morimamaハンドメイド倶楽部

コツコツ・チクチク何か作っています。

編み物教室と歩きと家屋調査とお名前

2013-12-03 20:18:51 | 妹とともに

妹の退院が近づいて一段と慌ただしくなりました。

先週土曜日の編み物教室

RITU君のケープの残りで帽子を編みました。

 

ミモザガーデンさんの洋裁本{大人のためのチュニック&ブラウス」から

ウール地でロールカラーのベストを作ってみました。

ロールカラーの前後を逆にしました。

よく見るとポケットが段違い…

生地に小さな虫食いが…

「パジャマの上にでも羽織ってね」と

NANAちゃんにプレゼント

編み物教室も妹の退院で生活のリズムが変化するので、

そのリズムがつかめるまでお休みを戴きました。

 

そして、日曜日は「碧海・幡豆」の月例ウオークに参加、

新年から会員となります。

見~ちゃった!

昨日2日は妹の家の「家屋調査」日

病院の理学療法士・作業療法士・ケースワーカー

これからお世話になるケアマネージャー・デイサービススタッフ・介護用品業者

本人・娘・私と総勢10名が集まり、

車の乗り降り・玄関の出入り・トイレの出入り・階段の昇降・

ベッドからの立ち上がり・食卓やソファの使い具合などなど、

およそ2時間喧々諤々…

様々な人々が介護にかかわっている。

その人たちに支えられています。

とても有難いことだと思いました。

 

最後に今日の手作りは

デイサービスに持っていく室内履きの名前付けと靴袋作成。

袋口にボタンを付けるか?ひもで縛るか?

妹の手の力がどんなものか見てから決めます。

いらないかもね…

グレー(おっさんカラー)にピンクでお名前

ボタンを使用して、左右を確認!できるかしら?

昨日~明日の3日間は

御昼ご飯に合わせてインシュリン注射を打ちに行きます。

ずーっと目をそらせていましたが、

我が家に泊まることも多くなるので、いつかは私がやらなくっちゃね。

そんなこんなでバタバタした毎日です。

 

新聞だか週刊誌だったかに載っていた「親の介護で離婚」

夫の「俺と親とどちらをとるのか?」と迫られた結果だそうな。

とても他人ごとではない!

我が家の夫も「いつまで妹にべったりしているのか?」と問います。

そして、「まあ好きなようにすれば良いけど…」で終わります。

答えられない私は胸がぎゅーっと締め付けられます。

どう答えたらよいのでしょうか?

(私の手が要らなくなるまでよ…)

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二度目の「白内障」手術成功 | トップ | 妹が退院しました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

妹とともに」カテゴリの最新記事