My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



19世紀のフランス。
軍人のエルヴェは、休暇でふるさとの村に戻ってきた。そこでエレーヌに出会い、恋に落ち、結婚します。そんなときに製糸工場を作りたいといって現れたバルダビュー。バルダビューはエルヴェに、軍人をやめ、アフリカに「蚕」を取りに行く旅を促すのでした。

その後、しばらく街はシルク生産で潤いますが、蚕の疫病が発生して、新しい「蚕」を探さなければならなくなり、バルダビューは世界一美しい「絹」を作るべく、最果ての東の国への旅=日本行きを提案する。そしてエルヴェは愛するエレーヌを残し、長~い旅に出かける決心をするのでした。


詳細はコチラまで。

少々ネタバレありです


原十兵衛の妻の意味深な目線に、イチコロ?のエルヴェですが、これまた「男って…」と言う作品かも?あの手紙には私もチョイ騙されそうになりました…。



愛するあなた。
怖がらないで、何も言わないで。
そのままでいて、私はあなたそばにいる。
私を感じる?

最初にあなたに触れるとき、
温かさを感じるはず
どこかはわからない
あなたのまぶたかしら
この瞬間は誰にも消せない

終わりは訪れない
わかるでしょ
すべきことを遂げたわ
信じて愛する人
永遠に遂げたのよ

あなたの幸せのためなら、
ためらわずに私を忘れて。
私も未練を残さず…、
告げましょう。さようなら。



キーラの美しさはもちろんですが、中谷美紀がえらく高貴でいい女に見えてしまいましたね…。
そういえば…サントラは龍一さんなんですね。欲しいかも?CD。




コメント ( 10 ) | Trackback ( 61 )


« 遅まきながら…。 酸辣湯を作っ... »
 
コメント
 
 
 
中谷美紀さんも (miyu)
2008-02-10 20:26:14
素敵でしたよね。
キーラも相変わらず時代モノの衣裳が似合っていて、
新作の「つぐない」も楽しみですね♪
 
 
 
TBありがとうございます(^^) (kimi)
2008-02-10 20:46:40
キーラと中谷美紀はきれいでしたね。
エルヴェの魅力はいまいちわかりませんでしたが(^_^;)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-02-11 08:39:22
miyuさま

コメントありがとうございます。

>新作の「つぐない」も楽しみですね♪

そうなんですよね。
キーラは出演作品が出るたびに、新しい魅力と美しさが増していく女優さんですね。

時代物衣装もシックリ。
コレって二コールの後を担う人?と思ってしまいます。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-02-11 08:42:22
kimiさま

TB&コメントありがとうございます。

>エルヴェの魅力はいまいちわかりませんでしたが(^_^;)

私も最初はそうでしたが、最後のなんとなく疲れて老いている姿は、少しだけ共感できました。
でも?よく考えたら手袋をわざわざ落としたりと…姑息な事やっていましたね…

やっぱダメかも?

 
 
 
TBありがとうございました (sakurai)
2008-02-11 09:00:32
あの最後の手紙のために、2時間弱・・・我慢を強いられたような。
そんな映画も珍しいですわ。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-02-11 20:06:30
sakuraiさま

こんばんは。

>あの最後の手紙のために、2時間弱・・・我慢を強いられたような。

そうですね。
日本の描写はけっこう、突っ込みどころ満載でしたが、そのような空気にさせないパワーがあったのは、何だろう?なんて思っていました。

でもあの手紙…やはり男の願望ですかね?
そうあって欲しい・・・という、だから5日も開封するのに時間がかかったのかしら?
男のヒトのほうが、ロマンチストだから…?

