My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



1968年ニューヨーク、「ハーレムのロビンフッド」と異名をとるバンピーは、地域住民に愛されるマフィア。そのパンピーがアメリカの行く末を嘆きつつ心臓発作で急死する。その最期を看取ったのは、彼の運転手をしていたフランク・ルーカス。フランクはバンピーの葬儀にやって来た取り巻きや列席者を遠くから見つめつつ、ハーレムではボスだったバンピーも、実はもっと大きなものに牛耳られていたことを感じ、ボスとは違う道を歩むことを決心するのでした。


かたやニュージャージの刑事=リッチー・ロバーツは窮地に立たされていた。
張り込み中の容疑者の車から、100万ドル近くのお金を発見し、それを警察に届けたことから、汚職やお金の着服にまみれた同僚から「ボーイスカウト」呼ばわりされ、相棒のジェイ・リヴェラからも白い目で見られる始末。そして私生活では、離婚した妻との養育権争い。さらに追い討ちをかけるように、相棒のジェイが薬に手を出し、悲惨な中毒死を遂げる。

そんな中で、彼の唯一のモチベーションは、夜学通いで勉強し、司法試験を受けて合格すること。そして警察を辞めて新しい世界を手に入れることだった。


詳細はコチラまで。

少々ネタバレありです



かなり骨太=157分の見ごたえアリの作品です。


ビジネスに必要なのは「誠実さ」と家族だ!
成功をして敵を作るか?失敗して友を作るか?


どちらも「骨太」の生き方だと思う。
でも、女性としては悩ましいですよね?


自分の正直さを貫きたいがゆえに、何かが破綻をきたし、家族はそっちのけで、女性に走りまくるひと。

かたや家族を大事にし、妻も愛し、キメの細かい仕事をするのですが、冷酷な一面を持ち合わせ、それは殺人も厭わないというひと。

どっちもやだなぁ…。真ん中はないのかしら?といいたくなっちゃいますね(笑)

フランクの母親の切ない台詞が耳に残る。
「あなたのやっていることは気づいている。でも“ウソ”をつかれたくないから、聞かないだけ。」
私もコレは、とても理解できますね…。


さてストーリーのなかで、2人が出会う(対面)のは「逮捕」のときなのですが、コレだけはちょっと???でしたけれど、その後も含め、非常にいい作品だと思いました。

原作本を読んでみたいなぁ?と思いました。
もちろん、サウンドトラックもかなり好みです。70年代を意識したものが多い中、私的には
ジャッキー・ブラウン繋がりのACROSS 110th STREETはボビー・ウーマックバージョン。


どうしてもこの曲は、クスリ、マフィアをイメージしてしまうんですよね?

予告編だけで、どうしても観たいと思わせるパワーがありましたが、みなさまいかがでしょうか?








コメント ( 5 ) | Trackback ( 74 )


« ハリー王子の... の~んびりの... »
 
コメント
 
 
 
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-03-05 20:07:48
骨太な男達でした~
どっちも出来ない平凡な自分には
両方かっこよかったです。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-03-09 08:32:19
くまんちゅうさま

コメントありがとうございます。

>どっちも出来ない平凡な自分には両方かっこよかったです。

なかなかこんな2人いませんよね?いたら、もっと違った国になっているかも?どちらがいいかは?別ですが…。
こんな人がいるアメリカってやはり凄い!て思ってしまいますね。

大統領選もしかり…日本がおいてきぼりですね…。ついにニュースワイドショーにも相手にされなくなっていることに、危機感を持ってほしいですね。

 
 
 
おじゃまします (ピロEK)
2008-12-07 17:17:50
こちらにもおじゃまします。
リドリー・スコットの職人技作品なコレ。リドリー作品ということで期待…で、期待通りの作品でした。
流石はリドリー…これの前の監督作品「プロヴァンスの…」は、まぁアレでしたけどね
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-12-07 22:04:46
ピロEKさま

こちらにもご訪問&コメントありがとうございました。

>リドリー・スコットの職人技作品なコレ。リドリー作品ということで期待…で、期待通りの作品でした。

おっしゃるとおりでしたね。
ちょっと、「骨太」で私は好みですね…。
そろそろまた観たくなっています?!


