里の家ファーム

すべて無農薬・無化学肥料、不耕起栽培の甘いミニトマトがメインです。完熟したミニトマトから作る無添加ジュースは逸品です。

年のはじめに考える 誰も置き去りにしない

2020年01月01日 | 社会・経済

   東京新聞社説 2020年1月1日
 
 二〇二〇年。目線を少し上げれば二〇二〇年代の幕開けです。
 この十年を区切る年明けに見すえたいのは、一世代が巡る十年先の世の中です。より豊かな未来を次世代に渡すために、私たちはこの二〇年代をどう生きるか。
 その手がかりにと、思い起こす場面があります。
 秋のニューヨークで、国連に集う大人たちに時の少女が物申す。つい最近も見かけたようなシーンが四年前にもありました。
 暗がりの傍聴席に照らし出されたのはマララ・ユスフザイさん。当時十八歳。同席した各国の若者たちを代表して、階下の首脳たちに語りかけたのです。
◆次世代と約束のゴール
 「世界のリーダーの皆さん、世界中の全ての子どもたちに世界の平和と繁栄を約束してください」
 一五年九月。国連サミットの一幕でした。この会議で採択したのが「持続可能な開発のための2030アジェンダ(政策課題)」。貧困、教育、気候変動など十七分野にわたり、世界と地球を永続させるべく取り決めた開発目標(SDGs)です。その達成期限があと十年先の三〇年。マララさんたち次世代と世界が交わした約束のゴールでした。
 合言葉が二つあります。
 SDGs独自の取り組みで、一つ目は「誰一人も置き去りにしない」ということです。
 置き去りにされなければ、次世代の誰もが平等に、尊厳と希望を持って生きられる。そういう社会が次々に循環する。持続可能な希望の未来は、私たちが目指すべき約束のゴールでもあります。
 ただ一方で自覚すべきは、SDGsの起点ともなった過酷な現実です。いまだ数十億の人々が貧困にあえぎ、いや増す富や権力の不均衡。採択後四年たつ今もやまぬ紛争、テロ、人道危機…。
◆賑わう子ども食堂に光
 これほど険しい現実を期限内に克服するには、もはや先進国も途上国もない。二つ目の合言葉は「地球規模の協力態勢」です。
 全ての国の人々がそれぞれ可能な分野で協力し、複数の課題を統合的に解決していくしかない。アジェンダはそう促します。
 いわば総力戦の協力態勢なればこそ、社会の隅々から置き去りの人を見逃さず、救出もできるということでしょう。
 そんな世界の流れに棹(さお)さして、私たちの日本も進みます。
 この年末にふと甦(よみがえ)った光景はリーマン・ショック後の〇八年。東京都内の公園で困窮者の寝食を助けた「年越し派遣村」でした。
 「役所は閉まっている。周辺の(派遣切りなどで)路頭に迷う人が誰一人排除されぬよう、われわれで協力し合って年末年始を生き抜くぞ」
 開村式で村長の社会活動家、湯浅誠さんが張り上げた一声です。この定見。今にしてみれば湯浅さんは、SDGsの置き去りにしない協力態勢を、はるか以前に先取りしていたのかもしれません。
 あれから十年余の昨年暮れ。都内の会合に湯浅さんの姿がありました。今度は民間協力で運営する全国の子ども食堂の支援です。
 NPO法人「むすびえ」の設立一年祭で、湯浅理事長が力説したのも、子ども食堂の支援を通じて「誰一人置き去りにしない社会をつくる」ことでした。
 子ども食堂はいま全国に三千七百余。この三年で十二倍の急増です。確かに子どもの貧困は深刻だが、食堂が子どもに食事を出すだけの場なら、逆に気兼ねする子も多く、この急増はあり得ない。湯浅さんの見立てです。
 貧しさに関係なく、例えば子連れの親たちが子育ての手を休めにやって来る。一人暮らしのお年寄りが自作の料理を持ち寄る。
 誰も置き去りにされない。多世代が頼り合う地域交流の場として必要とされ始めた。だから急増しているのだ、と。国連にも呼応し食堂を応援する民間企業、団体の動きも勢いづいています。
 派遣村以後の貧困から格差も極まった日本で、子ども食堂の賑(にぎ)わいは、SDGs社会に差す希望の光といってもいいでしょう。
 あとはこの賑わいを他分野にもどう広げていくかです。でも民間だけではやはり限界がある。巨大な政策システムを回す政治の原動力が、総力戦には不可欠です。
◆政治が無関心であれば
 もしも政治が、格差社会の断層に、弱い人々を置き去りにしたままで、次世代の未来にも無関心でいるならば、変えればいい。まだ十年あります。主権者一人一人が望んで動けば、変えられます。
 マララさんたちとの約束のゴールに向け、私たちはこの二〇年代をどう生きるか。「歴史的意義」をうたうアジェンダの一節です。
 <われわれは貧困を終わらせる最初の世代になり得る。同様に、地球を救う機会を持つ最後の世代になるかもしれない>


 わたしにとって、最も大きな「残った掛け」は安倍晋三。今の時代「掛け・ツケ」なんて言われてもピンとこない人が多くなっているのだろうと思います。今は「カード決算」ですから。これまた「昭和の遺物」。満期を待たず「繰り上げ返済」と行きたいものだ。

 昨年、満年齢であるが「古希」を迎えた。
「古希」という呼び名は、中国の詩人・杜甫(とほ)によって詠まれた「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」に由来するらしい。
「酒代のツケはどこに行ってもあるが、古来より70歳まで生きる人はめったにいない」という意味。これが「古希」の由来らしい。「稀」が使われていたものの、「稀」は当用漢字でないこと、近年では70歳まで生きることが「稀」ではなくなったことなどから、「これからの人生を元気に生きていこう」という希望を感じさせるものになったとか。

 それにしても体力の低下はままならない。
幸いにも、昨年ころから「氣力」はよみがえりつつある。新しい「農法」についても勉強を始めている。
少しでも「希望」をもって生きていきたいと思う。

誰もが「希望」を持てる社会を作りたい。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 大晦日に考える 「残った掛... | トップ | 初詣、いく? »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難うございます (黒トンボ)
2020-01-02 08:52:17
先が見えない世の中...
気持ちも落ち込みそうです。
でも貴方のメセージが大きな支えなんです。
有難うございます。
頑張りましょう!
無力なりに、未来志向を頑張りたいのでした!
よろしくお願いいします!
ありがとうございます。 (mooru)
2020-01-02 09:37:04
 いつもご訪問いただきありがとうございます。無力ではありません。わたしたちが社会を動かすのです。小さな力でも、何らかの小さな行動が、社会を変えていくでしょう。負けてはいけません。投げ出してはいけません。共に頑張りましょう。今年もよろしくお願いします。
今年も宜しくお願いしますね (ケンスケ)
2020-01-02 16:48:36
色々な情報をいつも有難うございます
俺も僅かづつですが考えを発信していきたいと思います
将来の地球を考えてやれる事からしなくては
今年も宜しく
ありがとうございます。 (mooru)
2020-01-02 17:02:22
 いつもケンスケさんに励まされています。あまり無理をなさらずに、やれるところからやっていきましょう。
 今年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事