 
 
 
手紙 (kimion20002000)
2008-08-07 00:51:12
TBありがとう。

手紙に関しては、原文なのか翻訳のせいなのかわかりませんが、あんまりいい詩だとは、思えませんでしたねぇ(笑)
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-08-11 00:08:57
kimion20002000さま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりすみません。

>原文なのか翻訳のせいなのかわかりませんが、あんまりいい詩だとは、思えませんでしたねぇ(笑)

そうなんですよ…陳腐なんですが、あのシチュエーションでは騙されそうになりました(笑)




 
 
 
おじゃまします (ピロEK)
2008-10-18 22:04:43
おじゃまします。結構前に私のブログにコメントいただいていたのに、反応が遅くなってスイマセン。

>中谷美紀がえらく高貴でいい女に見えてしまいましたね…。
>そういえば…サントラは龍一さんなんですね。欲しいかも?CD。

坂本龍一の弟子筋(?)である中谷美紀なので、坂本龍一との抱き合わせ配役だと私は思ったのですが、勘ぐり過ぎですかね?私の。

では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-10-20 06:36:03
ピロEKsama


コメントありがとうございます。

>結構前に私のブログにコメントいただいていたのに、反応が遅くなってスイマセン。

あまり気になさらないでください。
私も気づかず…随分たってからということが最近多々あるようで、みなさまに不義理をしているなぁ…って思っています。

>坂本龍一の弟子筋(?)である中谷美紀なので、坂本龍一との抱き合わせ配役だと私は思ったのですが、勘ぐり過ぎですかね?

抱き合わせね…龍一さんは戦メリとラストエンペラーで役者は若干???でしたよね?
確かご本人もおっしゃっていた気がします。

でも中谷さん羨ましいかも…。





 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「シルク」 (みんなシネマいいのに!)
 外国人が描く日本の違和感の最高峰は誰しも認めるのが「007は二度死ぬ」であろう
 
 
 
シルク/ SILK (我想一個人映画美的女人blog)
日本、カナダ合作+イタリア。 トロント映画祭でも良い反応なかったようだしどうもダメそうな匂いがしてたから 全く期待せずに試写で鑑賞。 『海の上のピアニスト』を書いたアレッサンドロ・バリッコの世界26カ国で翻訳されてるという大ベストセラー小説を、 『レッド・...
 
 
 
映画「シルク」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 23日、青山ベルコモンズ内クレイドルホールにて「シルク」を鑑賞した。 この試写会はベルコモンズの顧客を対象に定期的に行われる試写会で、ベルコモンズ会員は優先的に招待される試写会です。 フラットなスペースに椅子が並べられ、高めのスクリーンにセンターSP...
 
 
 
シルク (花ごよみ)
主なキャストは、マイケル・ピット、 キーラ・ナイトレイ、 アルフレッド・モリナ。 マイケル・ピットは、 どこかで見た顔だと思っていたら 完全犯罪クラブの高校生でした。 大人になりました!! 日本からは役所広司、中谷美紀が出演。 坂本龍一が音楽を担当して...
 
 
 
シルク (花のように)
映画『シルク』を鑑賞した。
 
 
 
シルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ~観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(...
 
 
 
シルク (とんとん亭)
「シルク」 2008年 加/仏/伊/英/日 ★★☆ 予備知識ゼロで観る事の楽しさ。 冒頭で、雪に覆われた険しい山に浮かぶ、湯気・・・裸の女性が温泉に浸かっている。 うん?これは日本じゃないか? そうです、日本人が出演しているのは、スクリーンの前に座...
 
 
 
シルク (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
映像は美しく、堂々と演技する日本人俳優は頼もしいが、現実感に乏しい物語だ。綺麗な絵葉書のような印象だけでは作品として弱い。19世紀の仏を舞台に、美しい妻を愛しながら、蚕卵を求めて訪れた遠い日本で魅惑的な日本女性に恋した青年の半生を描く。世界規模の合作で大...
 
 
 
『 シルク SILK 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 シルク SILK 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2008年1月19日公開】[ 上映劇場 ] 監督:フランソワ・ジラール 原作:アレッサンドロ・バリッコ「絹/SETA」 音楽:坂本龍一 【キャスト】 マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ 役所広司...
 
 
 
「シルク」を観る (紫@試写会マニア)
シルク。絹の如し、と例えられたらそれは最高の誉め言葉。勿論女性に対してです。 肌理細やかで繊細で、艶かしい輝きと手触り。しかし黙して語らず、その存在を「静」にて示す絹の様な作品「シルク」を観てきました。 正直作品としては難解な分類で、ある種の玄人好み...
 
