ルンルンピアノ

ピアノ教室の子どもたちとの楽しい毎日。。。。。。

3998  祝賀会後

2017-05-08 10:43:45 | Weblog

超久々のブログ。
もう見てる人も少ないと思うので、今回は思いっきりストレス発散してみる。


5月5日、今年も一門の祝賀会が無事開催された。
ホテル阪神の会場は、予想をはるかに上回るお客さんで埋めつくされ、
その人数の多さゆえに幾つか気になる点はあったものの、まあ無事に終えることができた。
パーティー受付、指導受付担当の方々には大変お世話になりました。

翌日は、東京組のMさん、Tさん姉妹、Tさん御夫妻が来宅。
金太郎が大ハシャギで、1人1人の頭に乗ったり、マンボナンバー5を披露したり、ホウキをつかんで引っくり返ったり、
万雷の拍手を浴びながら超ゴキゲンな一日であった。


5月7日

祝賀会、訪ねて下さった方々との楽しいひと時が終わり、何かポッカリと穴があいたような気分。
自宅では日曜教室の子供たちでにぎやかだが、なぜか気分が重い。
疲れてるんだろうかと布団へもぐりこみ好きな本を開くが、ちっとも集中できず、すぐにパタンと閉じる。
(この気持ちはなんだろう・・・) と、色々思いめぐらせるうち、あることに思い当たる。



その日の夕食後

「ちょっと話があるんだけど」と切りだす。

「祝賀会の時さ、どうして私を(壇上へ)呼んでくれなかったの?」

「えっ?」
「だって、それは自分がゼッタイにイヤだからやめてって言ってたやん」

「違うよ。 私が言ったのは「シャベるのはゼッタイ嫌だ」ってことだよ」

「えー? そんなことないで。 舞台へ上がるのは絶対イヤだって自分が言ってたんやで」

「いーや、そんなこと絶対に言ってないっ!!」
「去年みたいに、急にマイクを渡されて喋らされるのはイヤだからねって言ったんでしょ!!」

「えー、そうやったん?」
「なら、そう言えばいいのに」


なら、そう言えばいいのに??


頭の中で噴煙が立ち上り始める。




私は、この祝賀会のために白い服を着て出かけた。
いつもは黒か紺系の地味なパンツスタイルなのだが、今回はNの引退記念も含まれるので、
妻としてささやかながら、「お疲れさま、これからも元気でガンバって」の気持ちを表そうと、先月、箕面のジェットで、定価3万円が9800円に下がっていた白いワンピースを買ったのだ。
白は膨張色だから本当はニガテなんだけど、(でも、Nの一生に一度の大事な日だから)と、勇気をだして着ていったのだ。
壇上へ上がる云々というのは、以前、将棋関係の雑誌やネットで引退棋士の記念パーティーの模様を扱った記事で
夫婦並んで花束を受け取ってたり、金屏風を背に二人笑顔で並ぶ写真など見ていたからだと思う。
なので私も、当日はそんな感じになるのだろうと勝手に思い込んでいた。
夫婦そろって壇上に立ったところで弟子たちからそれぞれ花束を渡され、続いてNが感謝のアイサツ述べる。
そのそばで私は気恥ずかしさに耐えつつも、Nのひと言ひと言にじっくりと耳を傾け、一生の思い出に残るであろう瞬間を胸に刻みつける・・・


