My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



NYの大手法律事務所のフィクサー(揉み消し屋)として活躍するマイケル・クレイトンは、元々は検事補だったが、法廷弁護士を目指していたが、なぜか?在職15年にして共同経営者への昇進もなく、裏仕事に奔走する日々。

彼が焦りと未来への不安を感じる中、農薬企業の集団訴訟に関わっている同僚の弁護士アーサー・イーデンスが、突然、その農薬企業との会議中に、精神に異常をきたしたのか?全裸になり留置所に送られるという事態が発生。

マイケルはその後始末をするため、アーサーのもとへ向かうのですが…


詳細はコチラへ。


ちょいネタバレありです


今年のオスカーで最多ノミネートの7部門。受賞は企業側の弁護士を演じたティルダ・スウィントンが助演女優賞を受賞。彼女のそこまでやるの?という決断を下すときの緊迫した表情や、やはり冒頭の腋の下をぬらすまでの追い込まれているようなあのレストルームでのシーンなど、脚本並びに演出は、なるほど!の納得作品でした。今後のトニー・ギルロイに期待ですね。


そして私的に一番のいいなぁと思えるところは、エンドロールに繋がるイエローキャブで50ドル分、走らせるラスト・シーンがすごく印象的でした。あのマイケルの表情に、どうとるか?という問題を突きつけているか!のごとくでした…。


話は変りますが…アメリカって「訴訟王国」だけあって弁護士稼業をやっているヒトは、100万人以上いるらしいです。

それには州によりに司法試験も違い、受験資格や合格基準も異なるということもあるようですが、ティルダ・スウィントン演じる農薬会社=U・ノースの法務部長カレン・クラウダーは、厳密には弁護士ではないのですが、その業務は明らかに弁護士の業務の一部であるというひと=企業内弁護士は、アメリカでは弁護士資格はない人も多いようですが、原則として弁護士ということになるそうです。


最後に原題VS邦題対決ですが…作品を観るまではこれは邦題だなぁと思っていましたが、ラストを観たら気が変りました…。原題に軍配!いかがでしょうか?


決してジョージ・クルーニー好きだからではありませんよ






コメント ( 12 ) | Trackback ( 69 )


« WOWOWを観まし... 久々のお出かけ。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (sakurai)
2008-05-04 13:26:52
主人公の名前で十分良かったと思うのですが、名前が紛らわしい。
もうちっと、有名人を想起させない名前にしてほしかったです。
原題と邦題の比較で言うと、「ザ・エージェント」がこんな感じでしたかね。トム・クルーズのやつ。

さて、ジョージ・クルーニーの渋さが際立ってましたねえ。眉間のしわが深いですわ。
 
 
 
TBありがとうございます (ryoko)
2008-05-05 13:41:58
「マイケル・クレイトン」だとジュラシック・パーク原作者をイメージしてしまうかも?知れませんね。
いずれにしても紛らわしい。
司法試験って州によって異なるんですか。
ってことは、州によって弁護士のレベルって違うのかも?ですね。
 
 
 
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-05-05 16:58:09
アメリカの弁護士事務所って沢山あるんでしょうね、裏の仕事やってるところなんて秘密結社みたいで面白いです。
最近変な邦題が多い中でこれはかなりまともな部類じゃないかと思いますです。
 
 
 
ラストの意味は? (mezzotint)
2008-05-05 23:45:13
moriyuhさん
コメント・TBありがとうございました。
そうですね!ラストのマイケル、非常に
印象的でした。何故?あてもなくタクシーに
乗ったのか?も気になるところです。
結果的には、事務所も、U・ノース社も
負けなのだから、マイケルにとってももちろん
マイナス。リスクだらけの彼だから、マイナスは
何か彼にとってパワーアップ!っても気がするんですが・・・・。
今日はGWでも仕事でした
moriyuhさんは何を鑑賞されたのでしょうか?
また宜しくです
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-06 08:00:48
sakuraiさま

コメントありがとうございます。

仰るように紛らわしい名前ですね。
しかもまんざら関係なくないところが、それを助長しますね…。

>ジョージ・クルーニーの渋さが際立ってましたねえ。眉間のしわが深いですわ。

そうでしょ?
シリアナのときより、はるかに役者として育っている気がします。えらそうですが…(汗)