 
 
シルク (pure's movie review)
2007年度 日本・カナダ・イタリア作品 109分 アスミック・エース配給 原題:Silk STAFF 監督:フランソワ・ジラール 脚本:フランソワ・ジラール マイケル・ゴールディング 原作: アレッサンドロ・バリッコ 『絹』 CAST マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ 役所広...
 
 
 
シルク / SILK 【監督:フランソワ・ジラール】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■□□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) キーラ!、キーラ!、キーラ!
 
 
 
映画「シルク」 (FREE TIME)
先日、映画「シルク」を鑑賞しました。
 
 
 
シルク よみうりホール 2008.1.9 (◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~)
あらすじ:19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。危険な旅を経て、蚕卵を持ち帰ると、それで得た富で美しい女性、エレーヌと結婚。自らも製糸工場を経営し、結婚生活は順...
 
 
 
シルク (Yuhiの読書日記+α)
「シルク」の試写会に行ってきました。カナダ・イタリア・日本で製作された作品だそうです。 <あらすじ> 19世紀のフランス。戦地から戻ったばかりの若き軍人エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い恋に落ち、やがて二人は結...
 
 
 
シルク (八ちゃんの日常空間)
異国の地で出会った少女に心引かれる蚕の貿易商の物語…って事ですかね。美しい映像と詩的な内容で魅せます。
 
 
 
シルク 31点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
非常階段の丸顔な方 公式サイト 日本では『海の上のピアニスト』の原作者として知られるイタリアの作家、アレッサンドロ・バリッコの短編小説『絹』を、カナダ・フランス・イタリア・イギリス・日本の共同製作にて映画化。監督は『レッド・バイオリン』などで知られる...
 
 
 
シルク試写会/カンボジアの子供達支援Cafe Moi Pi (La Dolce Vita 1/2)
7日、よみうりホールで、ご招待いただいて映画「シルク」の試写を観た。 百合の花に埋め尽くされた庭、その邸宅に降る雨や、砂漠に落ちる夕日を足の間に覗かせながら歩くラクダなど映像と、音が少なく印象的なピアノなど坂本龍一さんの音楽が美しい。 日本からは役所広...
 
 
 
シルク (Kim's Room)
  {{{: [[attached(1,right)]]製作:2007年 カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本 原題:SILK 監督:フランソワ・ジラール 原作:アレッサンドロ・バリッコ 『絹』 出演:マイケル・ピット (エルヴェ)     キーラ・ナイトレイ (エレーヌ)   ...
 
 
 
「シルク」  キーラ・ナイトレイの新たな魅力 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 カナダ・イタリア・日本の合作ということで ハリウッドの娯楽映画とは全く違う趣の作品でした。 観終わって印象に残っているのは、絵画のように幻想的な風景と、登場人物たちのゆっくりとした佇まいです。 坂本龍一の音楽も良かったです。 ...
 
 
 
映画「シルク」(2007年、加・伊・日) (富久亭日乗)
     ★★☆☆☆  蚕を捜しに日本に来たフランス人青年が日本娘に恋をする物語。 原題は「Silk」。  19世紀のフランス。Hervé Joncour (Michael Pitt )は Hélène(Keira Knightley)と幸せな新婚生活を送っていたが、 蚕を求めて日本へ旅立つ。 そこ...
 
 
 
シルク(映画館) (ひるめし。)
愛は運命に紡がれ、そして永遠となる
 
 
 
シルク (ケントのたそがれ劇場)
★★★  この映画、とにかく音楽と映像は文句なく美しい。ことに日本の風景は幻想的ともいえる。それにしても欧州では汽車に乗っているのに、日本ではチョンマゲだったとは、幕末まで時間の止まっていた日本を改めて体感してしまった。        さて本作は英国、フ...
 
 
 
「シルク」:新月島公園前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あ、風流な屋形船。これからお出かけね。 {/kaeru_en4/}外国人がこういう、いかにも日本的な風景見たら、喜ぶんだろうなあ。 {/hiyo_en2/}そういえば、試写会で外国人が喜びそうな映画を観たわね。 {/kaeru_en4/}なんだっけ? {/hiyo_en2/}マイケル・ピット...
 
