里の家ファーム

すべて無農薬・無化学肥料、不耕起栽培の甘いミニトマトがメインです。完熟したミニトマトから作る無添加ジュースは逸品です。

三鷹事件 司法は闇に目をつぶる

2019年08月01日 | 事件

東京新聞社説  2019年8月1日

 七十年前の「三鷹事件」の再審を東京高裁は認めなかった。無人電車が暴走し、大勢の死傷者が出た事件。獄死した元死刑囚の長男が求めた再審だ。あまりに多い謎に司法が応えぬ姿勢は疑問だ

 事件は一九四九年七月の夜。国鉄(現JR)中央線三鷹駅(東京)で無人電車が暴走し、六人が死亡、約二十人が重軽傷を負った。竹内景助元死刑囚は電車転覆致死罪で、同じ旧国鉄職員だった共産党員らとともに起訴された。

 約十万人もの人員整理に抗議し、事故を起こしてストのきっかけにする目的だったとされた。党員九人の共同謀議は「空中楼閣」と判断され無罪だったが、竹内元死刑囚には無期懲役。二審で死刑判決を受けた。再審請求中の六七年に四十五歳で獄死している。

当時は謎めいた事件が相次いだ。三鷹事件の九日前には国鉄総裁が死体で発見される「下山事件」。約一カ月後には東北線の松川駅(福島県)で列車が転覆される「松川事件」があり、一、二審で複数人の死刑判決が出たが、最終的に全員が無罪確定した。

 これらの背後には、米占領下でもあったことから、共産党の弱体化を狙った連合国軍総司令部(GHQ)が関与した説もあったほどだ。そんな時代だった。

 三鷹事件で疑わしいのは、竹内元死刑囚の供述の変遷である。逮捕時は「否認」。勾留質問でも取り調べでも「否認」。起訴直前に単独犯行を「自白」。公判では「他人との共同犯行を自白」「単独犯行を自白」。やがて「否認」…。無罪を主張した。捜査段階と公判段階で激しく否認と自白を繰り返した。信用性に疑義が生じるのは当然である。

 無実の主張を始めたきっかけは家族への脅迫状だった。「苦しみ抜いて一人で罪をかぶろうとしているのに許せない。もともと無実なのだから」-、そう接見した人に語ったという。

 電車を起動、発車させたのは人為的だとしても、それは「自白」に寄り掛かっている。単独犯では難しいとも弁護団は主張した。事件時に竹内元死刑囚を見たという目撃証言も怪しいと…。電車区は停電の最中だった。

 東京高裁は「総合評価しても確定判決の事実認定に合理的な疑いを抱かせるものとはいえない」と新証拠の価値を退けた。だが、再審公判で疑問の一つ一つに白黒つける方法もあろう。司法の役目は闇に光を当てることでもある。


健康診断結果お知らせ会

「医療機関で治療を受ける必要があります」との通知を受けていたので、その説明。
あの時は血圧が異常に高く(80-148)こんな数字は初めてのことだったので、てっきり「血圧」のことだろうと思っていた。そのせいで二つの検査(眼底検査・心電図)が加わわったのだ。今朝自宅で「血圧」を測ってみたが60代と120代で問題はないはずだった。
「結果」は「眼底検査」から出たものだった。
右の目に「加齢性黄斑部変性」の疑いがあるとのことだった。
ちかじか「眼科」に行かなければならない。
 その他、LDLコレステロール(基準値119以下)がかなり高いのだが、HDLコレステロール(40以上)もかなり高く、比率的には良いので問題なし。とのことでした。

天気模様

居住地も江部乙も、予報では雨はない。
ところが朝食を終えたころかなりの雨が降ってきた。
すぐさまPCで雲の動きを確認。
この雲は江部乙には届いていない模様。
いい雨だったのに、畑にもほしかった。
「上」の説明会が終わりそのまま江部乙に向かったのだが、やはり雨が降った様子はなかった。
昼食を終えたころ、土砂降りの雨に。
部屋の窓からもかなり入り込んでいる。
車の窓も開けっぱなしだが、出られるような雨ではない。

 トウキビにはちょうどいい雨になった。

わずか1時間余りで50mmを超えている。

動物たち

昨日、蜘蛛の巣から助けた小鳥はもういなかった。
無事に飛び立ったのだろう?

今日はエゾリスも確認できた。
この地域に生息しているのはわかっていたがとうとうこの場所に姿を現した。

wikipediaより

コメント