行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2021年2月21日(日)の日記

2021年02月21日 | 日記

行徳駅南口側で一昨年夏から秋にかけて木造平屋の店舗用建物が取り壊され、新しいビルの建設が始まったが、前に見た建設工事のお知らせによると今日2月21日が完了予定日だった。駅前へ飯を食べに行ったときなどに見ると、特に遅れはなく工事は終わった模様。それで、駅前の風景が大きく変わったわけで、行徳雑学館のトップページレポートにしようと写しに行く。

昼飯時は駅前広場のほうから写すとまともに逆光になるので、朝の8時台に行く。

こちらは商店街のほうから見たビル。向こう側が行徳駅になる。

そして駅前広場のほうからビル全景。

千葉銀行側から。朝はこちらから写すと逆光になるが、まだ太陽は高い位置まで昇っていない時間だから、写真で右側のビルにうまく隠れた。

 

せっかく駅前へ来たのだし、モーニングメニューをやっている店で食べて行こうと高架下のマルエツ向かいにある珈琲館へ。この珈琲館はかなり前からある。自分が行徳地域に住み始めたのは1989年だが、そのときにもうあったかもしれない。このブログの過去分を検索しても行徳駅前の珈琲館は出てこないし、ブログを書くようになる以前に入ったことがあるかどうかは思い出せない。なのでおそらく初めてだろう。

モーニングメニューからトースト&スクランブル。コーヒーは珈琲館ブレンド

 

昼飯のときは運動がてらふたたび行徳駅前へ。

南口側の商店街。向こうに見える茶色の背の高いビルが、朝写した駅前の新しいビル。

外はポカポカ陽気だったが、室温はすぐには追随しないので暖房はいらなかったが暖かさは今ひとつな感じだった。

昼飯は行徳駅高架脇のやしま春菊天そば

駅の改札側と行徳駅前通りをはさんだ反対側の区画(「メトロセンターニュー行徳」という名前はあるが余り浸透していないようだ)は、ヘアサロンが移転して空きになった区画に中華チェーンの日高屋ができるというのを、しばらく前にネットの情報で見た。その日高屋のオープン準備が進んでいて、今日見ると店名の大きな看板が出ていた。内装も進んでいるようだ。

オープン予定は3月4日(木)とのこと。

 

朝に写した南口側の新しいビルの写真で行徳雑学館のトップページレポートを作り、夕方にUPする。

晩飯は松屋行徳南店ネギ塩豚肩ロース丼

この記事についてブログを書く
« 2021年2月20日(土)... | トップ | 2021年2月22日(月)... »