 
 
『シルク』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シルク」□監督 フランソワ・ジラール □原作 アレッサンドロ・バリッコ □脚本 フランソワ・ジラール、マイケル・ゴールディング □キャスト マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ...
 
 
 
シルク (Akira's VOICE)
滑り落ちた余韻は,絹の肌触りのよう・・・。
 
 
 
映画 『シルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆こちらの試写会も『カリスマ映画論』の睦月さんから譲っていただきましたー。またまたありがとう!しかも私のお気に入り映画館である"ユナイテッドシネマ豊洲"での鑑賞♪19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人...
 
 
 
シルク (ともみの言いたい放題♪)
ストーリーはイマイチでしたが・・・
 
 
 
「シルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Silk」2007 カナダ/フランス/イタリア/UK/日本 19世紀、フランスから極東、日本へ渡った妻子ある男と、日本で出会った謎の美少女との運命的な純愛を描いたラヴ・ストーリー。 原作は「海の上のピアニスト/1999」のイタリア人小説家が書いた“Silk”。 主演のエ...
 
 
 
映画 【シルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「シルク」 『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名小説を映画化。 おはなし:1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕...
 
 
 
シルク (Diarydiary!)
《シルク》 2007年 カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本映画 - 原
 
 
 
シルク (2007・カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本) (白ブタさん)
試写会で見てきました{%warai_a%}
 
 
 
シルク (2007・カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本) (白ブタさん)
試写会で見てきました{%warai_a%}
 
 
 
『シルク』 (2007) / カナダ・イタリア・日本 (NiceOne!!)
原題:SILK/SETA/SOIE監督・脚本:フランソワ・ジラール音楽:坂本龍一出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、アルフレッド・モリーナ、中谷美紀、國村隼、芦名星、本郷奏多公式サイトはこちら。<Story>19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年...
 
 
 
シルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
まるで音もなく降り積もる雪のように・・・高い空をゆったりと流れていく雲のように・・・・いかにも静かな物語だった。多くを語らない,寡黙な表現で紡がれているので,行間を読まなければいけないし,風景はまるで絵のように美しいので,全体の印象は,物語というより...
 
 
 
[Review] シルク (Diary of Cyber)
鑑賞前のこの作品に対する最初のイメージは、『触覚』。絹のような滑らかで上質な質感。確かにそこにあるのに、まるでそこに無いかのようなに感じるのは、まるで儚さ。『パフューム ある人殺しの物語』で見事なまでに表現された『香り』、つまり『嗅覚』と同じように、『...
 
 
 
映画「シルク」 (腹黒い白猫は見た!!)
2008年30本目映画「シルク」愛は運命に紡がれ、そして永遠となる。ストーリー19世紀のフランス。若き軍人エルヴェは、エレーヌと出会い恋におち二人は結婚する。そんな矢先、村で蚕の疫病が発生し、エルヴェは世界一美しい絹糸を吐く蚕を求めて、はるか極東の地・日本へと...
 
 
 
「シルク」 (てんびんthe LIFE)
「シルク」ブロガー試写会 ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 ブロガーさんたちのレビューを読んでいたらあまり良い評判ではないので、会場へ行ってからみるべきではなかったかと、ほぼ期待しないでみたのがよかったのでしょうか。 終わったときには思っていたよりはひど...
 
 
 
「シルク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「シルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、マーク・レンドール、ケネス・ウェルシュ、本郷奏多、カラム・キース・レニー、他 *監督...
 
 
 
シルク (迷宮映画館)
Mogami river!!Saka~ta!!
 
 
 
シルク (夫婦でシネマ)
19世紀後半にヨーロッパの芸術界で起こったジャポニズムブーム。少女の幻影を追い求める青年の姿に神秘の国、日本への憧憬をだぶらせて描いた映画です。
 
 
 
シルク (Good job M)
公開日 2008/1/19監督:フランソワ・ジラール出演:マイケル・ピット/キーラ・ナイトレイ/役所広司/芦名星/國村隼/本郷奏多/中谷美紀/アルフレッド・モリーナ 他【あらすじ】19世紀のフランス。若き軍人エルヴェは、エレーヌと出会い恋に落ち、二人は結婚する。そんな矢...
 
