My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはポーランド系アメリカ人。
フォード社の技師であったが退職し、妻も亡くなり、2人の息子達ともうまく付き合えずに、
芝刈りと犬の散歩、そしてビーフジャーキーと缶ビールという、なんとも寂しい
マンネリ化した生活を送っている。

彼の妻は亡くなる前に、ウォルトに懺悔することを望んでいたが、
頑固な彼は、その妻の遺言を委ねられた牧師の勧めも断る。

そんな時、近所のアジア系移民のギャングが、ウォルトの隣に住むおとなしい少年タオに、
ウォルトの所有する1972年製グラン・トリノを盗ませようとする。
タオに銃を向けるウォルトだが、この出会いがこの二人のこれからの人生を変えていく…。(goo映画より拝借+加筆)



詳細はコチラへ。



少々ネタバレありです



チェンジリングミリオンダラー・ベイビー、ミスティック・リバーといい、シリアスなテーマ続きですね。


私は最近の作品の中では、ミスティック・リバーか?このグラン・トリノが比較的好みかもしれません。


あの衝撃の(予告編ではそういってましたね)ラストは…途中から読めました。
あの手(シューティング)のしぐさが、何度となく出てきたものですからね…。


でもよくよく考えると、このタイトル…。
この作品にはもっと、ふさわしいタイトルがあるようにも思えるのですが…


不振にあえぐ3大メーカーへの「エール」としてなのかな?と思ってしまいますが?
いかがでしょうか?




コメント ( 10 ) | Trackback ( 66 )


« THIS DAY OF C... 御茶ノ水にて。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (KGR)
2009-05-25 21:58:47
>もっと、ふさわしいタイトル

言われて見ると、そうかもしれません。

何故フォード車なのか、
何故「グラン・トリノ」でなければならなかったのか。

グラン・トリノは「スタスキー&ハッチ」で有名ですが、
それほど人気車種だったわけでもないようですし、
何を象徴していたのでしょうか。
 
 
 
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-05-26 12:50:45
このタイトルは古きアメリカの象徴、つまりはクリント・イーストウッドそのものでは?と私は思いました。
 
 
 
こんばんは。 (ジョー)
2009-05-26 21:52:31
このタイトル、
いちばん輝いていた頃のアメリカへの鎮魂の意味を
こめているのかもしれませんね。
そして、その精神をアメリカのこれからを背負う若者に
ひきついでほしいという
ラストなのかもしれません。
しかも、白人でない若者に。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-27 14:01:09
KGRさま

こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>グラン・トリノは「スタスキー&ハッチ」で有名ですが、それほど人気車種だったわけでもないようですし、


あれ、そうだったんですね。
カッコ良かったですよねぇ、あの赤と白が…。
ブイブイ走る…というイメージでしたが、
人気者というよりは、少数精鋭って感じですかね?








 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-30 20:07:13
にゃむばななさま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>このタイトルは古きアメリカの象徴、つまりはクリント・イーストウッドそのものでは?


「象徴」たしかにそうですね。
クリントさんもう終わっちゃうのかな?と勘グッたりもしますね。



 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-30 20:09:59
ジョーさま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>その精神をアメリカのこれからを背負う若者に
ひきついでほしいというラストなのかもしれません。
しかも、白人でない若者に。


別の意味での「Chage!」といえるかもしれませんね。




 
 
 
TB,遅くなってゴメンネ! (mrsピッキー)
2009-06-06 05:13:25
TB,もらったのだけど、ブログをしばらくお休みしていたので、遅くなっちゃってゴメンネ!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-06-11 16:51:13
mrsビッキーさま

こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

復活されたようですね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 
 
 
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-15 17:48:15
TB有難うございました。
クリント・イーストウッドの俳優業引退説も
囁かれましたが、こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。
ラストの余韻は上映後も残りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-06-19 15:48:52
シムウナさま

再びこんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。

仰るとおりですね。
あのしゃがれた声が、ダーティーハリーだった彼を
彷彿とさせつつ、枯れた感じがまた魅力ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
グラン・トリノ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写...
 
