経済社会コラム#5

2005年09月25日 | 経済問題
私はニッポン放送の携帯情報サイトで、毎週その週に起こったことを中心にコラムを書いています。今週から、一週間遅れで、その記事を公開しています。世の中の流れが速いので、だいぶずれてしまうこともありますが、ご容赦ください。なお、最新版は携帯電話からニッポン放送のサイトに行ってください(こちらは有料です)。


始まった・・・・。
総選挙のバタバタで、1週間更新できず、大変失礼しました。
 その総選挙ですが、ご存じのとおり自民党だけで296議席、公明党を合わせると3分の2以上の議席を獲得するという小泉自民党の圧勝に終わりました。産経新聞はいち早く「自民党300議席をうかがう」と自民の圧勝を伝えていましたが、私自身、まさかここまで自民党が勝つとは思いませんでした。
 ただ、この結果は恐ろしいシナリオを日本にもたらすことになると思います。小泉総理に逆らえる人は誰もいなくなってしまったからです。参議院で郵政法案に反対した造反議員は、一転法案賛成に態度を変えました。きっかけを作ったのは鴻池祥肇元防災担当相でした。鴻池議員は選挙前の9月9日に、与党が過半数を確保すれば郵政法案に賛成する意向を明らかにしました。そして、選挙で自民党が圧勝したことを受けて、13日に、通常国会での郵政法案否決の流れを作った参院旧亀井派会長の中曽根弘文元文相が、再提出される郵政法案に賛成する意向を表明しました。同派では、中曽根氏を含む12人が通常国会で郵政法案に反対しましたが、離党した荒井広幸議員を除く11人が賛成に転じることも明らかにしました。衆院でが与党が3分の2以上を占めたのですから、反対をしても意味がないのは事実です。しかし、政治信条をかけて反対したはずの彼らが態度を豹変させたのは、衆院で行われた小泉総理の造反議員への厳しい処分に震え上がったというのが、本当の原因でしょう。
 もっとすごかったのが、衆議院の造反議員の動きです。衆院選で執行部の離党要請に応じず無所属で出馬し、当選した反対派は13人いましたが、その大部分が首相指名選挙で小泉首相を指名し、郵政法案にも賛成する見通しになりました。郵政民営化法案に反対の意向を表明している平沼赳夫元経済産業相も、首相指名では小泉総理を支持することを示唆しています。
 自民党執行部は、衆院の造反議員を除名処分とする方針を変えておらず、またその自民党の公認から見放された選挙で勝ち抜いてきたのに、それでも自民党への復党の気持ちを捨てられないのでしょう。自民党という組織の力の強さを、彼らは選挙を通じて身にしみて分かったからなのかもしれません。
 いずれにせよ、もはや小泉総理に逆らえる人は誰もいなくなりました。それを受けて、これから一体日本に何が起こるのでしょうか。
 私は、①増税、②インフレ、③戦争の3つだと思います。
 小泉総理は確かに公共事業を大幅に削減しましたが、行政改革にはほとんど手をつけませんでした。その結果、今年度末の国と地方を合わせた借金は774兆円、GDPの1.5倍にも達する見込みです。そのことに対して財務省は強い危機感を持っています。
 福田赳夫元首相の書生から政治家人生を始め、衆院の大蔵委員長や大蔵政務次官も務めた小泉総理は、財務省の一番の理解者です。
 小泉総理は、今回の選挙で手に入れた強いリーダーシップを財政再建に振り向けていくのは間違いないでしょう。選挙期間中、小泉総理は「サラリーマンをねらい打ちする増税はしない」と主張しましたが、谷垣財務相は早くも選挙後の13日に07年に定率減税を全廃する意向を明らかにしました。また、07年には税制の抜本改革が行われることになっています。今年6月に「個人所得課税に関する論点整理」を発表した政府税調は、07年の抜本改革に向けた答申を11月に出します。消費税増税や給与所得控除の圧縮など、サラリーマンは確実に大増税になるでしょう。しかしそれは仕方のないことなのかもしれません。それに反対した社民党や共産党を、国民は選挙で、さほど支持しなかったからです。
 そして、私が密かに心配しているのが、もう一つの財政再建策であるインフレなのです。日銀は9月の金融経済月報で「消費者物価指数は年末にかけてプラス転換する」との見通しを示しました。原油価格高騰の影響で実際に物価上昇の兆しもみえています。税収を確実に伸ばせるインフレは、財務省の望むところなのです。問題は、それが景気回復による物価上昇ではなく、原油価格の上昇に伴う物価上昇だということです。当然、物価上昇ほどにはサラリーマンの給料は上がらず、増税が重ねられることもあって、サラリーマンの可処分所得は激減し、日本にスタグフレーション(不況のなかの物価上昇)が訪れる可能性も高まってきました。
 さらに一番恐ろしいのが、戦争への道です。17日に行われた民主党の代表選挙では、次の内閣の防衛庁長官を務めていた前原誠司氏が勝利しました。
 前原代表は、戦力の不保持を規定する憲法9条第2項の改正を表明し、集団的自衛権についても政府の判断で行使する意向を示しました。集団的自衛権というのは、「仲間がやられたら、やりにいく」ということです。つまり、現実問題では、アメリカが戦争をしたら、日本も一緒に戦争に行くということです。
 社民党や共産党は憲法9条改悪反対を訴えましたが、選挙戦では、ほとんど議論もされませんでした。自民党と民主党が手を組めば、国会で憲法改正が可決されるのは確実です。国民投票もいまの「国家総動員体制」の下では憲法改正を支持するでしょう。
 国軍としての地位を与えられた自衛隊が、いつの日か、戦争に巻き込まれていくのは間違いないと思います。
 日本人は、この選挙で大変な選択をしてしまったのではないでしょうか。
goo | コメント ( 22 ) | トラックバック ( 14 )
 
