野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

10月29日(火) 雨の日のお散歩

2019年10月29日 | 保育
今日は森のお散歩の日。
予報のとおりに、朝から雨。

朝の会でみんなのしたい事を聞いていくと、森の中をお散歩しながら屋根のある所に行きたい気持ちの子がチラホラ。
前回青かった柿が気になる食いしん坊も。

それでは、雨で身体が冷える前に早速出発〜!と、いきたいところが、この日は1日体験の大人が数名いたり、母子分離に涙している子もいたり、少し心が落ち着かない様子。

散歩の道には見通しの悪い道路も渡るので、気持ちが落ち着くまで朝の会の神社で少し過ごす事になりました。



いつもの神社。今日は雨。
雨の遊びが始まり、濡れているのを忘れて遊ぶたまご達。
坂道を使って水を流して、ダム遊び。石を集めて水をせきとめて水の流れの変化を楽しむ子。
柿の葉っぱに雨水を集めて、雨屋さん。




ダム遊びの途中、早く散歩に出発したい気持ちを思い出したもり組(年長)KタとKチ。
みんなにお散歩に出れるか聞きにいきました。
…と、思ったら、リレーが始まり盛り上がる。
また、「そうだ!」っと思い直して、はっぱ組さん(年少)の気持ちを聞きにいきました。
…と、思ったら、細い足場を使って、忍者の修行が始まり集中モード。




大人の「寒いしお散歩早く行こうよー」の言葉はゴクンと飲み込む。


いろんな遊びを全力でこなしながら、KタとKチの「お散歩に行きたい人はこの丸の中に!」の声で、11時ごろにみんなを集められました。

濡れて寒くなり着替えている子を、地面に描いた狭い円の中で待ちました。
「指スマしながら、待とう〜」と、小さな円の中でももり組さんの遊びが始まりました。
着替え終わって、みんなの出発の準備ができても、盛り上がってるもり組さん達。笑
円の中でもり組の遊びを見ながら待っていた、はっぱ組KウとKマに、「早く行きたいんだけど!」と言われていました。
この2人、朝の分離で泣いていた2人。
こんなに全体に声が出るんだね。なんかもう大丈夫だね。




朝の会からだいぶ経って、雨の中の散歩に出発しました。
雨で森の中は白っぽく、身体が寒い子も。
もり組のKルが寒いと言う子の手を握って歩いてくれました。





屋根の目的地までの道中、赤土を見つけて団子を作ったり、アケビを見つけたり、栗をみつけたり、子ども達のアンテナは雨でも変わらず。

見通しの悪い道路の横断の場所は、みんなで集まってから渡る約束をしました。
ロープを握る事になり、誰が先頭かで意見がぶつかる。
大人の「じゃぁ、どうする?」「じゃぁ、こうすれば?」の言葉が出そうになるのをゴクンと飲み込む。
結局子ども達が折り合いをつけて無事に横断できました。




屋根の広場には12時過ぎに到着。
お腹が空いた〜の気持ちは大人だけ。
すぐに砂遊びが始まる子達。
濡れた洋服がどうなろうと関係なしに楽しみます。
長い竹を使って、柿を器用にとる子達。
目標の数まで諦めません。






「早くお弁当食べよー」の大人の言葉は何度も飲み込み、結局お弁当が喉を通ったのは1時になりました。

雨の今日も盛り沢山な1日!
子ども達はどんな時でも楽しめちゃうね!


(年中長母 ゆう)


======================================

「森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     

HPはじめました! https://www.morinotamago.com/
コメント   この記事についてブログを書く
« 11月9日(土) 第9回 オンリー... | トップ | 10月30日(水)豊かな時間 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

保育」カテゴリの最新記事