森ぶらりん

森・山・川をぶらぶらしながら
外遊びを楽しんでいます

シマエナガ

2019年03月19日 | 

 

 

 

ジュルル ジュルル と 優しい声

シマエナガです

 

 

あれ? 上を向いちゃった・・・

お腹だけ写る

ま、お腹もかわいいんですけど

 

 

 

 

あれれ? ぴょんと回れ右・・・

今度は背中だけ

ま、ピンクのショールがおしゃれなんですけど

 

 

 

 

ようやく顔が写る 

めんこいね~

ま、背景が金網なんですけど

 

 

 

 

いや~もう~なに~ このかわいさ💕

ま、全身は写ってないんですけど・・・

 

 

 

て訳で、永遠に上手く撮れないシマエナガなのでした

 

 

次、頼むわ!!!

 

 

 

 

 

コメント

春が咲いた🌺

2019年03月18日 | 札幌近郊

 

 

もう咲いたらしいと聞いたので、行ってきました。

 

フクジュソウ

太陽みたいに輝いています。

やっと花の季節になりましたね~

 

 

実は前日に淡雪が降ったので

雪の下から顔を出すフクジュソウ、みたいなのを期待してました。

しかーし、淡雪はすっかり溶けきっていました。

これはおそらく誰かがかけた雪。

遠慮無く利用させていただきます(笑)・・・これってフェイクね!

 

 

ミズバショウの沼はこんな感じ。

一斉にヨーイドン!ってところ。まだまだです。

 

 

 

今年は積雪が少なかったためか、葉先の霜による痛みが目立ちます。

 

 

 

流れの中には、バイカモが成長を始め・・・

 

 

 

ナニワズが一輪

 

 

 

 

 

コメント

タンチョウ

2019年03月17日 | 

 

 

 

念願かなって・・・

 

 

タンチョウに会えました!

 

 

道東じゃなくて石狩平野です。

自然飛来した両親から生まれた、越冬2回目の個体らしい。

デコイなどを使って導入したのではなく、餌やりで定着させたわけでもない。

このまま分布域が自然に拡大していくといいですね。

 

 

 

 

 

コメント

カワセミ

2019年03月16日 | 

 

 

 

先月、河津桜を見に行ったときのことです。

ここの桜は河津川の堤防沿いに並木があるんです。

 

 

 

桜を愛でていると、視界の端に青くきらりと光るものあり。

 

 

 

あ!カワセミだ!

ここで出会えるとは、ラッキー☆

ちと遠いけれど、まあ良しとしよう。

 

 

きれいな鳥だなあ~。

さすが、水辺の宝石って呼ばれるだけあるね。

 

 

 

小さな流れ込みで魚をねらってました。

飛び込んだ!

(もっと近くで連写したかった)

 

 

 

狩り成功!

岩に魚をたたきつけて(骨を砕くらしい)、飲み込みました。

定番の食べ方ですね。

(カワセミが獲物を叩きつけないで飲み込むことって、あるのかな?)

 

 

ちょうどそのとき、向こう側にキセキレイが飛んできました。

両者、にらみあい~。ってほどでもないけど、互いに気にしてます。

青い鳥と黄の鳥。ほんと、きれい✨

良いシーンをありがとう!

 

 

さて、さくら、さくら、桜を見に来たのよ。

 

そのとき、・・・ホ~ ホケ・・・

 

ホケキョ、ピルルルル・・・・・・

 

 

今度はウグイス!

 

桜見物は遅々として進まないのでした(笑)

 

 

 

 

 

コメント

エゾモモンガ 語源

2019年03月13日 | エゾモモンガ

 

 

 

 やっぱり仲良しのももちゃん達

 

 

 

でも時には・・・

 

これはオス いじけてます。

なぜかというと、めすに迫られすぎて疲れちゃったから(笑)

 

 

 

ところで、モモンガってそもそも何語?日本語なら由来や語源は何???

 

調べた

平安時代くらいまでは、ムササビと区別されてなかった。

平安時代くらいから区別されて「モミ」と呼ばれるようになった。

それが「モモ」になり、そこに鳴き声の「ぐぁ」がくっついて

モモングァになった、とのこと。

ってことはモモンガって日本語らしくない語感だけど、日本語なのねー。

それじゃ、「モミ」っていったい何??

調べた

 

毛並みが美しい動物なので「毛美」(モゥミ)なんだって。

 

なるほどねー。しっぽなんてふっさふさだしね~。

 

 

 

 

 

コメント (4)