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-06 08:11:02
ryokoさま

コメントありがとうございます。

>「マイケル・クレイトン」だとジュラシック・パーク原作者をイメージしてしまうかも?知れませんね。

確かにそうなんですよね…。
それ狙っているとか?なぁんて勘ぐっちゃいましたよ~。

>州によって弁護士のレベルって違うのかも?ですね。

そういったこともあるかも?でも、なんとなく?ある程度そろえようと思っているようですよ。
でもやはり事件や企業の多い州は、競争が高まるから、優秀な人が多いかもと思います。



 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-06 08:13:40
くまんちゅうさま

コメントありがとうございます。

>最近変な邦題が多い中でこれはかなりまともな部類じゃないかと思いますです。

あはは。仰るとおりそういうふうに思われるわれる作品が多いですね。

私的にはまた作品を観る目が加わって、面白いですけれどね…。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-06 08:32:35
mezzotintさま

いいお天気ですね。
コメントありがとうございます。

>リスクだらけの彼だから、マイナスは
何か彼にとってパワーアップ!っても気がするんですが・・・・。

多分、何かが変ったという表情が読み取れた気がします。そしてフィクサーとして生きていく覚悟ができたのかな?とも思えました。

 
 
 
私も! (D)
2008-05-07 22:00:05
TBありがとうございました♪

私も原題が良かったと思います!!
久しぶりに劇場鑑賞した作品でしたが、見応えがあってよかったです!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-05-09 12:38:22
D さま

コメントありがとうございます。

>久しぶりに劇場鑑賞した作品でしたが、見応えがあってよかったです!

そうですね、確かに見ごたえありましたね。
この2・3年で久しぶりに劇場通いを復活させたのですが、やはりいいですよ~。

TVではあの迫力は難しいですものね。
これからもどうぞ、観て下さいね。

 
 
 
おじゃまします (ピロEK)
2009-01-31 00:36:53
おじゃまします。毎度反応が遅くてスイマセン。
社会派作品ってのは概ね難解なことがおおいですけど、この映画の場合は割と単純な話にもかかわらず“あえて”難しく作っているという印象で…
重厚で、メッセージ性も強く、でも分かりやすい。
…ってのが良質な作品だと個人的には思うのですが、何故にこういう風に作っちゃたのか…と少し残念です。
後半は盛り返すんですけどねぇ…。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-02-07 21:48:49
ピロEKさま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。


>社会派作品ってのは概ね難解なことがおおいですけど、この映画の場合は割と単純な話にもかかわらず“あえて”難しく作っているという印象で…
重厚で、メッセージ性も強く、でも分かりやすい。


仰るとおりですね。
シリアナは難しすぎるし、フィクサーはそれよりはマシ…でも私はまだこの作品はいいほうかな?って思います。

この数年の中では、「ナイロビの蜂」が好きですね。


 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
フィクサー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護...
 
 
 
フィクサー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  2007年アカデミー賞で、ティル...
 
 
 
劇場鑑賞「フィクサー」 (日々“是”精進!)
「フィクサー」を鑑賞してきましたこちらのシネコンでは3週間の限定公開。ジョージ・クルーニーが製作総指揮と主演を務め、”ジェイソン・ボーン”シリーズの脚本家トニー・ギルロイが初監督した犯罪サスペンス。アカデミー賞7部門にノミネートされたことも納得の骨太サ...
 
 
 
[Review] フィクサー (Diary of Cyber)
fixer -【名】(C) 1.取り付ける人[もの] 2.《口語》(買収などで事件をもみ消したり裏取引をする)フィクサー、仲介者; 調停者 3.定着剤; 色染め染料 法廷闘争は、被告と原告の戦い。さらには、検察側と弁護側の戦い。 どちらが多くの証拠を揃え、...
 
 
 
フィクサー (ネタバレ映画館)
こんなアニキが欲しい?
 
 
 
『フィクサー』 (Sweet*Days**)
監督:トニー・ギルロイ CAST:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン 他 アカデミー賞 最優秀助演女...
 