 
 
 
フランクは バンピーの元で 犯罪キャリアを積んだからのし上れた (zebra)
2013-02-11 22:11:33
DVDでみました。

>どちらも「骨太」の生き方だと思う。
でも、女性としては悩ましいですよね?
自分の正直さを貫きたいがゆえに、何かが破綻をきたし、家族はそっちのけで、女性に走りまくるひと。
かたや家族を大事にし、妻も愛し、キメの細かい仕事をするのですが、冷酷な一面を持ち合わせ、それは殺人も厭わないというひと。
 フランクとリッチーはコインの表裏だったのではないでしょうか?立場は違えど似た者同士。



>パンピーがアメリカの行く末を嘆きつつ心臓発作で急死する。その最期を看取ったのは、彼の運転手をしていたフランク・ルーカス。フランクはバンピーの葬儀にやって来た取り巻きや列席者を遠くから見つめつつ、ハーレムではボスだったバンピーも、実はもっと大きなものに牛耳られていたことを感じ、ボスとは違う道を歩むことを決心するのでした。
 大きなものとは マフィアの一家や汚職警官だった。だから力をつけてマフィアや汚職警官たちに 足元みられないよう強くなるしかなかった。

 ちなみに冒頭で フランクのボス"バンピー"ジョンソン。1930年代のニューヨーク ハーレム街でのし上がった 男です。

 一世代前のボス "バンピー"の暗躍を描いた作品が 日本未公開で「奴らに深き眠りを」がDVDであります。

 バンピーはマトリックスのモーフィアス役で有名なローレンス・フィッシュバーンが演じてます

 それとあわせて見ると 楽しさ倍増です

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
アメリカン・ギャングスター (映画のメモ帳+α)
アメリカン・ギャングスター(2007 アメリカ) 原題   AMERICAN GANGSTER   監督   リドリー・スコット    脚色   スティーヴン・ザイリアン       撮影   ハリス・サヴィデス                   音楽   マルク・ストラ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観...
 
 
 
やっぱり、こうでなくちゃ!『アメリカン・ギャングスター』 (水曜日のシネマ日記)
実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスと、それを追う正義感溢れる刑事の物語です。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (小部屋日記)
American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年...
 
 
 
映画「アメリカン・ギャングスター」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 「アメリカン・ギャングスター」@東宝東和試写室 映画の話 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横...
 
 
 
映画 【アメリカン・ギャングスター】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
 
 
 
映画を観た~アメリカン・ギャングスター~ (垂直落下式どうでもいい話)
『アメリカン・ギャングスター』を観ました。 けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! ストーリー&解説:1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
金曜日が公開初日というのは私にとってはけっこう嬉しいんですよね。毎月1日のファーストデイと重なったもののシネコンはガラガラで過ごしやすくて快適でした。本編157分という大作なんだけど、終わってみれば短く感じられた、という作品だったらいいんだけどなァ。 出...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (toe@cinematiclife)
★1月はほとんど(1本だけしか)映画を見れませんでした[E:crying] ★まぁ、月に1本って、普通の人からしたら十分かもしれませんが、私にはかなり不満でした。そんな訳で、週に一回は映画館に行きたいっつーことで、「時間があれば映画を見ろ!」を心がけ、月曜日のレイト...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ダイターンクラッシュ!!)
2月17日(日) 16:40~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ2 料金:1250円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフ:600円 『アメリカン・ギャングスター』公式サイト 日劇で見るつもりが、上映開始時間を勘違いし、次の上映まで2時間も開いてしまう。ので、急遽六本...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (B級パラダイス)
平日公開作品を観に行くのは久々かも。映画の日ということもあって客席にはたくさんの人がおりました。
 
 
 
映画「アメリカン・ギャングスター」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ギャングスター」を鑑賞しました。
 
 
 
★アメリカンギャングスター(2007)★ (CinemaCollection)
AMERICANGANGSTER暗黒外のカリスマと、正義を貫く刑事。その道を進むなら、俺を倒してから行け。メディア映画上映時間157分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/02/01ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-15【解説】2大オスカー俳優デンゼル・ワ....
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (かいコ。の気ままに生活)
1970年代伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生。「アメリカン・ギャングスター」公式サイトしがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男をデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事に ラッセル・クロウ。警官を憎む麻薬王デンゼルは ほんとスマートな実業家ぽくて家族も...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿プラザ劇場にて鑑賞アメリカン・ギャングスター/AMERICAN GANGSTER 2007年/アメリカ/157分 監督: リドリー・スコット 出演: デンゼル・...
 
