森の里ホームズ

ホームページの運営にあたって思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糖尿病内服薬:一口メモ

2009-05-31 16:31:14 | Webmasterの独り言
糖尿病内服薬:一口メモ

をアップしました。

2型糖尿病では、経口血糖降下薬で血糖値を十分に下げることができます。しかし、1型糖尿病では効果がありません。経口血糖降下薬にはいくつかタイプがあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞どうしの結合:一口メモ

2009-05-31 09:35:17 | Webmasterの独り言
細胞どうしの結合:一口メモ

をアップしました。

単細胞生物を除いて、細胞は孤立して存在することはない。お隣同士仲よく接して組織を作り上げている。たとえば上皮細胞なら、ふつうは上皮組織の中で周囲と協調しつつ、上皮組織の一員としての働きをしている。
 このような場合、細胞どうしは特定の構造で結合しあっている。その構造には大きく分け て4つある。
  (1) 密着結合(tight junction)
  (2) 接着結合(adherence junction)
  (3) デスモゾーム結合(desmosome junction)とヘミデスモゾーム
  (4) ギャップ結合(gap junction)

である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油脂とロウ:一口メモ

2009-05-30 23:13:42 | Webmasterの独り言
油脂とロウ:一口メモ

をアップしました。

油脂は、脂肪酸とグリセリンから成る3価のエステルです。ロウは、高級脂肪酸と高級アルコールから成る1価のエステル。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボルシチ :一口メモ

2009-05-30 07:25:13 | Webmasterの独り言
ボルシチ :一口メモ

をアップしました。

ボルシチ(ウクライナ語:борщボールシュチュ)は、ウクライナ・ベラルーシの両民族の伝統的な料理である。また、中世後期・近代からは東欧・中欧(ロシア、ポーランド、ベラルーシ、カレリア、リトアニア、ラトビア、ルーマニア、モルドバ、アルバニアなど)諸民族の料理にもなった。現在は東ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、ギリシャ、イラン、北米の東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)の移民の多かった地域(ニューヨークなど)で世界三大スープとして好まれる、鮮やかな深紅色をした、ボリュームたっぷりの煮込みスープである。

ボルシチは、テーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、場合によっては牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作る。但し、スープの中身は決まっているわけではない。それ以外の具としてソーセージ、ハム、ベーコン、肉だんご、鶏肉などの肉類や魚のから揚げ、ズッキーニ、リンゴ、インゲンマメなどを使ったりもする。ボルシチの素材は地域によって異なり、特にウクライナでは地方ごとに十数種類以上のバリエーションがあるが、いずれもスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べることと、原料にテーブルビートを使用している点は共通している。ボルシチを特徴づける鮮やかな深紅色は、テーブルビートの色素によるものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚木市のおもちゃ屋、模型店:森の里ホームズ

2009-05-29 21:15:02 | Webmasterの独り言
厚木市のおもちゃ屋、模型店:森の里ホームズ

をアップしました。

ポストホビー 厚木店 中町1-5-10 046-297-7440 サティ8階

レインボー 酒井2087-10-2 046-229-4929

などのリンクを追加しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病の診断と治療:一口メモ

2009-05-28 22:26:13 | Webmasterの独り言
糖尿病の診断と治療:一口メモ

をアップしました。

高齢になると糖尿病になりやすいので、毎年定期的に血糖値を調べることは中高年にとって特に重要です。特に2型糖尿病では本人が糖尿病に気づきません。激しいのどの渇き、排尿、空腹感あるいは頻繁な感染症といった症状、あるいは糖尿病に関連する合併症の徴候がある場合は血糖値を測定します。


糖尿病の治療は食事療法、運動療法、患者本人への教育、そして多くの場合、薬物療法が行われます。糖尿病の人は血糖値を厳しくコントロールしていれば、合併症が起こりにくくなります。糖尿病治療の目標は、血糖値をできる限り正常範囲に維持することです。高血圧と高コレステロールの治療は糖尿病の合併症の治療にもなります。低用量のアスピリンを毎日服用することも役に立ちます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞膜と膜タンパク質:一口メモ

2009-05-28 22:23:59 | Webmasterの独り言
細胞膜と膜タンパク質:一口メモ

をアップしました。

 単純脂質である中性脂肪は、グリセロール(グリセリン)と脂肪酸のトリグリセリドだが、細胞膜を構成しているリン脂質は複合脂質で、グリセロールの3本目の水酸基は脂肪酸とではなく、リン酸とエステル結合をして、リン酸はさらに極性の高い分子(コリンなど)と結合する。
 したがって、この分子は、2本の疎水性の尾部(tail)と極性の高い頭部(head)を分子の中にあわせ持つ。脂肪酸分子中に1個の不飽和部があると、脚は二重結合のために、そこで折れ曲がるような形を取る。

 細胞膜は、このような分子が次の図のように配列してできているため、表面は親水性、内側は疎水性の性質を示す。このような膜を人工的にも作ることができる。
 膜として安定していられるのは、水の力によるところが大きい。水が、リン脂質分子のサンドイッチを離れないように押しつけているのである。
 細胞膜以外にも、小胞体の膜、ミトコンドリアの内膜、外膜、ゴルジ体の膜など、細胞内に見られる膜は、基本的にはこのような構造をしていると考えられていて、単位膜(unit membrane)と呼ばれている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芳香族アルデヒド・ケトン・カルボン酸:一口メモ

2009-05-27 22:00:53 | Webmasterの独り言
芳香族アルデヒド・ケトン・カルボン酸:一口メモ

をアップしました。

フェノール類よりもカルボン酸の方が酸としては強いことがポイントです。


■ 芳香族アルデヒドと芳香族ケトン
 C6H5-CHO ベンズアルデヒド → 還元性がある
 C6H5-COCH3 アセトフェノン → 還元性がない

         +O         +O
 C6H5-CH3 → C6H5-CHO → C6H5-COOH
         酸化剤        酸化剤
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォンデュ(fondue) :一口メモ

2009-05-27 21:59:25 | Webmasterの独り言
フォンデュ(fondue) :一口メモ

をアップしました。

フォンデュとは、スイス・サヴォワなどフランスの一部・イタリア北部のピエモンテとヴァッレ・ダオスタなど、フランス語圏を主とするアルプス地方とその周辺地域(一部はドイツ語圏・イタリア語圏)を発祥とする、チーズフォンデュなどの鍋料理や、それらに類似する料理の総称。

フォンデュ(fondue)の語源は、フランス語で「溶ける・溶かす」の意の動詞「fondre」の過去分詞「fondu」に由来する。フォンデュは女性名詞のため語末に「e」がついている。 フォンデュの種類には、チーズフォンデュのほか、オイルフォンデュなどがある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚木の釣具、アウトドア関連のお店 :森の里ホームズ

2009-05-26 21:42:59 | 厚木関連
厚木の釣具、アウトドア関連のお店 :森の里ホームズ

を更新しました。

F&Fつり友 旭町1丁目33-8 046-228-4661

キャスティング厚木プラザ 恩名1丁目20-22 046-295-5515

ワイルド・ワン 厚木店 林4丁目20-17 046-297-1177

イシケンスポーツ 中町3丁目12-7 046-221-4176

(株)フジノライン 緑ケ丘5丁目4-17 046-223-6875 釣り糸の製造・販売

などのリンクを追加しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加