コメント
 
 
 
ごくろうさまで~す (Unknown)
2005-09-25 11:58:53
お金とかけて

幼稚園児と解きます

その心は



おとうさん、おかあさん、お金ってな~に?

目には見えない価値を教えてあげたいものです。





ベンチャー企業の社長さんへ。寄付とまでは言いませんが、もっと庶民にお金が廻るような買い物をしてくださ~い。株式とか不動産の買い物だけでなく。それがお金持ちになった方の社会的責任で~す。



スーパーの社長さんへ。パソコンでのPOS情報とにらめっこばかりしてちゃだめですよ~。自分の厚い財布を判断基準にして、お客さまの心を捉えようとしてませんか~?

 
 
 
気分がダークで…… (ラジオきいてないんですけど)
2005-09-25 14:17:06
森永さん



私がもっとも恐れるのは言論統制です。すでに、国民投票に関する法案の中に、言論統制(集会・結社の制限とマスコミは国民投票に関して報道してはならないというような一文、政府が広報するのはよいというような一文)がはいっているとか。

これほど怖いことはありません。

払いすぎた税金も戻ってくる日がくるかもしれない。

戦争もやめさせることができるかもしれない。

階級社会も是正できるかもしれない。

言論の自由があれば。

でも言論統制されたらもう終わりです。

内部からの力では変えることはできなくなります。

で確かにそういう不穏な動きがあります(共謀罪とか人権擁護法とか)

国会に提出した法案はすべて通るのですから、もうなんでもありだし、本当に怖いです。
 
 
 
寅さん世代 (寅さん世代)
2005-09-25 15:23:36
「男はつらいよ」を愛した「寅さん世代」の人達は、愛想のいい人を見ると、その人と話したことが全く無いのに、

「ああ何ていい人なんだ。やっぱり人間て話せば分かるんだ。」と(そこまで)考えるように思えてなりません。

最近の政治を見るとそう思えてきます。
 
 
 
菅さんの力が無くなった時 (Unknown)
2005-09-25 16:00:55
菅さんが力を持っているときは、自民党と民主党が合併することは考えられませんが、菅さんが力を持たなくなった時、自民党と民主党は合併するかもしれません。

昔、自由党と民主党が合併して自民党が生まれ、一党独裁政権が誕生しました。

 
 
 
ネバーギブアップ。。。。 (は~とnoエース)
2005-09-25 16:54:54
こんにちは。。。。

森永さんの「ご意見」を拝見しますと、今にも日本が「崩れ去る」勢いに見えますね。。。



少し「暗く」お考え過ぎてはいませんかね?見方の相違なんでしょうが、私的には、今の日本を「末世」とは考えていません。藤村さん的に申せば「夜明け前」という所でしょうか?。。。(^-^)



森永さんにおかれましては、もっと明るく。明るく。プラス思考で「お考え」になられたら如何でしょうか?世の中。それほど捨てたもんじゃないと思いますよ。決して悲観する必要はないですよ。。。



それと小泉さんは「鬼でも蛇でも」有りません。暖かい目で見てあげて下さい。。。OK牧場ですよ!。。。(^-^)



 
 
