morimamaハンドメイド倶楽部

コツコツ・チクチク何か作っています。

奥の細道~石川県を楽しんできました。

2012-10-10 10:31:51 | 平成・奥の細道

白山スーパー林道で見つけた大きな『アザミ』

沢山の滝の中でもっとも立派だった滝とブナ林

     

石川県側に降りた最初の蕎麦屋『山猫』 

自在鈎も猫です。

 

十割蕎麦は葉応えと喉越しが絶品でした。 

そして、カレー塩で食べる大きな舞茸のてんぷら…

奥に見えるビールのお供にピッタリとの夫の言葉

大きなダンプカーが出迎えた小松駅

歌舞伎『勧進帳』で有名な安宅関があります。

文字遊びが楽しい

 

 

三日目の夜は洗濯物を放り込んだまま、夕食へ。

奥津軽駅視察ウオークでコースリーダーを務められたmizuki氏と4人です。

立派な青森弁ですが、私は8~9割わかります。

鹿児島おごじょも6~7割わかったように会話が弾んでいます。

隣に座った夫が『半分わからん』と、しょげていました。

金沢駅前には石川県立音楽堂があります。

地下の交流ホールではアマチュア演奏家たちの演奏会

久しぶりに楽しいジャズを聞きました。

帰りは福井県立恐竜博物館

なんと、70歳以上は無料でした。

 

昨日帰宅して、

今日はHANA納品・月一の通院・切符手配…

明日からは日光・尾瀬の旅です。

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

平成・奥の細道大聖寺~あわら温泉

2012-10-08 15:29:26 | 平成・奥の細道

今日は最終日
大聖寺駅近くの九谷焼美術館前広場から出発。
隣の全昌寺
ここには珍しい「彩色五百羅漢」があります。石仏の羅漢さんしか見たことないので、品の良い仏様に見えました。
昼食場所では、500選のスタンプ待ちで大行列。
遅れ気味で皆さんの帰り時間も気になる。
午後からはピッチが上がります。
本当なら解散してから「芦原温泉」に入ろうと思っていましたが、駅から四キロも行かないと行けないらしい。
それならと、電車で金沢に戻る。
今回は先月と大違いでカラッとした天気。
木陰ではスーッと汗が引いてくれます。
残すはあと一年。
全行程完歩を目標に頑張りましょう。
コメント

平成・奥の細道小松~山中温泉

2012-10-07 18:39:13 | 平成・奥の細道

金沢駅からおよそ45分で集合場所の小松駅。
駅前にはびっくりするほどデカいダンプ車が!!
流石にコマツ製作所の町です。
市長さんのご挨拶には地元の「小松うどん」が今年全国一うまいと認定されたらしい。
街中歩けば、寿司屋にも「小松うどんあり」の貼り札がある。
今日はゴール地点が二つ。
那谷寺を拝観してから、最寄りの駅までの22キロと山中温泉までの31キロ。
それは何故か?
500選を絡めた欲張りコースを選択したため…と、隊長の説明があったが、良く解らん。私達は那谷寺からタクシーで山中温泉に先回り。
ゆっくり温泉を楽しみ、缶ビールで喉を潤し、皆さんをお待ちしていました。
今はまだ金沢行きの電車の中。
疲れました。
コメント

平成・奥の細道金沢~松任

2012-10-06 17:07:47 | 平成・奥の細道

金沢駅を背に南西に下がった、
きれいな用水路に沿って1.5キロ歩いた住宅地の中にある
玉川公園で集合。
今日の先頭は「加賀千代女」隊
ゴール地の松任は千代女さんの地元のようです。
さて、エイエイオーでスタートしてからは、
まるで、市中引き回しの刑を受けているが如く、
武家屋敷町並みから寺町辺り。
更に、にし茶屋街などクルクル。
まっ、距離も短いし、芭蕉さんの足跡が良く分かりました。
いつも大会初日には、俳句と短歌の表彰式があります。
我が隊から初の優秀賞受賞者が出ました。
「天高く 百万石の 黒瓦」
ゴール近くになり、
又も市中引き回しに合いながら本日終了。
洗濯機が停まるまでのこの時間
ウエルカムコーヒーを頂きながら、せっせとメール。
後は夕食までのんびりです。
さあ、そろそろ終わり。
後がつかえています。
本日終了。
コメント