 
 
『グラン・トリノ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Stor...
 
 
 
試写会「グラン・トリノ」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/9、新橋ヤクルトホールでの開催。 ラジオ日本の主催で400組400人のご招待。 スポンサーからのお土産をいただく。 これについて詳しくは別記事で。 ***   クリント・イーストウッド以外に、有名な俳優は出ていない、 というかあまり知らない役者さんばか...
 
 
 
「グラン・トリノ」 Gran Torino (俺の明日はどっちだ)
~ あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜別...
 
 
 
劇場鑑賞「グラン・トリノ」 (日々“是”精進!)
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の...
 
 
 
グラン・トリノ (映画君の毎日)
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン...
 
 
 
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品 (銅版画制作の日々)
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴ら...
 
 
 
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
 
 
 
映画「グラン・トリノ」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 元軍人のウォルトは近所に住むアジア系やラテン系の移民との交流を拒んでいた。だがある晩、愛車が盗まれそうになる事件が起き、実行犯の少年タオを諭すことに。その一件以来、彼はタオの家族と心を通わすようになる。 映画の感想 これは素晴らしい!長きに...
 
 
 
『グラン・トリノ』 (めでぃあみっくす)
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
 
 
 
名匠が鍛えた刀の銘はグラン・トリノ●グラン・トリノ (Prism Viewpoints)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。   (公式キャッチコピー) 『GRAN TORINO』 グラン・ト...
 
 
 
グラン・トリノ (Akira's VOICE)
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
 
 
 
★「グラン・トリノ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!
 
 
 
グラン・トリノ (to Heart)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。 少年は知らなかった、人生の始め方を―。 原題 GRAN TORINO 製作年度 2008年 上映時間 117分 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴァ...
 
 
 
[映画『グラン・トリノ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役...
 
 
 
グラン・トリノ/クリント・イーストウッド (カノンな日々)
もうすっかりハリウッド映画界の巨匠の座を揺るぎないものとした感のあるクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた最新作です。出演はこれが最後の作品なんて話も聞こえてきましたけど、その一方でいつもこれが最後と思って取り組んでいるというコメントも耳にしまし...
 
 
 
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォル...
 
 
 
映画 【グラン・トリノ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車...
 
 
 
グラン・トリノ (悠雅的生活)
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
 
 
 
グラン・トリノ (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日はクリント・イーストウッド監督主演の最新作「グラン・トリノ」を観てきました。いい映画でした。いつも言ってるかもしれませんが、こ...
 
 
 
グラン・トリノ (そーれりぽーと)
あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚い...
 
 
 
グラン・トリノ (2009 映画観てきましたっ!)
公開初日に 観てきましたっ!
 
 
 
「グラン・トリノ」生と死の身体感覚 (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ 妻に先立たれた元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、頑固で融通の利かない性格ゆえに息子たちにも疎まれ、一人で暮らしていた。ウォルトは隣家に越してきたのがアジア系の一家なのが気にいらず、小さな諍いが起...
 
 
 
『グラン・トリノ』 ('09初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。
 
 
 
グラン・トリノ (犬・ときどき映画)
衝撃・・・・ グラントリノを観ました。 観終わった直後は「なんか重いな」と思いました。 でも、じわじわと「こんな大きくて深い優しさがあるのか」と考え、次第に心に沁みてきます。自然に涙が出ます。 ストーリー 妻を亡くしたウォルト、孤独で頑固な老人、息子...
 
 
 
[Review] グラン・トリノ (Diary of Cyber)
人の身体には、傷や皺だけでなく、時と共にその時代が刻まれる。それは身体の記憶。たとえ心が忘れても、身体が憶えている時がある。時にそれは自らの救いの手となり、時にそれは悪夢のような残酷さを帯びる。 彼の身体に刻まれた時代の記憶は、永く閉ざされてしまった彼...
 
