Moritareiko2000の美術探訪

美術(絵画、工芸品)と美術館に関する探訪を主体に、
芸術に関する個人的な考えも発信する。

60年代の映像アヴァンガルド

2018年11月19日 | 美術館

60年代映像アヴァンガルドとは何だったのか

 

1 始めに

 ここでは、1960から1970年代の松本俊夫を中心に、当時の前衛が如何に敗れ、現在の不安と共存する繁栄の時代に、どのように生き延びているのかを、技術の進歩と社会の変化を考えて再評価する。 

この50年を振り返って、社会の変化と技術の進歩が、アヴァンガルドの精神、美学を打ち砕いてきているからである。 

UTuberの時代から振り返ると、如何に幼いことを前衛として自己満足していたのかと当時のアヴァンガルドにたずさわった人間は自己批判が必要である。しかし、21世紀に入って、このような動きは見られない。

 

2 社会の変化

2-1 共産主義の破綻

 共産主義への夢が、幻想と判明し、先進国における反対体制は、持てる者の自己満足にすぎないことが分かった。

 2-2 弁証法から妥協へ

 先進国の労働者を含め持てる者は、新地平線より、現状の改善を好むため、弁証法的論理に興味を失った。 

2-3 物質より精神へ

 持てる者は、物質に対する執着より、精神性へ、貧しいものは宗教にすがるということで、疑似的満足を得ようとする。脱イデオロギーが定着した。 

2-4 いかれる若者の減少

 この理由は、管理社会が完成したためと推定される。60年代と比べると、如何に、現在の社会が、今と将来の可能性を管理することで、若者の未来と可能性への夢を奪っていることは明白である。このため。若者はおとなしくなっている。

 

3 映像の技術的側面

3-1 デジタル化

ヴィデオテープがもはや存在を失い、映像の加工可能性が人間の想像よりも先に行く時代に、60年代のデジタル技術は何ら感動をもたらさない。この様な現代から見ると、60年代の映像加工技術は滑稽である。 

3-2 モンタージュ、映像論

 松本俊夫、あるいはそれ以前の映像作家が主張したモンタージュや、映像技術は。破棄されつつあるマルクス的弁証法によるところが多く力を失った。 

3-3 エリート意識

 U-Tuberが画像を種々制作する時代から見ると、60年代の映像作家には選民意識がプンプンとしていて嫌味である。 

 

4 松本俊夫への批判

4-1 主体客体論

 芸術は主体論に基づくものでなく、普遍性に基づくべきである。 

4-2 技術的無知

 60年代はコンプーター技術として、アセンブラー、フォートラン、コボルと劇的に変化している時代であったが、その認識、技術の変革への認識がなかった。 

4-3 古い映像論への過度のこだわり

 モンタージュ論に対抗しようとして、その足かせの中でもがくだけで、新しい創造がない。特に、「薔薇の葬列」などを見ると、そのカット割りの異常さに驚く。 

 

5 松本俊夫へのレクイエム

 一時期、人を熱狂させた松本俊夫も、現在では、全く評価できない。これは、芸術に、技術と政治と弁証法を持ち込んだ咎である。さらに言えば、ある意味で、インテリかもしれない大衆に迎合していたためと思われる。芸術に永遠性を求めるなら、松本俊夫の方向性は間違っている。 

 彼の冥福を祈ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大和絵の空間認識 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術館」カテゴリの最新記事