 
 
映画レビュー「アメリカン・ギャングスター」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆実在の麻薬王と熱血刑事を描いた実録犯罪劇。ワシントンとクロウの骨太の演技は見応えたっぷりだ。 【75点】  70年代のNYハーレム。フランクはベトナム戦争を利用して麻薬ビジネスを拡大、暗黒街の陰のボスとして君臨する。目立たず行動し、決して...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター、試写会  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
1/17、よみうりホールでの開催。 結構混んでました。 予告は、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」「つぐない」 ***   デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウの対決。 そのほか、キエテル・イジョホー、キューバ・グッディングJr、 カーラ・グギーノ(ナイト・...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (2007) AMERICAN GANGSTER 157分 (極私的映画論+α)
 二人とも「クソ真面目」でした(笑)
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマ...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (てんびんthe LIFE)
「アメリカン・ギャングスター」ユナイテッドシネマ豊洲 SC8で鑑賞 試写会の段階から二人のスーパー・スターのガチンコが気になっていながらも、これまた2時間半越えのためになかなか時間がとれずやっとみることができました。 六本木の最終が8時だと思うんです...
 
 
 
*アメリカン・ギャングスター* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
 
 
 
アメリカンギャングスター/AMERICAN GANGSTER (我想一個人映画美的女人blog)
最近、一人で十分に主役をはれる二大スターの共演が多い気がするけど、 カリスマギャングのボス{/v/}刑事って聞いて何となく逆かな?とも思ってた。 ま、ラッセル・クロウはカリスマなギャングには見えないんだけど。 デンゼル・ワシントンも初の悪役? 元々優しそう...
 
 
 
【アメリカン・ギャングスター】 (+++ Candy Cinema +++)
【AMERICAN GANGSTER】 ※映倫 R-15   公式サイト 監督/リドリー・スコット   脚本/スティーヴン・ザイリアン    製作年度/2007年  ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (めでぃあみっくす)
やっぱりリドリー・スコット監督は凄い!こんな重厚なドラマを撮れるのはこの監督しかいないのではないかと思わせるくらいに、肉厚で全くのだれるところのない映画でした。アカデミーでは助演女優賞と美術賞の2部門のノミネートしかありませんが、ゴールデングローブ賞で...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (映画鑑賞★日記・・・)
【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 腐りきったニューヨーク警察に、喝...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (things4u)
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 今日の1本は「AMERICAN GANGSTER」(邦題:アメリカン・ギャングスター)から。 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
白黒を足して二で割れば、そこにあるのは灰色のアメリカ。 「アメリカン・ギャングスター」は、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウ主...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月1日 公開 「これはアルパカなんだぞ!そんな拭き方が アルかパカ!!!」 はい、『アメギャン』やっと観てまいりました。 基本的に私は、公開2週目以降に突入した作品は少し鑑賞願望が下がっちゃうんですけど、これは押さ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (心のままに映画の風景)
1970年代、ニューヨーク。 ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (夫婦でシネマ)
期待を裏切らない大興奮のアクション・ドラマ!麻薬王のデンゼル・ワシントンとそれを追いつめる刑事のラッセル・クロウ、二人の男の物語に魅了されました。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (まぁず、なにやってんだか)
長い上映時間ですが、人物説明をきっちりやってくれるので、置いていかれることなく、最後まで楽しく観られました。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が青年実業家のようなピシッとした身なりで、独自のアイデアでのし上がっていくところは、とてもカッコイ...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 僕の好きなリドリー (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
この映画、評判も上々やのに、なんか、もひとつやった。 リドリー・スコット監督好きやねんけど、「好きやった」と過去形になるということが自分の中で確定しました。 『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。 あの頃の、リドリー・ス...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」:豊洲二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ららぽーと豊洲にもスターバックスが入っているのね。何飲みたい? {/kaeru_en4/}アメリカン。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}よく言うだろ、アメリカン・ギャングスターバックスって。 {/hiyo_en2/}言わない。 {/kaeru_en4/}「アメリカン・ギャング...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (とんとん亭)
「アメリカン・ギャングスター」 2008年 米 ★★★★★ 先週、大雪のため見逃したけど風邪のせいで思わぬ5連休となってしまった私は 踏ん張って昨日、観てまいりました。 いや~~~めっちゃ面白い!!! 濃いめの人間ドラマとか、犯罪物が好きな人に...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」腐敗した国を救うのは (ももたろうサブライ)
監督 リドリー・スコット少しあらすじ 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボス亡き後、ベトナムに駐留する米軍を使って東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター』 (ラムの大通り)
(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター/ほんとうに悪いのは誰だ。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
麻薬の売人、麻薬中毒、麻薬の製造人、汚職警官。でもそんな世界を作ったのは誰なのか。俺のやってることは本当に悪いことか?───娯楽作のフリをしていろんな疑問を投げかける傑作登場。
 