 
 
グラン・トリノって… (美容師は見た…)
  車のことだったんですね。  1972年製、フォード社の車種。  『グラン・トリノ』泣けました(/_;)  クリント・イーストウッドの貫禄~!  偏屈じいさんがピタッと嵌ってました。  78歳とは驚きです!偏屈じいさんのようで居て、実は不器用で正義感が強い心優...
 
 
 
「グラン・トリノ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
個人的に、新宿ピカデリーは初めてでした。 綺麗な外観、中に入ると、車が。鑑賞前だったので、この車が「グラン・トリノ」とは分からず、そのまま入場。これは鑑賞後に撮影した画像で。いあー クリント・イーストウッドの存在感、それに尽きる映画でした。老いてもなお...
 
 
 
「グラン・トリノ」:権田原バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あそこに見えるのが神宮外苑の軟式野球場。 {/kaeru_en4/}ああいうところで、少年たちは野球をしながら、男の生きざまを学んでいくんだ。 {/hiyo_en2/}ン、そういう言い方、なんか、かっこいいわね。クリント・イーストウッドみたい。 {/kaeru_en4/}ほ、ほん...
 
 
 
「グラン・トリノ」クリント・イーストウッド (Mani_Mani)
グラン・トリノGRAN TORINO 2008アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 原案:デヴィッド・ジョハンソン、ニック・シェンク 脚本:ニック・シェンク 出演:クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)ビー・ヴァン(タオ・ロー)アーニー・ハー(スー・...
 
 
 
グラン・トリノ [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■■■ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] 殺しの伝説を築いてきた自分に嫌悪を覚えていた男がついにその本性を受け入れた「許されざる者」から10数年。いつくたばってもおかしくないない年齢...
 
 
 
『グラン・トリノ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年...
 
 
 
胸が痛い・・・。『グラン・トリノ』 (水曜日のシネマ日記)
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
 
 
 
グラン・トリノ (B級パラダイス)
もの凄い土砂降りのあめのなか、行ってきました~。悪天候にもかかわらずかなりの盛況っぷり。心なしか年配の方が多かったような。
 
 
 
グラン・トリノ/Gran Torino (いい加減社長の映画日記)
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ」は、中くらいのスクリーンで、8~9割。 【ストーリー...
 
 
 
映画 「グラン・トリノ」 (ようこそMr.G)
映画 「グラン・トリノ」
 
 
 
グラン・トリノ (映画の話でコーヒーブレイク)
私、ずっとクリント・イーストウッドが苦手でした。 子供の頃、西部劇好きの父と「荒野の用心棒」などのマカロニウエスタンを見て、 アメリカもんの西部劇とは違うシリアス暴力系を楽しめなかったんです。 小学生にマカロニウエスタンはあかんやろ~。 その後、積極的にイ...
 
 
 
グラン・トリノ (だらだら無気力ブログ)
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住...
 
 
 
グラン・トリノ (Memoirs_of_dai)
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
 
 
 
試写会「グラン・トリノ」 (流れ流れて八丈島)
4月9日のリベンジ成功です。仕事をキッチリ定刻で終え、試写会場の九段会館に開映8分前に到着待望の「グラン・トリノ」を観てきましたクリント・イーストウッド、かっこ良すぎますやっぱり、人生の目標とするジジイは、イーストウッドで決まりです頑固で不器用だけど、...
 
 
 
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
 
 
 
グラントリノ / GRAN TORINO (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズレ...
 
 
 
グラン・トリノ ▲63 (レザボアCATs)
圧倒的な傑作。これは絶対今、見ておけ!
 
 
 
[グラン・トリノ] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
 
 
 
グラン・トリノ 古き良き時代の男の中の男 (労組書記長社労士のブログ)
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命令...
 
