morimamaハンドメイド倶楽部

コツコツ・チクチク何か作っています。

我が家の秋…様々

2014-10-27 09:56:16 | 日々のこと徒然に

先週土曜日の朝で一応のお泊り介護を終了しました。

姪っ子の口から

「おばちゃんに甘えて一か月見てもらったけど、そろそろ自分が頑張ろうかと思う」

との言葉が出ました。

よって、土曜日夜からは自宅のベッドで寝ることになりました。

よく眠れます。寝たら、「朝!」です。

 

夕焼雲が秋ですね。

我が家からの紅葉です。秋ですね。

夫が蒸かしておいてあった「芋」。干してみました。

美味しい「干し芋」出来るかな?

これも秋の恵みですね。

 

10月も今週でおしまい、早いな~

 

 

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

妹59歳誕生日のお祝い

2014-10-19 20:39:33 | 妹とともに

明日から雨の予報が出ていましたが、今日は良いお天気でした。

22日に59歳の誕生日を迎える妹と姪と夫と4人で焼肉屋さんに行ってきました。

生ビールで乾杯です。

ほんのり頬染めた妹は大満足してくれました。

 

先週の2泊3日のショートステイは「楽しかったよ」と言っていた妹

その晩は隣で寝ていたのですが、

午前3時半になって寝言が「ムニャムニャ…」聞こえてきました。

「あれ?今日はおしっこないの?」

「誰もいないと思って黙っていたんだ。」

「交換しよう。今日は一緒に寝ていたジャン」

「お母さん!私を一人にしないでね!」「どこにも行かないでね!」

「さみしかったの?」

「さみしかったけど、我慢していたんだ…」

話している妹も涙、私も涙

「こんな風になってお母さんやお姉ちゃんに迷惑かけてゴメンね。

でも、死んじゃった人ならともかく

私は生きているから責任もって生きなきゃいけないよね」

なお、涙にくれてしまう会話が続きました。

 

来月にはさらに長いショートステイをしてもらわねばなりません。

ケアマネさんは

「大丈夫ですよ。僕も毎朝夕顔を見に行っています。

予定通りお出かけ下さい。」と、言ってくれました。

 

めげそうになる気持ちに鞭を打ち、出かけましょう。

2週間あれば、妹も気持ちが落ち着くでしょう。

それを期待して…

 

今日はお酒も戴いたので、自宅に帰ってきました。

明日の朝は姪が一人で朝の準備をしなくてはなりません。

「それが本来の姿なんだから、任せておきなさい」と、夫。

周りの目には私は愛情過剰な姉であり、伯母なんでしょう。

少しずつ気持ちを強く持たないとね…

 

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

 

コメント

1泊2日の温泉旅行

2014-10-17 21:54:48 | 今日はお出かけ

妹が2度目のショートステイ

その間私たちも温泉旅行に出かけました。

行先は万座温泉「湯ノ花旅館」

 

志賀高原を経由していきます。

若いころからスキーに何度も出かけたところ

まだ時間があるからと、

20年ぶりくらいに訪ねた「地獄谷温泉」

 

ずーっと昔のコマーシャルで温泉に浸かっていた猿がここの子たちでした。

子ザルがいっぱいでした。

ここの名物ちまきは美味しかった。

昔も今も…

ここまで上がれば紅葉も見事でした。

木戸池の秋です。

「湯ノ花旅館」

すんごい歴史を感じさせる温泉宿でした。

夜の食事はほとんどが冷めてしまい、残念でしたが、

朝ご飯は美味しかったです。

 

いまだに噴煙を上げる「御嶽山」

ここもスキーで楽しませてもらった山でした。

自衛隊の車には何台もすれ違いました。

「道の駅」での消防関係の車は豊橋市でした。

 

昨日で年内の捜索を終えて

皆さんはまた地元に戻られる。

 

「お疲れ様でした。」

 

お土産を持って妹の家に来ています。

ショートステイは楽しかったようでした。

機嫌よく眠っています。

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

 

コメント

チョットお疲れの一週間でした。

2014-10-11 21:07:04 | 妹とともに

またもや台風が近づいて来てますね。

怪しげな夕焼けですが、とってもきれい!

今週も何とか過ぎようとしています。

座薬の刺激で便通がよくなった妹はほぼ毎日出るようになりました。

夜の「オシッコ」コールも1時間ごとの日もあり、

3時間も寝かせてくれる日もあります。

自宅に戻るとどんより疲れが出てきます。

今日は姪の仕事が休みなので、

車椅子に移し、妹の着換えをさせてから

朝食をパスして早めに帰宅しました。

久々に朝ご飯を夫とともにとることが出来ました。

 

来週は再度のショートステイがあります。

2泊3日ですが、いまだ妹には言ってありません。

(姪が話しているかも…)

 

私たちは温泉旅行を計画しました。

いつも気持ちよく送り出してくれる夫へのお礼です。

 

妹も機嫌よく、夫も機嫌よく過ごせる集でありますように。

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

またもや「救急車」のお世話になりました。

2014-10-07 13:22:44 | 妹とともに

あちらこちらで大きな被害を出した台風18号も太平洋沖へ

ここ春日井市は大きな被害もなく、

夕方にはこんなきれいな夕焼けを見せてくれました。

日付が4日から5日に替わる頃姪から電話

「お母さんが体位を変えてくれない」

「オシッコパットの交換ができない」

とのこと

「無理に動かさないで、変えられないならタオルで押さえたら…」とまた眠りへ。

 