 
 
シルク (☆Lazy☆Rose☆)
試写会『シルク』を見ましたキーラ・ナイトレイ出演19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。危険な旅を経て、蚕卵を持ち帰ると、それで得た富で美しい女性、エレーヌと結婚...
 
 
 
映画 『シルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆こちらの試写会も『カリスマ映画論』の睦月さんから譲っていただきましたー。またまたありがとう!しかも私のお気に入り映画館である"ユナイテッドシネマ豊洲"での鑑賞♪19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人...
 
 
 
映画『シルク』 (いんどあかめさん日記)
今年映画観で観る、7作目はこちら。日本・イギリス・カナダ・フランス・イタリアの5
 
 
 
感想/シルク(試写) (EDITOREAL)
後悔の物語でしたか。『シルク』1月19日公開。19世紀フランス。エルヴェはエレーヌと出逢って恋に落ち、結婚。村に養蚕産業を持ち込み製糸工場を再建したバルダビューの命を受けて、良質な蚕の卵を求め極東の国、日本へ渡ることに。未知なる道をいきたどりついたそこは幕...
 
 
 
『シルク』2008・1・27に観ました (映画と秋葉原と日記)
(C) 2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions 『シルク』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は除隊後、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して...
 
 
 
シルク (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【日本公開日】2008年1月14日 【製作年/製作国】2007/日本・カナダ・イタリア 【監督】フランソワ・ジラール 【出演】マイケル・ピット/キーラ・ナイトレイ/役所広司/中谷美紀/アルフレッド・モリーナ/芦名星 【原作】アレッサンドロ・バリッ....
 
 
 
「  シルク/ SILK (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【シルク】2008年1月19日(土)公開 監督 ・ 脚本  : フ...
 
 
 
映画:シルク 試写会 (駒吉の日記)
シルク 試写会(よみうりホール) 「あなたはそのままでいて」 1860年代、日本は幕末、アメリカはリンカーンが大統領に、ヨーロッパはイタリアやドイツで内戦中。蚕を求め文字通り極東への旅は命がけ、無事着けても蚕を持ち帰れる保証はない。村のためのお宝探し(...
 
 
 
「シルク」 第8位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 274 オープニング土日興収: 5906万円役所広司「バベル
 
 
 
映画 「シルク」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
えぇ~っと、坂本龍一の音楽を聴くのが目的だったのかも…。 映像と音楽はとても綺麗で…、R-12指定でした。
 
 
 
シルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  昨日の「スウィーニー・ト...
 
 
 
シルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  昨日の「スウィーニー・ト...
 
 
 
『シルク』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シルク」□監督 フランソワ・ジラール □原作 アレッサンドロ・バリッコ □脚本 フランソワ・ジラール、マイケル・ゴールディング □キャスト マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ...
 
 
 
真・映画日記『シルク』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月20日(日)◆691日目◆ 昼過ぎまでだらだら。 日曜日らしい時間が流れる。 午後2時過ぎに急に映画が見たくなる。 けど、遠出はしたくない。 そうだ!西新井にシネコンが出来たっけ。 行ってみよう! なんと、1時間もしないうちに着...
 
 
 
★「シルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「チネチッタ川崎」で2本鑑賞。 その2本目。 タイトルどおり、良質の絹を作るために外国人が日本まで旅する・・ってお話は、 予告編見て知ってたよ。
 
 
 
mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット...
 
 
 
【映画】シルク…コリンズ監督も観たのかなぁ?コレ?? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。 野球{/baseball/}が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです{/face_gaan/} 昨日{/kaeru_fine/}今季初めて長袖シャツを着ました。 私の住む北部...
 
 
 
夢の国の「シルクと幕末」 (郎女迷々日録 幕末東西)
見ようかどうしようか、相当に迷ったのですが、シルク、幕末、フランスとお題がそろいまして、この私が、見ないわけにもいかないような気になってしまい、つい、見てしまいました………。この映画。 シルク スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテム...
 
 
 
『シルク』'06・日・加・伊 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したためエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来...