 
 
『グラン・トリノ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「映画を観て、笑って、考えさせられて、思いきり感動の涙を流す」という、オーソドックスながら最上の歓びに浸ることのできる1本。 『グラ...
 
 
 
グラン・トリノ (Art- Mill)
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top クリント・イーストウッドは、60年代にマカロニウエスタンのヒーローとして、ボクらの前に登場した。あの鮮やかなガンマンも、79歳である
 
 
 
グラン・トリノ (りらの感想日記♪)
【グラン・トリノ】 ★★★★ 試写会(9)ストーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワル
 
 
 
★グラン・トリノ(2008)★ (CinemaCollection)
GRANTORINO俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/04/25ジャンルドラマ【解説】「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イー....
 
 
 
「グラントリノ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
人は導かれ、導き、そしてまた導かれる。今年はじめに、本作が全米BOX OFFICEで好成績をあげているときから気になっていた。何故この一見地味な作品がこれだけの数字を稼ぐのか。その謎は簡単に分かった。主人公のウォルトを巡る物語は、笑いと感動と教訓に溢れ非常に味わ...
 
 
 
巨匠の遺言~『グラン・トリノ』 (真紅のthinkingdays)
 GRAN TORINO  妻を亡くしたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、偏屈で差別 主義的な悪態をつく「頑固ジジィ」。...
 
 
 
グラン・トリノ (まぁず、なにやってんだか)
今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。 半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています。...
 
 
 
「グラン・トリノ」 (てんびんthe LIFE)
「グラン・トリノ」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 この監督さん、まじめで自分の人生よく考えてるなあと思いました。 「チェンジリング」公開したばっかりなのに、同じように重ためな題材で作って持ってくるって只者ではない。 そして主演までしちゃって、それも出...
 
 
 
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
 
 
 
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
 
 
 
「グラン・トリノ」プチレビュー (気ままな映画生活)
クリント・イーストウッド監督の最高傑作!!と チラシなどに書かれていました。 自分の中では、”最高傑作”と思ってません。 確かにすばらしい作品であったことは認めますが、 まだ、これからも良質な作品を生み出してくれる そんな可能性があるから・・・ 何本も...
 
 
 
『グラン・トリノ』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギャ...
 
 
 
Gran Torino (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズと、やっと最近、Clint Eastwood(クリント・イーストウッド)監督、制作、主演の映画、 『Gran Torino』を観た。かなり前に、この映画の予告編を観て、私は、単に、アジア系の俳優達が、たくさん出ていて、ストーリーの中で重要な位置にい...
 
 
 
映画『グラン・トリノ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
この顔つき、「あ、ダーティーハリーだ」。孤独で偏屈な老人が町のチンピラに立ち向か
 
 
 
グラン・トリノ (シネマ大好き)
イーストウッドの最後の主演作品になるはずというのに、とっくに終わって見逃したと諦めていたら、なんとまだやっていて、やっと行ってきました。あ~、観れてよかった。 貧しい郊外に一人暮らすウォルト・コワルスキー。偏屈な老人で、彼の口を突くのは汚いののしりば...
 
 
 
グラン・トリノ (小部屋日記)
GRAN TORINO(2008/アメリカ)【DVD】 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーレイ/ジョン・キャロル・リンチ 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の...
 
 
 
映画「グラン・トリノ」 (おそらく見聞録)
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン アーニー・ハー  出演:クリストファー・カーリー ブライアン・ヘイリー ブライアン・ホウ  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、...
 
 
 
「グラン・トリノ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
 
 
 
mini review 09400「グラン・トリノ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウ...
 
 
 
「グラン・トリノ」(GRAN TORINO) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...
 
 
 
『グラン・トリノ』 (『映画な日々』 cinema-days)
グラン・トリノ 一人住まいの偏屈じいさんと隣家に引っ越して来た アジア系移民家族との交流を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自...