 
 
映画 『アメリカン・ギャングスター』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (えいがの感想文)
2007年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン    ラッセル・クロウ    ルビー・ディー 麻薬ビジネス界に君臨する男フランクと、正義漢の麻薬捜査刑事リッチー。 どちらも二面性があります。 フランクは、紳士的な姿で...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (BLACK&WHITE)
【AMERICAN GANGSTER】2007年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (映画通の部屋)
「アメリカン・ギャングスター」AMERICAN GANGSTER/製作:2007
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (迷宮映画館)
デンゼル・ワシントンvsラッセル・クロウのガチンコのシーンは、とっても少ないです。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  
 
 
 
アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品 (銅版画制作の日々)
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン   2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。   暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・...
 
 
 
己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター (Prism Viewpoints)
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター AMERICAN GANGSTER (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
頑固で真面目な男が、孤独に耐えながらこつこつと悪を追い詰めていく・・・ よくあるパターンでありながら、実話ベースのリアルさと脚本の巧妙さ、そして演技達者な役者さんたちのおかげで、飽きさせないエンタティメントに仕上がっておりました♪ ☆☆☆☆- でござい...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★男二人の熱演が、心地よい暑苦しさ(?)を感じさせてくれます★俳優さんが大根なのにストーリーの面白さや監督の力量で楽しめる映画もあれば、ストーリーは特にどうって事がないのに俳優陣の演技に釘付けになってしまう映画もある…全てを満たしていれば一番いいんですけ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (I am invincible !)
1968年。 アメリカはがまだベトナム戦争を続けていた頃、ニューヨークのハーレムを仕切っていた黒人ギャングのバンピー(クラレンス・ウィリアムズ?)が死んだ。
 
 
 
AMERICAN GANGSTER (naguCo.com)
濃厚な2時間半。 飽きさせないね~リドリー・スコット。 若干女子には骨太すぎます。 これもある意味 アメリカン・ドリームの象徴って感じでしょうか。 成功には付き物の、キレイなワイフ ワルはいつでもファミリーと一緒に ジャガイモみたいなんだけど...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン主演。時代はブラックパワー旋風が吹き荒れていたアメリカ。裏社会でもこのパワーが吹き荒れていたことが分かる。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 AMERICAN GANGSTER 上映時間 157分 製作国 アメリカ 製作年度 2007年 初公開年月 2008/02/01 監督 リドリー・スコット 製作総指揮 スティーヴン・ザイリアン、マイケル・コスティガン、ブランコ・ラスティグ 脚本 スティーヴン・ザイリアン 音楽 マルク・...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「American Gangster」2007 USA 実話を元に、ブラック(アフリカ系)のギャングスターとユダヤ系の刑事が対決する犯罪サスペンス・ドラマ。 主演の二人は「インサイドマン/2006」「デジャヴ/2006」 のデンゼル・ワシントン&「プロヴァンスの贈りもの/2006」のラッ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (future world)
リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ出演のアメリカギャングもの~~これだけで観る理由は十分、 ただ、157分という上映時間・・・中だるみ、睡魔で最後まで持ち堪えるか・・・ 時代はベトナム戦争のころ、ニューヨークでの黒人ギャ...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味 (はらやんの映画徒然草)
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
 
