行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2012年2月19日(日)の日記

2012年02月19日 | 日記

布団から出たのは午前9時をしばらく過ぎた頃で、朝飯も遅くなったから、昼飯はコンビニで買った小さめの弁当にしておく。

午後にスーパーへ買い物に行ったら、晴れて風も穏やかで昨日とはずいぶん違った気候だった。

ここのところ、ケーブルテレビ経由CSやBSで録画した映画を見るのに休日の時間を使うことが多かったが、今日はそれも休みにして、CDで音楽を聞いたり、買ったままだった雑誌類に目を通したりする。いつも同じような休日の過ごし方だと、却って疲れてくる。

大河ドラマの「平清盛」は今のところ、見続けている。今日は午後8時からの分ではなく、ケーブルテレビ経由NHK-BSでやっている午後6時からの放映を見る。

そのあと、晩飯は中華の龍公亭へ。

自分が入ったのは午後7時ごろだったが、そのときはテーブル席は埋まっていて、3席だけのカウンター席が空いていたから、そちらに座る。今日は食事だけでなく、一杯やりながらいろいろと食べてみたいと思って来た。
飲むほうはまず、瓶ビール(中瓶)。

明治時代からやっていた中華料理店の暖簾分けの店ということもあり、一品料理のメニューもいろいろとある。そして量の少ない「半品」のもあるから、1人でも注文しやすい。

まずはくらげ(半品)

えび蒸しギョーザ

このえび蒸しギョーザを見たら、まだ他のも食べたくなった。アルコール類は店内のケースを見ると紹興酒の小瓶があった。

で、紹興酒の小瓶を1本、燗にしてもらう。食べるほうは鴨肉の燻製

締めは五目うま煮定食

五目うま煮は、これまで食べたことのある炒めものなどと同じく、あんかけふうだった。

食べ終えたら、この店の閉店時間の午後8時半近い頃だった。これだけの飲み食いで、3,700円弱だった。

予報によると今週は寒さも徐々に和らいでくるみたいだ。