするか試せばよかった。


コメント

シラハタリンゴカミキリ

2020-06-01 12:15:17 | カミキリムシ

この時期、道端の低木にスイカズラが絡みついて、たくさん花が咲いている。
咲き始めは白い花だが、次第に黄色くなってくる。




この花を見ると近づいて、葉を一枚づつチェックしてしまうのが習性になってしまった。
そしてこんな葉があると嬉しくなる。




この傷が見たいのではなくて、これがあると小さなきれいなカミキリがいる証拠である。
つまり食痕、食べ跡であるということは、新しければこの近くにシラハタリンゴカミキリがいそう。

少し高いところにいました。




少し離れた位置の葉の裏にもいました。



大きさは、15mmほどだろうか。



スイカズラは多いのだが、なかなか食痕がなく、あってもこのカミキリがいないというパターンが多かったが、昨日はWさんと一緒だったので、見ることができた。

何だか、最近このパターンが多いなあ。

追記)
新開孝さんの「虫のしわざ 観察ガイド」によると、ニセリンゴカミキリというこのシラハタリンゴカミキリとそっくりなのがやはりスイカズラにいるそうだ。
ただし、これは愛知県以西にいるので、東京にいるのはシラハタリンゴカミキリでいいようだ。

コメント

クロフヒゲナガゾウムシ

2020-05-31 18:45:04 | ゾウムシの仲間

今は廃道のようになってしまった道の端に、倒木や折れた枝が無造作に集められているところがあった。

暗いところだが、何気なくしゃがみ込んでジロジロと見ると、カクカクとゾウムシのように歩く小さな虫が見えた。




白い木くずのある穴から出たばかりなのかなあ?
それにしては、穴が小さいか?

どうやら、久しぶりのクロフヒゲナガゾウムシのようだ。
大きさは6mm程だろうか。




ゆっくりだが隙間に入りそうになったので、慌てて指でつまみだした。
手のひらの上で死んだふり。




背中の模様も、とぼけたような眼もなかなかいい。

倒木に載せたがじっと動かない。
そのうち動いたら撮ろうと、別のものを探していると、動き出したようだ。
ところが、あっという間に隙間に潜って、それまで。

もう少しじっくり撮りたかった。

でもここでは、いろいろと見られた。
やはり、公園内だと枯れた枝は危ないので切るし、大風で折れた枝は処理するが、こんなところはほぼそのままなので、虫は住みやすそうだ。



コメント

オオミスジマルゾウムシ

2020-05-30 16:03:53 | ゾウムシの仲間

ゴールデンウィークの頃、例年なら一番良い季節だが、何しろ今年は新型コロナで自主規制中。
隣の誰も会わない緑地で虫を探していたら、Wさんに会ってしまった。
こんなゾウムシがいたけれどと、枯葉にくるまっている小さなものを見せてもらう。
これは見たことがない。




違う角度から撮るとなるほどゾウムシだ。



容器に入れて撮影したのがこちら。



4mm程だが、割とおとなしい。

調べるとオオミスジマルゾウムシのようだ。
ミスジマルゾウムシというのは、2.5mmほどで、前胸背にタテスジがあるというが、これは模様なしだ。

その後、緑地の伐採木にそっと置いたら、のそりのそりと歩いていた。



まだまだ、地元でも見たことがないのがいくらでもいるようだ。



コメント

ラミーカミキリ

2020-05-28 18:00:23 | カミキリムシ

数日前のこと、カラムシがだいぶ伸びてきていた。

ここには、ガの幼虫、ハチの仲間、ハエの仲間、アカタテハの蛹などいろいろ見られた。

数は少ないが、ラミーカミキリもいた。




正面から。




左の触角が短いみたいである。
顔が黒くないので、オス。
メスは体も大きく顔が黒い。

他も見て回り、もう一度戻るとむこう向きのラミーカミキリがいたのだが、同じ個体かなあ?





何だか、いかにも外来種という色合いに見える。

繊維をとるためカラムシを栽培種にしたラミーから名付けられたようだ。


調べると、ラミーカミキリは、「南大沢季節便り」では載せていたのだが、この「南大沢昆虫便り」では載せたことがなかった。







コメント