行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2018年7月12日(木)の日記

2018年07月12日 | 日記

朝、テレビを付けたらお天気コーナーの都内からの生中継では本降りだった。それで、大きい傘を持って玄関を出たが、雨は止んで日が差してきている。大きい傘を持って歩いているのは格好悪いように思えたが、都内はまだ降るかもしれないのでそのまま駅へ向かう。一度、家に入って折りたたみ傘を出すには、時間に余裕がなかったこともあるが。

帰りの時間は神奈川県で強い雨が降り、小田急線がダイヤ乱れで直通している東京メトロの千代田線に影響が出たようだ。でも、東西線は特に問題なかった。

 

晩飯はすき家牛丼並おしんこセット(みそ汁・おしんこ)

 

帰りは早めだったので、一度家へ帰ってからあらためて出かけ、ジャズライブのHot Houseへ行く。

5月末に臨時休業に入ってから約6週間ぶりの再開。でも、今日復帰予定だったピアノの松井節子さんは登場できなくなってしまった。店のママさんのブログで状況は毎日見ていたが、今日の昼休みに見たときは驚いた。

松井節子さんは5月末に肺炎で入院し、2週間程度入院が必要となった。ところが、その前から腰が妙に痛いのでレントゲン検査をやってもらったところ、圧迫骨折していることが判明。それで入院が約6週間まで延びた。

高齢になるほど骨が脆くなるし、女性のほうが脆くなる程度が大きいのでそうしたことが起こりやすいということ。

それで、今週の火曜日にようやく退院して、今日から復帰の予定だったが、昨日の午後に転倒してしまい脚を骨折して、また入院となってしまったということだ。

でも、店を開けることを予定していたので今日からHot Houseは再開となった。

久しぶりにこの店で瓶ビール。

松井さんが出演できなくなったので、急遽、代わりのピアニストを頼んだということ。ピアノは吉田桂一さん。そして、ベースは佐々木悌二さん。佐々木悌二さんは元々の予定通り。

 

以前はHot Houseによく出演していたベースの松岡俊輔君は、数年前に大阪に活動拠点を移したということで、Hot Houseへの登場はなくなっていた。ところが、ここ数ヶ月前に再び活動拠点を東京へ戻したとのこと。Hot Houseへは今のところ(他の仕事がないときに)”遊びに来る”だけだが、自分はまだ遭遇していなかった。

今日も松岡俊輔君が遊びに来ていたので久方ぶりの再開。今日はジャムセッションの日なので、2回目のステージでベースでの演奏は行ったが、写すと他のジャムセッションのアマチュアのプレイヤーが写り込んでしまう。それで、演奏が終わったあとに1枚写させてもらった。

今後も演奏を聴く機会はあるだろう。

ビールのあとはジャックダニエルの水割り。これも久しぶり。

明日もまだ仕事なので、今日は9時からの2回目のステージが終わったあとで帰ったが、やはり久々の店の再開ということが意識のどこかにあったかのか、どうも飲むペースが速くなった。

水割りのあとにグラスワインの赤を1杯飲む。

久しぶりに見る、カウンターの中の棚。

ジャムセッションの日だったが、店の再開の日であったためだろう、自分も含めて特にジャムセッションに参加するわけではないが、常連さんが多く来店。ジャムセッションに参加する人は最初のステージのときには1人だけだったが、2回目のステージ前にはどどっと現れた。やはり再開を待っていた人は多かったようだ。

松井さんは早く元の生活に戻りたいという気持ちがあったのかもしれない。でも予想外に長かった入院で足腰が弱っているのだから、急がず焦らず、一つ一つの行動を慎重に行うようにして確実に復帰できる状態になってほしいと思う。それまでこちらも焦らず待つことにする。