行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2017年4月27日(木)の日記

2017年04月27日 | 日記

夜中からの雨が出勤時間には止んでいることを期待した。だけど、そうはならなかったので傘を差して駅へ向かう。勤務先への最寄り駅を降りたときはもう止んでいた。

こういう日は傘を置き忘れやすいが、昼間、一旦は日が差した空が夕方頃には再び不安定な感じになってきたおかげで、忘れずにすんだ。

 

今日はダンベルをやるつもりなので、晩飯はしっかりと食べることができるものにする。

思いついたのが行徳駅を降りてバイパス沿いにあるどさん子娘。この2月上旬に、1999年以来、約18年ぶりに行った。

2月には味噌チャーシューメンを食べた。1999年に食べたボリュームいっぱいのをもう1回食べてみようと思ったからだ。そして、もう1品、1999年に1度だけ食べたのでこちらも、もう1回食べてみたいと思っていのたが肉味噌ラーメン

2月に来たときはL字型カウンターの短いほうに座った。すぐそばの壁に貼ってあるお品書きに、肉味噌ラーメンがあった。

今日はL字型カウンターは短い方は満席だったが、長い方が空いていたのでそちらに座る。そして、上のお品書きを見るが、肉味噌ラーメンがない。

しょうがないので店の人に、「肉味噌ラーメンってありましたよね?」と聞くと、あるということなので注文。

これが肉味噌ラーメン(900円)。

焼肉定食で出てきそうな肉を、ラーメンの具として乗っけたという感じ。しかも、そこらの焼肉定食よりも肉の量が多い。前回食べた味噌チャーシューメンに勝るとも劣らないボリューム。

前にこれを食べた1999年は30代の終わり頃。そして今は50代後半。もう1度食べてみたいと思ったら早めに食べておいたほうがいいと思ったことも、今日、この店に来た理由。さらに年齢が上がれば、あまりのボリュームに食べきれないようになるだろうから、そうなる前に食べておこうと考えた。

今回は一応、食べきったとはいえ、前の味噌チャーシューメンのときと同じく、ちょっときついと感じた。

こちらは座った席の脇に他のお客さんがいなかったので写した壁のお品書き。

変色した紙が、いかにも長く続いている店らしい感じ。そして、ラーメンだけでなく酒のつまみになりそうな品が多いところが大衆酒場の雰囲気。

 

それで、ダンベルのほうは下半身メニューをやる。