 
 
ヒートな男たち (CINECHANの映画感想)
49「アメリカン・ギャングスター」(アメリカ)  1968年、フランク・ルーカスは長年仕えてきたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、誰かに使われる人生から脱け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・スタイルを築き上げる。やがて大物マフィアも出し抜く成功を手...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (5125年映画の旅)
1960年代。ニューヨーク・ハーレムの実力者パンピーの死後、彼の後釜ルーカスは独自の麻薬密輸入ルートを確立し、家族を率いて裏社会の実力者にのし上がる。一方、腐敗した警察機構の中で実直な正義を貫く捜査官ロバーツは、新設された麻薬捜査班を率いて麻薬密売...
 
 
 
アメリカンギャングスター (シネマ日記)
こういうのはワタクシ好きですね~。ハーレムの大物の運転手からハーレムのキングへとのし上がったフランクルーカスデンゼルワシントン。彼はベトナム戦争を利用して、現地から純度100%のヘロインを買い付け、純度の高い“ブルーマジック”を安価で売りさばき、のしあが...
 
 
 
アメリカン・ギャグスター (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【日本公開日】2008年2月1日 【製作年/製作国】2007/アメリカ 【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー 【原題】“American Gangster” 1968年、ニューヨーク。フランク・ルーカ...
 
 
 
男と男のガチンコ勝負!【アメリカン・ギャングスター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
男と男のガチンコ勝負! 熱い映画を久しぶりに見ました。 オスカー俳優デンゼル・ワ
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (雑板屋)
リドリー・スコット監督作にしては、少々期待を裏切られた感が・・・。 今この時代に何故?あえてこのギャング映画を製作したのか・・・。やや疑問。 実在したハーレムの黒人ボス、‘バンピー’・ジョンソンの専属運転手だったフランク・ルーカスと、彼を追う麻薬特別...
 
 
 
AMERICAN GANGSTER (naguCo.com)
濃厚な2時間半。 飽きさせないね~リドリー・スコット。 若干女子には骨太すぎます。 これもある意味 アメリカン・ドリームの象徴って感じでしょうか。 成功には付き物の、キレイなワイフ ワルはいつでもファミリーと一緒に ジャガイモみたいなんだけど...
 
 
 
●アメリカン・ギャングスター(16) (映画とワンピースのこでまり日記)
ラッセル・クロウってこんなに恰幅よかったっけ??
 
 
 
アメリカン・ギャングスター American Gangster (映画!That' s Entertainment)
●「アメリカン・ギャングスター American Gangster」 2007 アメリカ Universal Pictures,Imagine Entertainment 157min. 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、ルビー・ディー他 この映画は、スタッフロールが出終わって会...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ネタバレ映画館)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
 
 
 
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
 
 
 
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
 
 
 
感想/アメリカン・ギャングスター(試写) (EDITOREAL)
成り上がりギャングスタvsはぐれ刑事潔癖派にシビれました。『アメリカン・ギャングスター』2月1日公開。大物ギャングに15年仕えてきた男。ボスの死を機に独立した彼は、独自の麻薬ルートを開拓。ベトナムからの直接買い付けで低価格ドラッグのマーケットを形成し、一躍ギ...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (シネマ・ワンダーランド)
「エイリアン」や「ブレードランナー」などの作品で知られる英国出身の米監督、リドリー・スコットが2007年、実話をもとに映画化したクライム・サスペンス「アメリカン・ギャングスター」(米、157分)。卓越したビジネス・センスを武器に麻薬王に這い上がった黒人...
 
 
 
【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Addict allcinema 映画レビュー)
けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!