などというシーンを想像しつつ、その瞬間を迎えたわけだが、実際は、私が壇上へ呼ばれることも、弟子から花束を受け取ることも
マイクを渡されることも無く、Nがひとりで弟子一同からの金一封(!!)とマッサージチェアを受け取った。
(正直に言うと、もし万一Nが私にマイクを持たせた際にもアワテずに済むよう、短いコメントまで考えていた。
それは、「引退しても、弟子の子達には551のブタまんを持って気楽に訪ねてくれる家でありたい」というものだった)
途中、となりのテーブルの井上慶太九段らが小声で、舞台へ上がったら?と声をかけて下さったが、肝心のNにその気配がないので
結局果たせなかった。
壇上のNは、「弟子に恵まれた」 「弟子の活躍あって今の自分があるのだと思う」と、子どもたちへの感謝を心から述べていた。
うそ偽りのない、素直で正直な気持ちだと思う。
大勢のファンの方々を前に、一番伝えたかったことであろう。
日々がんばっている弟子たちの胸にも暖かく届いたことと思う。
でも、でも、私にももう少し何か言葉があっても良かったんじゃないか?
途中1度だけ、「妻が・・」 と言って言葉を詰まらせた瞬間もあったが(これに関して後日、「感極まって泣いてたのか」と聞くと、
そういうわけではなく、単に言葉が見つからず詰まってしまっただけだったとのこと)、結局、私に関してはなーんにも触れられなかった。

こういう具合いに書くと、なんか妙に出しゃばりで目立ちたがりの、いけ好かない女だが(いや、実際そういう部分もあるのかも知れないけど)
自分としては、そういうのとはちょっと違うニュアンスなのである。
その辺をうまく表現できる力もないのだが、なんというか、ちょっと寂しかったんだろうな。




で、当日のそういった流れから後日の抗議につながったわけだが、
結局、胸の内を訴えながら涙がこぼれてしまった。
活躍した4人の主賓に自慢の子供たち、大勢のお客さん達に囲まれた盛大なパーティーだったのに。
それにしても、なぜここまでグジグジした気持ちになっちゃったんだろう。
今少し考えてみると、弟子が増えれば増えるほど、Nや一門に光が当たれば当たるほど、将棋を知らない私は孤独になっていってたのかも知れない。
自分でもイヤになるほど、「めんどくさい女」「重たい女」「かまってちゃん」だ。
ふだんから自分なりの生き方やシアワセがしっかりあって、ハレの日の夫や弟子を心から祝える気持ちを持った人間でありたかった。


まあメソメソしててもしょうがない。
遅まきながら、これから少しずつ自分の人生を立て直してゆこう。
まずは、先月から始めたばかりの水中ウォーキングをきちんと続けよう。
そして次年度のPOGの馬選びをしっかりとこなす。
あと、ブログもできるだけガンバろっと




おわり

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 号外 | トップ | 3999   勝浦修九段 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白のワンピース (fumipon)
2017-05-09 06:11:58
祝賀会ご苦労様でした。白のワンピースとても素敵でした。珍しく白
なのは今日がお二人にとって、特別な日だからと思っていました。私も、森先生の引退がなければ、今回は失礼していたと思います。本当に、限界を超えた人数で、指導対局もたいへんで、ワンピースのこと何も言えなかった。ごめんね。さくらちゃんの話、招待棋士の皆さんの話の中にルン様のことがたくさん登場し、周りの皆さんからも、森一門はご夫婦あってこそと思われていて、ルン様の存在を強く感じました。引退おめでとうございます。これからも、森一門、森師匠を陰から支える存在であり続けてください。私はあんなに皆さんの話で出て来ているのに 恥ずかしいがりだから壇上に上がりたくないと、きっと自分で言われて、森先生がお呼びにならないのだと思って、ルン様の清さに感動していました。私と同じ思いのお客様もたくさんいらっしゃったとおもいます。お疲れ様でした〜。
Unknown (腰痛地獄谷)
2017-05-09 07:36:46
モリノブ様ご愁傷様です
見てますよ (ミニー)
2017-05-09 11:50:37
私は将棋が好きで、ブログを見させていただくようになったのですが、ルンさんの等身大の文章とお人柄が気に入って、読むのを楽しみにしているんですよ。小2の息子が将棋とピアノが好きなこともありまして。
モヤモヤがたまってしまっても、それを森先生にちゃんと言えるお二人の関係がいいと思いますし、とっても人間的でかわいいです。
将棋に詳しくなくたって、関係ないです。森一門ファンの私はルンさんファンでもあります。これからも応援しています!
私も見てます! (ははのんき)
2017-05-09 13:03:54
いつも楽しく拝見しております。長らくブログが更新されていなかったので心配しておりました。聖の青春を拝読して森先生のお人柄や生い立ちなど…純粋な方とはお見受けいたします…が世間の中では少し浮く感じも否めずルン様あっての森先生と推察しております。これからもお元気で読者を楽しませてください。楽しみにしております。
お疲れさまでした (Yの母)
2017-05-09 17:37:58
奥さま業、お疲れさまです。
森先生のFacebookのお友達にさせていただいてからいつも読ませて頂いてまし(^_^)
モヤモヤした感じに共感してコメントしたくなりました。せっかくの記念の、節目の日なのに、誰か壇上に引っ張りあげてくれなかったの!?と、想像をめぐらし、私もとても残念な気持ちになりましたo(T□T)o
私もそんなことがあったらグジグジ言ってるはず…
きっと何か代わりに良いことがありますように!
切り替えて、水中ウォーキング、競馬、楽しんで頑張ってくださいヘ(≧▽≦ヘ)♪
ありがとうございます゜゜(´O`)°゜ (ルン)
2017-05-09 20:34:52
ルンルンピアノのルンです。
まとめてのお返事になりますこと、お許し下さい。