 
総中流社会の崩壊 (ねこがねこんだ)
2005-09-25 20:44:42
先日の選挙では、郵政民営化支持の小泉人気一色ですね。森永さんが述べられたように、もはや小泉総理に逆らえる人は誰もいなくなりましたね。

でも、なんだか、郵政事業如何が表に出すぎてその他の法案はどうなっているのか不透明に感じます。

私は、自民党が大勝したと言っても、それがそのまま国民の意思とは限らないと想います。どうも選挙時期に合わせて人気取りをしているような気がします。

一国民として意見を述べますと、長い任期中、不況対策・年金問題、その他いろいろあるはずなのに、これらにはほとんど手を付けず、国民に痛みを押しつける(やってないことはないのでしょうけど、サラリーマンである我々には景気回復の実感が全くありません)。ナゼ今、郵政民営化を強く推進するのか理解不能です。

仕事柄、失業などで住宅ローンに苦しみ、破産・自殺などに追い込まれる人をよく見ます。現在も減少はしていません。一度下に落ちてしまうと二度とはい上がれないのです。弱肉強食の時代になってきました。

景気は踊り場をなんとやら・・・我々貧乏人には全くもって実感できません。

これからの日本が不安です。
 
 
 
相変わらず (r15)
2005-09-25 22:03:02
相変わらず不安を煽ってばかりですね。

森本卓郎というのは、そういうキャラで売ってるんでしょうね。





 
 
 
不安でたまらない (ひとぴょん)
2005-09-25 22:38:42
 この間の選挙の自民党大勝で、私も森卓さんと同じ事を心配しています。そして何より不安なのが、今度の選挙で自民党を支援したのが、徴兵制が行われたら真っ先に招集されるような若い人たちであり、増税路線がひかれたら負担増になる人たちだということです。その時小泉さんに裏切られたと叫んでも手遅れなのに。
 
 
 
Unknown (gin)
2005-09-25 22:53:59
今日たまたま観ていたテレビで「バブルはまだ終わっていない」と発言があり気になる内容でした。どうしてあんなに郵政民営化をしたかったのか。どうしてあんなに反対していたのか。小泉さんは命を賭けてでもと言っていましたが、強い意志ですよね。とても強い理由があるんでしょうね。でも、なんとなくですが、国鉄民営化は実は土地利権と噂されているように、郵政民営化も何かの利権狙いのような気がしてなりません。



企業に利益をもたらして国を引っ張っていくというのも、間違いでは無い気がしますが、「過疎へのサービス」とか「郵政国家公務員の既得権」とか、もっともらしい「ホントかよ?」というようなことを言っているのを見て、本音は言い辛い事のような気がします。



もう、色々なシナリオは出来上がっているのでしょうかね?色々な事が可決される前に、もう選挙はないのですね。。。何を思っても、もう後の祭りなんですかね?何か今でも、出来る事はあるのでしょうか?



それにしても小泉さんって口説き上手ですよねー。意外な人まで立候補されてビックリしました。政治家の三代目って、どんな風に国民を見ているのかな~。守るべき者?将棋の歩?想像できないです。



政治家も不思議だけどネット上で、わざわざ皮肉を書き込む人も不思議です。好んでない人のブログを見に来る理由ってなんだろう???何をしている人なんだろう?まー自由だけどさー。
 
 
 
選挙結果 (まあるい地球は誰のモノ?)
2005-09-26 07:42:59
前原代表は、松下政経塾出身だと聞きました。つまり経営者は儲けないといけない概念があります、ひとたび戦争が起これば莫大な儲けが軍需産業にもたらされます。小泉総理のボス、アメリカのブッシュや、とりまきのネオコンはイラク戦争などで軍需産業や石油利権でボロ儲けしています。
 
 
 
投票だけで何故700億円も税金がいるのか? (くだらない選挙にまた血税700億円投入)
2005-09-26 07:49:21
投票率が低くて、全体の半分くらいなのにマスコミはこれが日本国民の意思あるいは小泉支持みたいに言う。マスゴミはいらない。今回の投票もほとんど組織票ばかりの●田●作の●価●会票ばかりだ!
 
 
 
出来レース解散? (ヘラマン)
2005-09-26 10:56:03
 今回の解散は、小泉さんと中曽根さんの仕組んだ出来レースと見た。

 中曽根「私、民営化に賛成します。」

 小泉 「それじゃ、参議院でも可決しちゃ     うじゃないか。ここはぜひ否決に     回ってくれないかねぇ 俺はどう     しても解散したいんだ」

きっとこのような会話がされたに違いない!

