Moritareiko2000の美術探訪

美術(絵画、工芸品)と美術館に関する探訪を主体に、
芸術に関する個人的な考えも発信する。

ブルージュ ピーター・ポーバスの最後の審判とジェラード・デイビットのカンビュセスの審判

2017年05月10日 | 美術館

グリーニング美術館あるPieter Pourbusの最後の審判は有名である。

この絵に関して、図象的に

 北方ルネッサンスでは一般的である魂の重さをはかる大天使ミカエルがいない

 画面下中央の裸の女性が目立ちすぎて、何かの象徴のようである

との疑問を持ったので、また、同じ絵が自由ブルージュ博物館にも展示されているため、美術館に問い合わせをした。

答えは以下であった。

Thank you for your email and interest in our collection.

The work of art is painted by Pieter Pourbus (1523/4-1584), an artist from Gouda, that worked in Bruges from 1543 onwards.

The naked woman in the foreground is not a portrait. Except for Christ in the middle and the saints in the clouds, nobody specific can be identified.

The arch angel Michael is sometimes depicted to weight the souls to decide if they have to go to heaven or hell. In this painting Christ makes this decision himself. It is visualized by his arms pointing to the sky. Pourbus took Michelangelo’s fresco in the Sistine chapel as an example for this painting.

 

 

The painting in the Brugse Vrije is a copy of the painting in the Groeningemuseum. It is displayed in the Brugse Vrije because that is the original location.

 

 

 

With kind regards

 

これによると、ヴァチカンのミケランジェロの最後の審判を参考にしたと書かれている。

 

 

大天使がいないことは同じだが、ずいぶんと印象が異なる。

 

一方、自由ブルージュ博物館の絵は、元々はこの絵の有った場所であるが、今ある絵はグルーニング美術館のコピーで、絵は小さい。

自由ブルージュ博物館の最後の審判の隣にはジェラード・デイビッドのカンビュセスの審判が飾られている。

これも、グルーニング美術館に下に示す本物がある。

 

この2つを比べると、レプリカ(上の絵)の背景が簡略化されているのが分かる。

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ベルギー ゲント 聖バーフ... | トップ | 縄文火炎型土器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術館」カテゴリの最新記事