 
 
フィクサー(2007年) (勝手に映画評)
弁護士事務所の”もみ消し屋”マイケル・クライトン。永年所属する事務所がかかわる農薬会社の薬害集団訴訟。製薬会社側有利の条件で和解しようとしたとき、その全てを覆す暴露が行われようとしていた。もみ消し屋のマイケルにもみ消し依頼が来るが、それにより彼自身も大...
 
 
 
「フィクサー」 上半期ベストピクチャーかも… (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ツボでした。 はまりまくり。 好きです、この作品。 この演出には唸りました。 同じシーンを2度見せられるのですが、 2度目、様々な事情が分かった後にそのシーンが繰り返された時、 そのジョージ・クルーニーの表情には鳥肌立つくらい...
 
 
 
『フィクサー』 (めでぃあみっくす)
ティルダ・スウィントンがオスカーを受賞し、この映画を見た人の多くがトム・ウィルキンソンの素晴らしさを絶賛するなか、個人的にはジョージ・クルーニーの魅力と才能にまたしてもハマってしまいました。決して格好いい主人公ではないのに格好よく見えてしまう彼独特の魅...
 
 
 
映画レビュー「フィクサー」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆俳優の演技合戦がたっぷり楽しめる大人の映画。硬派なジョージ・クルーニーが魅力的だ。 【80点】  マイケルは大手法律事務所の弁護士。しかし彼の仕事は不祥事を陰で処理するフィクサー(もみ消し屋)だ。重宝はされるが昇進もなく、私生活でもトラ...
 
 
 
『フィクサー』&アカデミー賞感想 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Michael Clayton) ----これって、アカデミー賞にも たくさんノミネートされていたよね。 結果はティルダ・スウィントンの助演女...
 
 
 
フィクサー/MICHAEL CLAYTON (我想一個人映画美的女人blog)
この春から続々公開されていきます、アカデミー賞作品賞ノミネート作品{/kaminari/} この原題は、よくある主人公の名前をつけた『マイケル・クレイトン』 ほんとにタイトルが名前の映画って多いよな~。 邦題の"フィクサー"(fixer)とは、背後で影響力を行使する強力な...
 
 
 
フィクサー/Michael Clayton (描きたいアレコレ・やや甘口)
今年のアカデミー賞7部門、最多ノミネート!の『フィクサー』観てきました。『ボーン・アイデンティティー』のシリーズ3作を手がけた脚本家...
 
 
 
『フィクサー』 (Michael Clayton) (Mooovingな日々)
元検察官のマイケル・クレイトンはニューヨークにある大手の法律事務所で働く”フィクサー”。事務所の共同経営者マーティ・バッハに言われるままに汚い仕事―犯罪に結びつきそうな厄介な問題の解決の仕事をしていた。仕事に嫌気がさしているものの、離婚やベンチャー事業...
 
 
 
『フィクサー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Michael Clayton】 2007年/ムービーアイ/120分 【オフィシャルサイト】 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード、デニス・オヘア、ロバー...
 
 
 
フィクサー 73点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
希望のブルーが甦るでしょう 公式サイト ジェイソン・ボーン三部作の脚本家、トニー・ギルロイの初監督作品。もちろん脚本も同氏が手がけている。 テクニカルな映像演出にて繰り広げられる、ハイテンションなアクションとサスペンスが売りであったボーンシリーズと...
 
 
 
フィクサー/ジョージ・クルーニー (カノンな日々)
今1番イケてるチョイワル親父といえばジョージ・クルーニーでしょ?もしかしてチョイどころじゃない?(笑) 特にファンというわけでもないのに真っ先に彼の名前が思い出されるくらいですから、彼の主演作というだけで期待して観に行っちゃうんです(笑)。 出演はその他...
 
 
 
「フィクサー」 (みんなシネマいいのに!)
 公に出来ない案件を裏で穏便に処理するもみ消し屋=フィクサーの話で、主演がジョー
 
 
 
『フィクサー』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:MICHAELCLAYTON監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトはこちら。<Story>NYの大手弁護士事務...
 
