My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。(goo映画より拝借)


実は地球が静止する日と2本続けてみたのですが、1本目が意外と…だったので、
余計にこの作品の骨太さが気に入りました。

詳細はコチラへ。



少々ネタバレアリです


あるとは思っていたけれど、自作自演のマッチポンプ。
あれは上手くいけば官軍でしょうが、そうじゃなかったときは悲劇の山というより死体の山。

あんなふうに見せられると…世の中で起きている紛争がすべて、どこかの国の誰か
だけが得をするエゴの代償としか思えなくなってくるなぁ…。


リドリー・スコット作品に続けて出演のラッセル・クロウ。
前回とは180度違ったイヤな仕掛け人を好演してますよ~。なんで「チョイワル」じゃなくて「ちょい悪」役ってメタボ系が多いのかしらね。


ハニー役のマーク・ストロングは相当ステキでしたね。
まぁ裏側の人だから、なんともいえないけれど、彼を裏切ると本当に怖そう…。
だってフェリスもひっど~い目にあってたものね。

死ぬより怖い…ってこのことかも?
この作品はもう1度観てもいいかも?またパートナーに怒られそうです。











コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


« 新年会その2。 初・GYM。 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます。 (inuneko)
2009-01-18 23:10:41
誰の嘘が世界を救うのかというCM風に言うなら、ハニ、ですよね。彼を筆頭に中東側キャストはみな魅力的でしたね~!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-18 23:44:27
inunekoさま

こんばんは。
ご訪問&コメントまでありがとうございます。

>彼を筆頭に中東側キャストはみな魅力的でしたね~!

ちょっとねぇ、そそられますよね…。
端的に悪い人とはいえないし?まさに表裏一体といった人でしたね。


 
 
 
こんにちは (michi)
2009-01-21 09:03:13
TBありがとうございました。わたしからのTBが不調で申し訳ございません。
ディカプリオ、貫禄のある俳優になりましたよね!
クロウは役のためとはいえ、プヨンプヨンでちょっとパス!でしたが。。。汗
物語も面白かった(というジャンルではありませんが)ですし、中東の姿を少しだけですが知ることができてよかったです。
 
 
 
こんにちは~^^・ (由香)
2009-01-21 17:58:33
お邪魔します♪
『あんなふうに見せられると…世の中で起きている紛争がすべて、どこかの国の誰かだけが得をするエゴの代償としか思えなくなってくるなぁ…』
確かにそういう風に見えてきますよね。

なかなか見応えのある骨太の作品でしたが、もう少しエンタメ性の強い作品を期待して観に行ったので、ちょっと退屈に思えてしまいました。
実際に起こっているようでいて、恋愛エピソードなどは余計でしたし、、、
でも、3人の男たちの演技は良かったです♪
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-24 11:06:28
michiさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
TBの件は、気になさらないでくださいね。

>物語も面白かった(というジャンルではありませんが)ですし、中東の姿を少しだけですが知ることができてよかったです。

本が面白そうですね、知人が読んでいます。
私も買おうかと…ところで中東ものは、ちょっと小難しいのですが、シリアナもいいかも?

ぜひご覧になってください。

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-24 11:08:27
由香様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>実際に起こっているようでいて、恋愛エピソードなどは余計でしたし、、、
でも、3人の男たちの演技は良かったです♪

あの恋愛はとってつけた感じですよね?
それにあのプロフェッショナルなフェリスが本当にやる?って気がしますが…。

まぁ許します…。

 
 
 
はじめまして、こんにちは。 (かさね)
2009-01-24 11:26:00
TBありがとうございます。
gooブログに知合いがいるので、親しみを感じます。

おもしろい映画は映画館で見たいと思って
いるのだけど、すぐDVDになってしまい、
なかなか追いつきません。
ワールドオブライズは数少ない映画館で見た映画。
舞台が中東ということで、テーマの深刻さもさることながら、、
人物・風景・暮らしぶりなどにも惹きつけられました。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-01-31 19:06:01
かさねさま

こんにちは。
ご訪問&コメントまでありがとうございます。


>ワールドオブライズは数少ない映画館で見た映画。

私もそんなところがあります。
でも今月は結構がんばりましたよ~。

あと3本あげていないのがありますから、今はこちらが大変?ってかんじです。

またよろしければいらしてくださいね。



 
 
 
ほんとですね~・・・ (メル)
2009-05-12 18:28:06
moriyuhさん、こんばんは~♪^^

ほんと、どこかの誰かが得したいがために、
エゴを通すために、こういう空しいことが
起こってるんだろうなぁ~・・って感じてしまいました。
考えれば考えるほど、知れば知るほど、なにやら
空しくて・・・。

そういえば、ちょい悪系の人ってメタボな人が多いですね~(^_^;)
貫禄あるし、その方が見た目的に良いのかしら?(^^ゞ
ラッセル・クロウもあんなに体重を増やして
頑張ってたけど、私なら増やすのOK、でも
減らすのは無理!ということで、俳優さんにはなれません?!(笑)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-13 17:29:00
メルさま

こんにちは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>私なら増やすのOK、でも
減らすのは無理!ということで、俳優さんにはなれません?!(笑)

そうですね、有名な話でデ・ニーロの30キロ増減、シャーリーズ・セロンの歯を抜く?など
あの高額の出演フィーとはいえ、結構厳しいですよね?

私も当然…ムリムリ…でございます。
 
 
 
まいど (YOSHIYU機)
2009-06-11 23:18:23
ラッセル・クロウは、役者魂を感じさせる
メタボっぷりでしたね(笑)
その分、マーク・ストロングが格好良く見えましたね。

こんな事してるんなら、アメリカって最低ですよね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-06-14 09:09:05
YOSHIYU機さま

みたびありがとうございます。

>こんな事してるんなら、アメリカって最低ですよね。

多分、やっているんですよ。
天真爛漫、単純で前向き思考、なんでもオープンはなんていうのは、作られた世界ですよね。

自由の国アメリカ?

なぁんて妄想ですね…。
でもそれもマッチポンプだったりして?

とどこまで続くの???というより、どこまでやり続けるの?というお国ですね。



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。