行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2019年9月9日(月)の日記

2019年09月09日 | 日記

台風15号が行徳のあたりに最接近するのは午前2時から3時ぐらいかと思っていた。ところが実際は午前5時あたりから6時をしばらくすぎるぐらいがピークで、外から強い風雨の音が聞こえた。

午前5時過ぎに緊急速報メールで、市川市からのものが2つ来る。いずれも北部の中小河川が氾濫危険水位を超えたことによる避難勧告。一つは国分川、もうひとつは大柏川。行徳地域に関するものは今回は特に来なかった。台風のピークを過ぎたあと、午前8時15分頃に2つのメールに対する避難勧告解除のメールも来た。

平日はいつも午前6時過ぎには布団から出るが、今日はいずれにせよ東西線の地上区間は止まっているだろうし、テレビをつけっぱなしにしてもう3,40分布団に中にいてから起きる。

平日の朝飯は前の晩にコンビニで買っておいたおにぎり2個。今日も同じように食べて、テレビやスマホで交通の状況を見つつ東西線が動きだすのを待つ。

東西線地上区間は午前9時35分に動き始めた。こういう情報は東西線運行情報の公式Twitterが一番早くて確実で信頼できそうだ。スマホに東京メトロ公式アプリもインストールしているが、Twitterやテレビの情報では地上区間が止まっているはずなのに、一時、平常運転などと出てきたりした。いったい、どういう手順で情報更新をしているのかは知らないが、ミスでもこんな情報を出したりすると信頼感がなくなる。

行徳駅への道は、やはり嵐で荒れたあと。いろんなものが散らかっていた。

東西線は再開直後なら3本か4本待たないと乗れないのではと思ったが、1本見送ったら乗ることができた。もちろん、進むにつれどんどん乗ってきてぎゅうぎゅう詰めになる。行徳駅まで行くときは曇りだったが、都内の会社最寄り駅を降りると青空が見え、しかも日差しが強烈だった。

東京圏の電車は再開が遅れた路線がかなり多かったようで、会社もいつもより人が少なめ。午後から出社する人、電車に乗れなくて結局、今日は休みになってしまった人もけっこういた。

ネットのニュースを見ると、房総半島は君津で送電線の鉄塔が倒れたり、館山では電柱がなぎ倒されたりで、かなり広い範囲で停電しているようだ。鉄道の再開も遅れている。北半球の台風は進行方向の右側が強風になるとのこと。船橋から千葉にかけてのあたりに上陸したらしいから、行徳にしても市川市にしても微妙なところで左側になったことが、東西線の早期再開で助けになったのかもしれない。地上区間といっても何十キロある路線ではないから、安全確認が早く終わったということもあるだろう。

 

帰りの時間はまたも湿度が高い。明日も高温多湿が続くようだから、熱中症など身体には注意が必要。

 

今日の晩飯はやよい軒肉野菜炒め定食

この記事についてブログを書く
« 2019年9月8日(日)の日記 | トップ | 2019年9月11日(水)... »