 
 
フィクサー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞フィクサー/MICHAEL CLAYTON 2007年/アメリカ/120分 監督: トニー・ギルロイ 出演: ジョージ・クルーニー/トム・ウィルキ...
 
 
 
フィクサー (迷宮映画館)
えぇぇ、原作者が映画の冒頭?と勘違いされそうなので、こういう題名にしたのかなと、勝手に想像。
 
 
 
正義は死なず~『フィクサー』 (真紅のthinkingdays)
 MICHAEL CLAYTON  真っ暗なスクリーンに白く、小さく浮かび上がるタイトルロール。聞こえてくる のはトム・ウィルキンソンの声。"Michael. D...
 
 
 
「フィクサー」 (てんびんthe LIFE)
「フィクサー」試写会 よみうりホールで鑑賞 原題は「MICHAEL CLAYTON」 ジョージ演じる弁護士の名前。 他の作品と間違いやすいので邦題はこんな知らない単語になって出てきちゃうんですかね。 英語知らない日本人たくさんいるのに、知らない単語を遣うのはやめて...
 
 
 
フィクサー(映画館) (ひるめし。)
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。
 
 
 
フィクサー (悠雅的生活)
ニューヨーク。巨大な組織の裏を暴く「もみ消し屋」
 
 
 
フィクサー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ジェイソン・ボーン三部作」の脚本家として知られるトニー・ギルロイ、50歳での遅咲きの監督デビュー作である。 原題の「Michael Clayton」が「...
 
 
 
フィクサー (映画鑑賞★日記・・・)
【MICHAEL CLAYTON】公開:2008/04/12(04/12鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:トニー・ギルロイ製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーほか出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック...
 
 
 
フィクサー:もみ消し屋! (銅版画制作の日々)
  ソダーバーグ×クルーニー×ギルロイ   ジョージ・クルーニーといえば、スティーブン・ソダーバーグですね。今回も二人はタッグを組みました。監督はトニー・ギルロイ、「ボーン・アイデンティーシリーズ」の脚本家さんだそうです。  4月28日、東宝シネマ...
 
 
 
フィクサー(試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 フィクサー・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”ニューヨーク最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル。彼が足を踏み入れてしまった巨大製薬会社の3,000億円訴訟をめぐる隠蔽工作。そこに隠された恐るべ...
 
 
 
フィクサー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)    トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)    ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)    シドニー・ポラッ...
 
 
 
「フィクサー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Michael Clayton」2007 USA 原題となっている主人公マイケル・クレイトンに「シリアナ/2005」「オーシャンズ13/2007」のジョージ・クルーニー。 マイケルの同僚である弁護士アーサーに「イン・ザ・ベッドルーム/2001」「理想の女/2004」のトム・ウイルキンソン。 ...
 
 
 
フィクサー Michaerl Clayton (映画!That' s Entertainment)
●「フィクサー Michael Clayton」 2007 アメリカ Samuels Media,Castle Rock Entertainment,120min. 監督・脚本:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スゥィントン、シドニー・ポラック他        <2007年度ア...
 
 
 
●フィクサー/『王国と征服』 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属する、マイケル・クレイトンは表舞台ではなく裏舞台フィクサー(もみけし屋)として働く弁護士。仕事に対しても表舞台に出れず、私生活では離婚や大きな借金を背負い、ギャンブルにも手をだし、八方塞がりの...
 
 
 
「フィクサー」みた。 (たいむのひとりごと)
エンタメというよりは、実際にありそうなリアルさを感じる大人な社会派作品。サスペンス仕様でもあるから、見せ方も一工夫され、(時系列が少し混乱するが)ラストが効果的になっていた。すべての登場人物の中に蠢く
 
 
 
フィクサー (5125年映画の旅)
法律事務所に勤めるマイケル・クレイトンは、顧客に不利な証拠を隠滅するもみ消し屋。同じもみ消し屋で友人だったアーサーが、自身の担当していた薬害裁判で奇行を起こし、依頼人だった製薬会社を裏切って原告側に付いた。マイケルは上司から、アーサーの集めた証拠の...
 