白山スーパー林道

2012-10-05 21:48:51 | 平成・奥の細道

朝食が終わった途端、
夫が「今日は早めに出よう。紅葉が見られるかも…」
大まかな支度は出来ていたものの、大忙し。
荘川インターで降りて、交通量の少ない国道を白川郷まで行きます。
これは春のルートと同じ。
ここから白山スーパー林道に。
通行料は3150円と高い。
僅かに色づいた木々を眺め、様々な滝や遠くの白山を眺め、
のんびり走るにはいい道でした。
やはり今年の紅葉は遅れ気味のようです。
チェックインまでの時間は「21世紀美術館」
無料で観られるゾーンと有料ゾーンがあります。
有料ゾーンの展示物は難しかった。
何を表現したいのか?凡人夫婦は頭痛がするくらい。
「訳、解らん。」
無料ゾーンの市民ギャラリーの方が楽しかった。
ここ金沢は気温27度
歩くにはちょっと暑いですが、曇りがちらしい。
元気に歩きましょう。
コメント

ただいま、金沢より帰りました。

2012-09-18 18:27:07 | 平成・奥の細道

よりによって、日本中で一番暑いところを歩くことになろうとは…

初日出発式前はとても元気

「そっくりだな~」と、言われながらポーズ。ほんとだ!

同じく初日の檄を飛ばす夫です。

毎度恒例の

『蕪村隊の高齢者の皆さん!!無理をしないで歩こうぜ~』

鹿児島おごじょのお姉さんも『きれいな町並みね~』と喜んでくれました。

写真を撮る元気もここまで。

今朝の東横インは予想以上に後泊をしていた方々が多かった。

聞いてみると、

『昨日真っ直ぐ帰っても終電に間に合うかどうかだったから…』

と、群馬県の方。

私たちは近くなったけど、その分不便になった方もいるのね。

 

さて、薩摩おごじょのお姉さんは順調にご帰宅かと思いきや、

羽田空港が混んでいるからと飛行機がなかなか飛ばず、

乗り継ぎが間に合わなくて、結局東横イン羽田にお泊り。

今朝一番で鹿児島に戻り、そのままご出勤のようでした。

 

お疲れ様。又、来月ね。

今度は幾らなんでも涼しくなっているでしょうね?

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

平成・奥の細道津幡~金沢

2012-09-17 16:03:54 | 平成・奥の細道

昨夜の夕食は三人で割烹料理屋さんへ「治部煮」美味しかった。
一夜明け、今朝の天気予報
金沢が日本で二番目に暑い。
此処より暑い所は富山県
地元の人に尋ねたら、
台風は来ないが、
フエーン現象で暑くなることはよくあることらしい。

本日の計画はランチゾーンまで歩き、鹿児島おごじょとホテルに戻る。
シャワーを使って頂いてサッパリしてから、小松空港行きのバスに乗って頂く。
夫は勿論完歩
熱中症対策か?
出発してすぐからコース変更
午前のトイレ休憩時点で大量脱落者
更にコース変更
JR森本駅に向かっている。
あまりの暑さに私ばかりでなく、夫まで電車に乗ると言い出した。
歩く気力が途絶えたらしい
聞くと連日耳なりがあった様子
ランチゾーンで鹿児島おごじょと合流
午後の出発を見届けてから東金沢駅へ
僅か五分で金沢駅
隊長代理の夫はゴール地点へ向かいました。東茶屋町やら主計茶屋町やらをグルグル廻ってゴール
石川県協会が是非見てほしいとの事で強行されたようです。
しかし、連日35度を超える暑さにはそれなりの臨機応変さが欲しかった。
コメント