中曽根さんの「賛成」記者会見でのあの晴れ晴れとした笑顔。自民党大勝の影の功労者は中曽根さんです。
 
 
 
たしかに (Unknown)
2005-09-26 11:14:48
上記の出来レース論、たしかにそうかも!と

思ってしまう鋭い指摘だと思います。参議院の法案反対→衆議院の解散の流れにした本人なのに全く党本部の攻撃対象に入っていない気がします。マスコミ関係者でこのあたりを突いてくれる報道はできないものでしょうか。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-09-26 14:49:00
今、世界で「伸びている企業」は、

最高「38,000円台」の株価(バブル景気)を

年代的に「経験していない」ので、

「13,000円台」の、今の株価でも勝負が出来る。



現在の「中国・インドのIT産業」も、同じ状況。



つまり、現在の「バブル経験者=中高年者」で、

「バブル未経験・創業者=若年者+5歳」なのら。



日本の高校で「情報」の授業が始まった時期は、

むしろ、他の国の実情を考えれば「遅い」ほう。



日本では、ブログ・hp等の「周知の有無」による

「生きた情報」の差が、確実に広がりつつある。



ps.

既に(日本とは,その方式が違うが..)、

「中国には、リニアモーターカーがある事実」を

過日、森永さん自身が、このブログに書いている

ので、是非とも参考にされたい...
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-09-26 15:19:10
<はしゃぐ前に、勉強しておくれ~!>

・「少子高齢化」は、アジアでは、日本だけ..

・他の国は、【若年者余剰気味】でっせ!

・外国は、政府要人も、大学院卒が殆どらしい。

・世界は、バブル期(38,000円台)なんかより、

   今(13,300円台)を言う人を、欲しがる。



・全世界から「時代遅れ」に映る発言の人は、

 政治の世界からは、いなくなって欲しい..

 特に、自民党比例区名簿「35位」で当選の方。



この人、これから「人生の猛勉強」をしないと、

支援者からも知識・常識を疑われやすくなるよ。



 
 
 
Unknown (練習中)
2005-09-26 21:14:15
文才がないので、難しいことはコメントできませんが、今回の選挙結果はちょっと不安です。

だって、私は国民年金も、税金も、NHK受信料もきっちり払ってる貧乏人なので・・・。
 
 
 
私も不安 (おけい)
2005-09-26 22:41:27
森拓さんファンです

弱肉強食の時代

困るなと思います
 
 
 
Unknown (foo)
2005-09-28 03:13:28
呂秀蓮披露:中共飛彈 130枚指向日本

ttp://yam.udn.com/yamnews/daily/2921120.shtml



中國在沿海部署的約八百枚飛彈中,有一百卅幾枚中程飛彈指向日本,

卅幾枚遠程飛彈指向美、歐、澳。



呂秀蓮昨天所提情資是我官方首度披露「中共對其他國家部署飛彈」的精確數據。



============================================================



呂秀蓮(台湾副総統)中国のミサイル130発は日本に向けられていると暴露。





中国沿海部の800発のミサイルのうち、130発は日本に向けてあり、

三十数発の遠距離ミサイルは米国・欧州・オーストラリアに向いている。



呂秀蓮は昨日公の場で初めて「中共の対外国配備ミサイル」の正確な数値を公開した。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-09-28 06:56:43
かといって中国なしでは日本はなりたたない。

中国さまさまだよ
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-09-28 22:10:30
森本さんはもう少し自分の論理を整理してから発言されたほうがいいと思います。



森本さんの主張だと「集団的自衛権に反対」なのか「軍備そのものに反対」なのかが良く判りません。



日本の問題は9条を厳密に適用すると自衛隊の存在自体が違憲になってしまうという事ではないでしょうか。正直なところ、私は9条を改正してもしなくてもどっちでもいいと思っていますが。



現実の問題として国防が否定されるわけもなく、イラクに派遣(派兵)出来ているのですから。結局は政治の意思や覚悟の問題になるので。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-09-28 23:07:45
>森本さんはもう少し自分の論理を整理してから発言されたほうがいいと思います。



貴方はもう少し森永さんについてよく調べてからご発言なさると良いと思います。



 
 
 
Unknown (オケラ)
2005-10-18 09:19:59
森永さん



昨日テレビで主張されていた金融資産課税について、もっと(諸外国の)事実紹介や分析、展開をしてください。

金持ちや大企業への適正課税の回復を主張する野党陣営さえも、キャピタルゲイン課税なんかは言っても「金融資産税」は主張していなかったようですし。



ただ、税率3%っていうのは金利動向などからみて、ちょっとムリじゃないですかね?