 
 
「フィクサー」:三筋二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}刃物研磨所?いつ誰に襲われるかわからないし、俺たちも刃物を研いでおくか。 {/hiyo_en2/}なに、物騒なこと言ってるのよ。そんな目にあう心あたりがあるわけ? {/kaeru_en4/}「フィクサー」とか観てると、いつ襲われても不思議じゃない気がするじゃないか...
 
 
 
フィクサー  MICHAEL CLAYTON (映画の話でコーヒーブレイク)
今年のアカデミー賞に7部門でノミネート、 ちょっとミステリアスなお顔立ちのティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得した映画です。 $$!$$!$$!$$!$$!$$!$$!$$!      フィクサー  MICHAEL CLAYTON $$!$$!$$!$$!$$!$...
 
 
 
フィクサー (2007) / Michael Clayton (茶和茶和ブログ)
「フィクサー」という日本題と、ジョージ・クルーニーのこのキメキメ目線のポスターを見せられると、クールでちょっとダークなサスペンス・アクションかともとれますが、実は、そういう映画ではなかったような。 これって、宣伝的にどうなんだろう(笑)「ボーン・アイデ...
 
 
 
フィクサー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月12日 公開 そんな時には"汗ワキパット"ですよ! えぇ~っ なぁ~んか「これでおしまい?」って感じだった。 主人公のジョージ・クルーニーが"フィクサー(揉み消し屋)"ってことだったんで、もっ...
 
 
 
フィクサー (映画のメモ帳+α)
フィクサー(2007 アメリカ) 原題   MICHAEL CLAYTON    監督   トニー・ギルロイ    脚本   トニー・ギルロイ       撮影   ロバート・エルスウィット                   音楽   ジェームズ・ニュートン・ハワード ...
 
 
 
フィクサー (映画通の部屋)
「フィクサー」 MICHAEL CLAYTON/製作:2007年、アメリカ 12
 
 
 
フィクサー (夫婦でシネマ)
ジョージ・クルーニーの渋さ全開!巨大組織の中で正しい選択が出来るか?を問いかける、社会派サスペンスの秀作。
 
 
 
『フィクサー』 7P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7P上映前から見たいと思っていた映画のひとつ。初めてユナイテッドシネマという映画館にいってきましたー。【STORY】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不....
 
 
 
映画「フィクサー」 (moyu's junk box)
今度は他の映画に浮気せずにちゃんと観てきました。
 
 
 
「もみ消し屋」というよりは・・・。『フィクサー』 (水曜日のシネマ日記)
大手企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇を描いた作品です。
 
 
 
「フィクサー」:看板に偽りあり (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー 米国2007年 先日のアカデミー賞で7部門ノミネート。賞レースの第一集団にいた作品である。 他の人の感想を読
 
 
 
フィクサー (afternoon tea)
試写会で見ました。 弁護士事務所の裏で働くジョージ・クルーニーのお話です。 前半。 いきなり車が爆発。 わけが分からない事を主張する元同じ事務所の人。 たくさんの借金。 話が全く見えません。 んー。。。。。と思ったら、途中記憶が途切れ途切れ。 私、...
 
 
 
映画 『フィクサー』 (Death & Live)
『フィクサー』  2007年 原題 : MICHAEL CLAYTON 監督 : Tony Gilroy なんでしょう? ジョージ・クルーニーが地味なんですよね(笑) いつものナルシスト的な「俺ってカコ良いだろ」みたいな 態度がないんだよね。 組織の中で盲目になってる...
 
 
 
【映画】 フィクサー (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「フィクサー」 NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。そんな仕事に嫌気が差して...
 
 
 
フィクサー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 MICHAEL CLAYTON 上映時間 120分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/04/12 監督 トニー・ギルロイ 製作 シドニー・ポラック、スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニー 脚本 トニー・ギルロイ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワー...
 
 
 
『フィクサー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「フィクサー」□監督・脚本 トニー・ギルロイ □キャスト ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード■鑑賞日 4月19日(土)■劇場 TOHOシネ...
 
 
 
「フィクサー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「フィクサー」公式サイトティルダ・スウィントンアカデミー賞受賞作。フィクサー=もみ消し屋のジョージ・クルーニーが問題をあざやかにもみ消していくのを想像してましたが・・ちょっと様子が違ってました。地味め デス。巨大製薬会社の薬害訴...
 