平成・奥の細道石動~津幡

2012-09-16 17:05:03 | 平成・奥の細道

小矢部市役所から歩き始めて間もなく、北陸街道。
3キロ先のトイレ休憩を前に「お腹が…」
途中のガソリンスタンドに飛び込む事に、
冷たいものの取り過ぎが祟ったか?
今日は全コース歩きたいと思っていたので、頑張りましたが、今日も暑かった。
洗濯も終わり、今夜は鹿児島おごじょとご飯を共に。
きっとビールが美味しく飲めるでしょう。
倶梨伽羅峠の看板には火牛を500頭放したと書いてありましたが、流石にそれには無理がありそう。
コメント

平成・奥の細道高岡~石動

2012-09-15 18:03:11 | 平成・奥の細道


4月にゴールした高岡駅前に集合
此処はドラえもんの作者藤子F不二雄のふるさとでした。
高岡市内の蔵の町や千本格子の町並みを楽しみながら歩く。
昨日「せっかくウォーク」に参加した方々は「何だ、同じ道じゃないか!」と、ショートカットして先で合流。
10時頃からカンカン照りとなり、
昼食後の隊長ミーティングで無理をせず、電車に乗ってほしいと指示がでた。
かなりの人が体調を崩したようだ。
実は、私も午前中に躓き、転んだ。
幸いにも擦りむいた程度の傷ではあったが、蜂に刺されたようにパンパンの腫れている。
なので、ここは無理をせず、電車組。
昼食も食欲が無く、二人で一人前が食べられない。
ゴール地は石動(いするぎ)
明日は倶梨伽羅峠越
ここは約800年前、
木曽義仲が平家と対戦した際、
牛の角にたいまつをつけて平家軍に放つ、
「火牛の計」作戦をとった所。
さて、どうなることやら…
コメント

金沢着が早すぎて…

2012-09-14 16:22:07 | 平成・奥の細道

10時過ぎに我が家を出たのに4時間掛からずに金沢に着きそう。
手前の内灘町に版画美術館がありそう。
役場で道を教えて貰い、尋ねて見ました。
ルオーや藤田嗣治、長谷川潔などどこかで聞いたことのある名前の方々の作品が展示されていました。
オーナーが30年掛けて収集したもの。
最近は宣伝もしていないので、見に来る人もすっかり少なくなったようです。
お陰で、チェックインまでの時間を有効に楽しむ事が出来ました。
鹿児島おごじょのMさんはつい先ほどまで仕事をされ、
金沢のホテルに着くのが、今夜10時過ぎとの事。
今日の気温も33℃オーバーです。
明日からの事を思うとゾッとしますが、熱中症にだけは気をつけて歩きましょう。
コメント

GW谷間に矢橋ボタン園から犬山城

2012-05-03 10:40:07 | 平成・奥の細道

牡丹の花が見たくなり、GW真ん中の平日大垣まで出かけてきました。

昨年は大垣駅で集合して、歩いていきましたね。

門を潜ったすぐの緑。最高の美しさ。

 

ここ最近夏日が続いたりして、花が終わったかと心配していましたが、

  

見事に咲いていましたよ。

 

雨にぬれて向こう側が透けて見えるような白

黄色はまだこれから咲きそうです。

藁のコモを被った『寒牡丹』しか見たことがなかったとのお二人

とても満足していただけたようでした。

観光バスでこられた団体さんが大勢押しかけて混雑して来ました。

 

ランチは犬山城城下町のカフェで頂きました。

いわしの煮付け・キャベツサラダ・ほうれん草ピーナッツ和え

ひじきの煮付け・とろろこぶのお吸い物・草もちがついて1200円

最後は高蔵寺に戻り、コメダでお喋りタイム

たっぷり一日遊んできました。

 

そして、今朝。

南から届いた春の恵みをご馳走になり、

『俺もワラビ狩りに行きたい!!』と、2度目のワラビ狩り

実は先週も出かけ採って来たのですが、『あく抜き』を失敗

手で持つだけでクタクタ。今日はリベンジです。

重曹は控えめにして、硬かったら、ゆでればよい

手前のワラビ。なんと北海道並の大きさです。

上の束と鍋の中のものと太さが違います。

とても満足な早朝ドライブでした。

 