これ1本で30兆円も集めなくても良いんでは?
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
何気に政治が熱い? その4-1 (ダイ・グのGNO2戦記)
色々考えましたが、やはり本丸小泉自民党に切り込みますwなぜなら、やっぱり面白くないんですよ~負け犬造反議員をいじっても^^;特にダメダメなのは特定個人を言うつもりないが、未だに「自民党Love」って感じの議員さん。いや、主張されてる事は解りますよ、選挙結
 
 
 
何気に政治が熱い? その1 (ダイ・グのGNO2戦記)
無宗教でノンポリ、そして無党派層の私ですが、最近の日本の政治劇熱いな~と感じてしまう。 なんと言っても今回の衆院選、初めて投票しに行ってきました。自分でも驚いています。本人はそういった物には永遠に無縁だと思っていましたから。そのせいか、その後の展開につい
 
 
 
郵政民営化 (大風呂敷展)
『おじいちゃんが若かったころって郵便局ていうのがあったの?』 エツロ~おじいちゃ
 
 
 
おたもには名簿 (不思議な暮らし)
テレビ朝日さん、名古屋テレビさん テレビ東京さん、フジテレビさん お後よろしく。 写真は「おたもには原理主義者」の中核である、佐藤隆平君の長男、長女である。お父さんにそっくりなんですよ。 「おたもには原理主義者」の中核構成員の潜伏先がわかりましたの.
 
 
 
おたもには名簿 (不思議な暮らし)
テレビ朝日さん、名古屋テレビさん テレビ東京さん、フジテレビさん お後よろしく。 写真は「おたもには原理主義者」の中核である、佐藤隆平君の長男、長女である。お父さんにそっくりなんですよ。 「おたもには原理主義者」の中核構成員の潜伏先がわかりましたの.
 
 
 
近未来 日本? (「いい」加減でいこう)
    この結末に至るまでの・・・               ・                ・                 ・                  ・                   ・               ...
 
 
 
国の借金踏み倒し方 (「いい」加減でいこう)
 今日新聞の小さな囲み記事に「国の借金729兆円」と出ていた。特殊法人・地方の借金も含めれば1000兆円を超える。何なんだ!? この凄まじい金額は? もちろん先進諸国の中で世界最大の借金額である。この借金の多さを理由に過去に日本の国債の格付けが下げられ...
 
 
 
■森永卓郎 (あなたが探しているブログはここにあります)
■ブログ名 つながるモリタクBLOG ■ブログURL http://blog.goo.ne.jp/moritaku_goo ■コメント○トラックバック○
 
 
 
造反議員11月の党大会前に除名処分(武部幹事長) (ブログで情報収集!Blog-Headline)
「造反議員11月の党大会前に除名処分(武部幹事長)」に関連するブログ記事から興味...
 
 
 
優勝目前!!泣いてし舞うわぁ~(^-^;) (大風呂敷展)
すがるドラゴンズのおかげで甲子園での胴上げが微妙になったと思ったら その隙を突い
 
 
 
厚生年金保険料9月からひき上げ 月収36万円の人は650円 (365日のうた)
厚生年金保険料上げ 月収36万円の人は650円  サラリーマンが加入する厚生年金の保険料率が9月、 現行の13・934%(労使折半)から 14・288%(同)に引き上げられる。 10月に納める9月分の保険料から適用される。 昨年の年金改革で毎年0・354%ず
 
 
 
前原民主党はもはや野党でなく、自民党の一派閥かも!? (日本がアブナイ!)
 先月、民主党に関して、前原氏が代表就任したことに懸念を示す投稿をした。  前原氏がほとんど自民党と変わらぬ政策を志向している人物だからだ。(それは 今、投稿継続中の「新自由主義」路線であるわけだが。)前原氏が安保、憲法改正 などに積極的な立場であること
 
 
 
キャッシュは出来るだけ持たない (Cazperのつれづれ日記)
日本は最近景気が良くなってきたと言われています。そして、久々のベースアップも行われるといわれています。それじゃ、今後も景気の見通しは明るいのか?といわれるとそうでも無い気がします。(資産インフレによる...
 
 
 
改憲か護憲か? (日本国憲法2.0開発部 - 改憲か護憲か?)
 もし自民党の憲法案のとおりに改正されたら日本はどうなるでしょうか? ●改正された瞬間、陸海空の日本軍ができあがります。れっきとした軍隊です。 ●軍事費と皇室費が増えて、皆さんの払う所得税率や消費税率は高いものになります。今でも自衛隊費は年間5兆円(国家