 
 
フィクサー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  組織社会に燦然たるヒューマニズム  
 
 
 
フィクサー (腹黒い白猫は見た!!)
2008年 125本目映画「フィクサー」マイケル・クレイトン―罪を消したければ、彼に頼め。ストーリーNY最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル・クレイトン。彼が巻き込まれた最大の危機……。それは全米を騒然とされた3000憶円の訴訟問題。完全勝訴か和解の道を選ぶ....
 
 
 
フィクサー (TRUTH?ブログエリア)
原題:MICHAEL CLAYTON監督・脚本:トニー・ギルロイ映画 米 07☆
 
 
 
フィクサー (C'est Joli)
フィクサー’07:米 ◆原題:MICHAEL CLAYTON ◆監督・脚本: トニー・ギルロイ「ボーン・アイデンティティー」シリーズ(脚本) 「ディアボロス/悪魔の扉」(脚本) ◆出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マ...
 
 
 
「フィクサー」 第7位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 100 オープニング土日興収: 5900万円ジョージ・クルー
 
 
 
フィクサー [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★☆☆☆☆☆ http://www.fixer-movie.com/ (
 
 
 
義理を立てれば道理がひっこむ トニー・ギルロイ 『フィクサー』 (SGA屋物語紹介所)
あれは横田順彌氏が何かで書いていた文学用語辞典であったか。「フィクション」につい
 
 
 
【フィクサー】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック 「NYの大手法律事務所の弁護士マイケル・クレイトンは、長年公にできないトラブル処理を担当するフィクサー(もみ消し屋)として従事して
 
 
 
真・映画日記『フィクサー』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月15日(火)◆776日目◆ 天気がいいのでスムーズに仕事が終わる。 午後5時45分に会社を出て、目指すは池袋、「シネマロサ」。 『フィクサー』は6時半から。 …なんとか間に合いました。 係員に聞くと予告編は5分だけだとか。 それ...
 
 
 
フィクサー (おたむ’ず)
★★★★☆byおたむ   3年前の七夕企画だったか、短冊に『ジョージー・クルーニーの嫁になります』と書いたなぁ。願い事ではなく、決意表明...
 
 
 
■ フィクサー / MichaelClayton(2008) (MoonDreamWorks)
【フィクサー】2008年4月12日(土)公開監督 : トニー・ギルロイ出演 : ジョージ・クルーニー/テイルダ・スウィントン/トム・ウィルキンソン 他期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★原作 : 「 フィクサー / MichaelClayton(2008) 」■第65回ゴー....
 
 
 
フィクサー (マダムようの映画日記)
ーフィクサーーMICHAEL CLAYTON 2007年 アメリカ トニー・ギルロイ監督 ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)シドニー・ポラック(マーティ・バック)マイケル・オ...
 
 
 
フィクサー (eclipse的な独り言)
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史
 
 
 
『Michael Clayton』フィクサー (キマグレなヒトリゴト)
ラストのあの瞬間はやっぱり『ちょっとした』シーンになりそうだよね。 ぽちっとプリーズ。
 
 
 
行ける所まで、行ってくれ (CINECHANの映画感想)
134「フィクサー」(アメリカ)  ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属するマイケル・クレイトン。公にできない案件を裏で穏便に処理する?掃除屋?を長年務めている彼は、弁護士職に戻るタイミングを失い、私生活でも問題が山積していた。 ...
 
 
 
【映画】フィクサー…2008年度末鑑賞報告残り(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 先程お仕事から帰ってきたピロEKです。 …今日職場は人が居ないから寒かったですわ{/face_hekomu/} 年末年始に出勤すると会社から寸志{/ee_3/}が出ると聞いて楽しみにしている{/up/}私ですが…{/face_nika/} 一説にはその金額って500円ってな話も…{...
 
 
 
『フィクサー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじNYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。大規模集団訴訟を担当中の同僚弁護士アーサー・イーデンスが依頼人の農薬会社U・ノース社を裏切る行動に出る。マイケルは事態の収拾に乗り出すが・・・。感想真実から逃げちゃ...