夕飯には美味しい蕨のおひたしが食べられますように。

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

奥の細道~富山県を楽しんできました。

2012-04-25 07:56:22 | 平成・奥の細道

 『平成・奥の細道』も来年でゴールとなります。

これまでは割りとゆっくりペースで一年かけて一県を歩いてきましたが、

今年からは一ヶ月一県のスピードになってきました。

昨年10月は泊まで来ました。4月は富山県黒部市から。

 

富山県までは我が家から260キロ。

高速だけで行けば、およそ4時間で到着します。

なので、あく抜き処理した『春の恵み』を冷蔵庫に保管

9時出発と、これまでにないのんびりした時間に出ることができました。

ひるがの高原から見た大日岳・大きなスキー場となっています。

     

荘川桜はまだまだ蕾が固かったけど、さすが立派な樹でした。

白川郷では『お手持ちのカメラでお撮りしますよ。』の声にお願いしたら、

『こちらのカメラでも撮らせて下さいね。』と、まずは、一眼レフで一枚。

それから我が家のカメラで一枚。

お礼を言っている間に、プロの写真が完成。

台紙付で1300円・写真だけでは1000円

夫の一言で1000円の写真お買い上げ

そう言えば、昔から夫は記念写真が好きでした。

富山駅前には昔ながらの『薬売り』

小さな頃、紙風船がうれしかった思い出がよみがえりました。

海王丸は帆を張る予定でしたが、強風のため中止となりました。

高岡大仏…銅鋳物鋳造の町のシンボルです。

 

ゴール後9月の再会をお約束して、皆さんとお別れ。

翌日は観光しながらの帰宅日。

 

高岡市の瑞龍寺は加賀藩前田家の菩提寺

本堂をはさんでシンメトリーになっています。

回廊式で雨でも気になりません。

何年物でしょう…よく叩き込まれていますね。

出発の日には咲いていなかった山の桜も帰宅日には見頃となっていました。

砺波のチューリップも GWを待ち兼ねているように咲き誇っていました。

 

さて、今日は大塚屋へお買い物に参ります。 

夫の雨用オーバーズボンのオープンファスナーが 壊れました。

『乱暴に扱うからよ。』と妻が申せば、『つくりが雑なんだ。』と夫

このねたで丸一日二人とも不機嫌な日が …

頑固爺には疲れます。    

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございました。

 

コメント

奥の細道~三日目

2012-04-22 09:38:43 | 平成・奥の細道

いよいよ最終日
射水市までバス移動
海洋丸パークから高岡市まで14キロ。
雨はまだですが、ゴール地では降っているらしい。
飛ばすらしい。
昼食もゴール後らしい。
早く出発したいがまだまだ全員揃わず。
なんてことでしょう。
コメント

奥の細道~前泊

2012-04-20 19:40:51 | 平成・奥の細道

中部地方で太平洋側は雨の予報が出ていました。
ここ富山県は曇りがちではありましたが、なんとか雨は免れました。
湧水の町黒部市からホタルイカの町滑川市まで
集合場所が駅から2キロ
それもプラスして22キロ。
とてもゆっくり歩いても予定より一時間程早く到着。
ランチゾーンは蜃気楼の町魚津
海鮮汁付きオニギリ2個とお茶一本で700円は高かった。
35日で四国一周を遂げたカワシマ氏は5キロ減量との事。
スッキリされていました。
明日は滑川市から富山市までの22キロ
また、頑張って歩きましょう。
写真は歩くママさんのサポートをパパさんとしているワンチャンです。
疲れた皆さんを癒やしてくれるています。
昔、この地で起きた「米騒動」の看板に釘付けの参加者達。
「米をよこせ!」と漁師の女房達が銀行の藏にある北海道行きの米を差し止めた。
これを発端として、全国に広がり、時の内閣を倒した…と、書かれていました。
女は強い!
コメント

奥の細道~前泊

2012-04-20 08:47:51 | 平成・奥の細道
富山まで260キロ
荘川桜を見たくて東海北陸道を途中下車。
蕾はカチンコチンと固く、開花はまだまだ先のようです。
白川郷展望台でお昼。ナビで富山駅をセットしたらたいした距離ではないため、そのまま国道を進み「風の盆八尾」に立ち寄りました。
すぐ近くに温泉を見つけ入浴。
のんびりドライブの1日でした。
コメント