朝になると今度はメールで

「お母さんが起きられないって言ってる。助けて!」

「んっ、何ですと!」と

朝食も食べないで妹宅へ

いつもは強気な姪がやけに言い訳がましい言葉を並べて言うことには

夜ベッドに移動して寝かせようと思ったところ、後ろに倒れてしまった。

自分まで引き込まれるような力だった。

その時から「腰が痛い」と言い出し、動けなくなった。

2週間前の第一腰椎骨折部を刺激したようです。

「寝かせ方が悪いから…」と、言った途端に

「私だって一生懸命やってる!!」と、

泣き出す始末。

「そうなのよね。みんな一生懸命なんだよね」

こちらでは姪が泣く。ベッドでは妹が泣く。

私も涙が止まらない…

 

その夜から妹のそばに布団を敷いて添い寝の再開です。

痛め止めの座薬を使用したところ、

あれだけ便秘で悩ませてくれたお尻が今度はスムーズすぎるほど。

夜中のパット交換をしなくていいように、昨夜は座薬はなしにしてみました。

夜中のパット交換地には悲鳴が出るほどの痛み様

4時前には本人が何をしなくても「痛いよ~痛いよ~」の」連呼

痛め止めの座薬を挿入し、時間を過ぎるのを待っていましたが、

姪の手を決して離さず、泣く始末。

他の病気も心配になり、救急車を要請、市民病院へ。

 

レントゲン写真には新しい骨折は見えず、痛みも治まってきていました。

看護士さんの手を借り車椅子への移動もできたので、帰宅することになりました。

ひょっとして、入院か(?)と思っていたところに拍子抜けするようなDrの言葉。

「手術の対象でなないので入院はできません」

 

いつもの介護タクシーに無理を言い早朝から迎えに来てもらい、自宅に帰りました。

陽が昇り、本人もすっかり痛みがなくなり、あとは眠いだけ。

「デイサービス行けますか?」「はい!」

お迎えのバスが来る前に「ウ〇チが出る~」とひと騒動。

それでも元気に出かけてくれました。

おかげで私も夫の待つ(?)自宅へと戻って参りました。

 

介護者が楽になることを考えてしまった結果でした。

 

まあ次から次へと色んなことが起こります。

明日はリハビリと診察

これから少し昼寝をさせてもらい、また出向くこととしましょう。

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

10月例会 鳴海~笠寺

2014-10-04 19:22:48 | ウォーキング

台風前の好天の今日、土曜日。

いつもなら第一日曜日の例会が開催されました。

名鉄電車内での愛らしい親子連れです。

席が空くまで私がお母さんの荷物を持ち、

お母さんが坊やをだっこしながら先頭の車窓から景色を見ていました。

この坊やのキラキラ目線がとっても可愛かったですよ。

鳴海駅で集合、出発。

今日のリーダーは「暴走老人」の異名を持つ強者でした。

とにかくスピードが速い。

そのスピードに皆さんが附いていくので、

私などはあっという間のアンカー集団に飲み込まれてしまいました。

最初の休憩地点は「天白川」近くの緑の清流苑」

ここは津波避難ビルです。

屋上はびっくりするくらい広い庭園になっていました。

更に、草地の中をガサゴソ進みます。

その結果、この有様です。ヒッツキ虫です。

ひどい人はズボンがすべてヒッツキ虫に覆われた方もいました。

踏切での待ち時間風景

ストレッチのようですが、ヒッツキ虫との格闘タイムとなりました。

本城町ではお祭りの準備で大忙しでした。

また、運動会のお供あちこちから聞こえてきました。

ショートコースは「笠寺公園」でゴール。13kmのウオークでした。

 

今日の夕焼けです。

台風の前触れでしょうか?

真っ赤っかでした。

 

ショートステイでの妹を仕事帰りの姪が訪ねたところ、

迎えに来たと思ったようで「帰ろう」攻撃がやまなかったとのこと。

病院に入院中は7時になるとさっさとベッドに行き、

「オヤスミナサイ」と帰してくれたのに

ショートステイではなかなか寝てくれなかったようです。

姪からSOSが入り、車で向かった途中で

またもや姪から「強引にベッドに入れたら、すぐに眠った。帰ります」。

私も途中でUターン。

翌日ケアマネさんからの連絡で

夜中の「オシッコ」コールでは必ず

「おばちゃん!おしっこ出ました!」と、言ってたようです。

それでも「帰りたい」コールがなかったので、

次回も予定通り2泊3日のステイを行うこととしました。

 

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

ショートステイデビュー

2014-10-01 14:59:28 | 妹とともに

妹は本日初めての「ショートステイ」です。

姪も午前休を使ったので、

今朝は三人で「デニーズ」に出かけ、モーニングサービスを食べてきました。

9時半にお迎えが来て緊張感満々で出かけました。

第二春緑苑で過ごします。

書類手続きが済み、持ち物チェックなどしてもらっている間お散歩です。

苑の敷地内にある「福福神社」で今夜が無事時に過ごせるようお祈りしました。

「お姉ちゃんはお仕事があるからね」と、11時前に見送ったあとは

「サティ、行こう!」攻撃が始まりました。

何度も何度も「今日はいけないよ。又次ね」と、かわすもとうとう根負け。

幸い近くに「スーパーナフコ」がありましたので、

昼食後、ほかの皆さんの食事が終わるまで車椅子散歩で出かけました。

『イチジク』や紙パックのコーヒーを求め、

ロビーで食べたところ、大方満足したようで

「おばちゃんはこれからお仕事だから、また明日ね」と言ったら

気持ちよく手を振ってくれました。

あとは職員さんにお任せし、帰宅しました。

今夜は2週間ぶりに自分のベッドで寝ます。

途中で「帰ります!!」コールがないことを祈りつつ…

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント