こあら日記

トーレスに夢中♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旅行記その7 NY編

2016年05月15日 | 旅行
ブロードウェイの舞台「ウィキッド」の話を。

ちなみにチケットは既に日本で購入済み(代理店の方に購入してもらいました)。
でもオーケストラ席で2万円したのでこの記事を観た方で安く購入する方法ありましたら是非教えていただきたいです。^^;

でもこの演目で当日券は取れないと思います。そのくらい人気あります。ここはタイムズスクエアにある当日券販売所です。念のため。
私がちらっと確認したところでは、ロングランならなんとか安く買えそうです。でも今回の滞在ではこれ以上の鑑賞は難しかったのでまたの機会に。


ウィキッドを上演しているガーシュウィン劇場は、入り口ではセキュリティチェック(結構ボディチェック厳しい)
観光客も多いのでささっと入口を抜けて階段を登ると、お土産ショップや軽い軽食が買える店とかがありました。


ここで実はウィキッドの飲み物をオーダーすればオリジナルのマグがもらえたはずなのにいろいろとうまくいかず購入できず。
う~んうまく行かないのが旅といえばそうだけども。


席につくとこんな感じで。この豪華な舞台セットにまず圧倒されます。
日本なら多目的ホールとして設計されているからウィキッドの為だけのオリジナル舞台はまずお目にはかかれないのでこれは貴重かも。
開演前からワクワクしますね。^^


ウィキッドのあらすじは簡単に言えば、オズの魔法使いのプロローグ的な物語で悪い魔女と良い魔女の厚い友情物語って所でしょうか。
詳細はここを見ると書いてあるのでリンク張っておきます。→ウィキッドあらすじ

ここでウィキッドを鑑賞するきっかけをお話すると、ちょうど昨年あの「アナと雪の女王」の英語バージョンで「Let It Go」を歌った
ブロードウェイ女優のイディナ・メンゼルを紅白歌合戦で観て歌唱力に圧倒されファンになり、彼女の出演映画や歌などをチェックしていたのですが
幸いにもアナ雪の歌を引っ提げて日本武道館でコンサートをしてくれたんです。そのとき私生歌を聞く機会があっていたく感動していた
のですが、ナンバーの中に何曲かこの「ウィキッド」のナンバーも歌ってくれたんですよ。
でもその時は良い曲だな~と思っていても舞台を見たことがないし?だったのです。イディナ・メンゼルはこのウィキッドの初演でエルファバ
を務めてトニー賞を獲得した経緯があるそうなので多分この演目は良いに違いないと確信したんです。

その数か月後にニューヨークに行こう!ってなったのは少なからずこの影響もあったと思います。あまり舞台を見ない私だけど
ブロードウェイに行く機会があればウィキッドだとね。

ロングランなのでエルファバ役は現在イディナ・メンゼルではなかったですが、この日はChristine Dwyerという女優さんが演じていました。
見た目も歌唱力も全く謙遜なくてとても素敵な女優さんでした。イディナにそっくりでちょっとびっくりです。

グリンダ役はCarrie St. Louisという女優さんでした。とってもチャーミングでコミカルでアドリブ多数。この女優さんはお客様を楽しませる
センスが抜群で、実はエルファバ目的で観ていたはずですが、終わった頃にはグリンダのファンになってしまうという。
もちろんこのお二人が主役で話が進むのですが、舞台セットさながらの豪華な衣装とディズニーばりのファンタジーな雰囲気が現実逃避させて
くれてとても感動しました。観客に子供が多かったのも納得で、家族で見れる演目です。

ブロードウェイっていくつの劇場をはしごしてしまいたいくらいだけどどうしても一つ選ぶとしたらあまり良くわからなくても「ウィキッド」
は期待を裏切らないんじゃないかな~と思います。

劇場を出る頃には真っ暗だったけど。ニューヨークの街はここからが本番と言わんばかりにネオンも素敵な光景です。

タイムズスクエア周辺


ロックフェラーセンター前


シカゴのアンバサダー劇場(ホテルへの帰路の途中で見つけました。本当は行きたかった~!!)


実はこの日は、朝はまだカナダのトロントにいたのだから本当にハードスケジュールだったけど密度の濃い一日を過ごしました。
楽しかったなあ。^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 旅行記その6 NY編 | トップ | 旅行記その8 NY編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事