久しぶりのブログということで、それほど目につかないだろうと思い、迷った末に投稿したのですが、
まさかこんな風な温かいコメントが舞い込むとは思ってもいませんでした。
ブログは自分でも何度か読み返してみたのですが、
そのたびに、「うざい女」「そんなに出たかったんか!」とツッコミをいれられるんじゃと、
正直ヒヤヒヤしてました。
弟子の子達も、ふだんは皆それなりに気遣ってくれてるのに、あの文章じゃちょっと報われないですね。
でも、今回思いきって本音を書けたのは良かったと思ってます。
こんな風に思ってくれる人達がいるんだなあと、今度はうれし涙に困ってます(*´ー`*)

今も目の前では10人の子ども達が真剣に将棋を指していますが、
私もまた気分新たに、彼らと共に過ごして行きたいと思います。
ありがとうございました。
そしてこれからも森一門(とついでにルンルンピアノも)、よろしくお願いいたします❗
嫌なことは吐き出せばいいんです (かねとしがばなー)
2017-05-10 00:53:06
更新がなかったので心配していましたが…。
嫌なことは嫌なこととして、自分の気持ちを吐き出すこと、必要だと思います。
最近仕事で面白くないこと続き(自分に原因があるものも多いのですが)、言葉に表現できず、嫌な毎日を過ごしています。
ルンさんのように、人に言えれば楽なのに…とちょっと羨ましくもあります。

久々の投稿なのに、愚痴ですみません…。
かねとしがばなー様 (ルン)
2017-05-10 08:40:05
コメントありがとうございます。
仕事・・・本当に大変でしょうね。
いつか阪神でお会いできるのを楽しみにしています

遅ればせながら (BEN)
2017-05-10 20:59:29
「数少ない」の、一人です。
N先生、引退されたのですね。
そして、諸々お疲れ様でした。
※「諸々」でまとめちゃってすいません

若輩者が偉そうで申し訳ないのですが、生きていると色々あります。
私も今はあまり調子がよくないのですが(決して馬券だけの話ではありません)、前を向いて歩きましょう。
特にPOGの馬選びは前向きに(笑)
Ben様 (ルン)
2017-05-10 21:24:05
御無沙汰しております。
おっしゃる通りNは引退いたしますが、生活はほぼ変わらないので、またどうぞ遊びにいらして下さい。

馬選び・・・

今年はゼッタイ、〇〇学厩舎の馬だけは選びません



コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事