アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

松本山雅サポは来ないのか?

2018年02月28日 | アルビレックス新潟
浦和とか山雅が相手になるとサポの数が半端ないって思っていたんだけど、週末にある新潟vs松本山雅戦、アウェイチケットの売れ行きが悪いの?
先ほどチケットぴあで状況確認すると「〇」となってる

この前はどんだけ?ってくらい押し寄せてきたのに
米山パーキングとか緑に浸食されていたのに

ま、いいけど
そっちが来なくても僕は7月7日行くよ

そんな松本山雅戦、相手の守護神は守田達弥らしい

守田の守備が絶賛されとるw
僕も昨年アウェイ東京戦とか絶賛しまくってやったんだが、松本に行きやがった
だから憎いとかという気持ちはないが、今更頑張ってもらっても困る
あれ程やってもらったヘマを望まず、スーパーなゴールを量産していただきたいがどうだろうね
一生懸命やっている選手のポカは相手であっても見たくない、そんなので勝ったと喜ぶ試合こそ観たくない

なんてことを思う今日この頃、後援会の会員証が届きますた

堅いものが同封されていたので、何かと思ったら

うっかり帽子とかバッグに付けて、また壊すと5年待たないと行けないからこのまま何処かに仕舞っとこう
コメント

史哉が帰って来る

2018年02月27日 | アルビレックス新潟
今日のNHK 新潟ニュース610で早川史哉選手の特集があった
話題になったので急遽20:45くらいから再度放送されたようだ

テレビの中の史哉は元気そうに見えた
全くの不治の病というのではなくなったようだが、史哉と同じ病院に入院していた女の子はなんて話を聞くと居たたまれない
難病に変わりなく、治療も軽々に言えないが、本人も周りも信じて前を向くことが大事なのかな
練習着を着てトレーニングしている姿を見れたのは嬉しい

NHKは好きじゃないが、泣いているアナウンサーを見てるとね
ちょっと来るね

来年か再来年か、その先かも知れないけど、きっと帰って来てくれると、いつだ?まだか?とは言わず、待ってるよ





映像中、ゴル裏が映ったのだけど、あれ?あいつ同期の〇〇じゃんw
普段、シュッとしているくせにちゃんと飛び跳ねてんだなぁ...という意外な場面を発見してしまった
コメント (4)

カマタマーレ讃岐!Pikara 2018

2018年02月25日 | アルビレックス新潟
J1復帰に向けてのその1
開幕戦に勝利するっていうミッションが今日ありました
因みに、その2以降ですが、「勝利」以外のミッションはありません

僕はその大事な試合に出場スタジアムに駆け付けれなかった
野暮用が終わり、電源を落としていたiPhoneを起動
何やらメールが飛び込んだ音がするも確かめもせず自宅へと車を走らせながら、勝っただろうか?まだ終わってないな、DAZNの見逃し配信で開幕を楽しもう
そう思いながら玄関の鍵を開け、寝室に入ると

妻「おかえりー」
僕「あ、、、観てたってーか、勝ってんだね」
妻「そだねー」
妻「河ちゃんが決めたよー」

後半、残り20分有ったかな?って時間
結局、そこから観戦する羽目に

終わってから再生して見直したんだが

ホント、行きたかったわ

先発メンバーは

サブに大谷、富澤、堀米、高木、ターレス
そして達也と貴章で今年の幕が開ける

ゴメスどしたーーー?な気分だが
妻「川口良かったよー」
僕「後半見たけど、そうか?」
妻「良かったよー、前半はねー」
妻「90分は厳しいじゃん」
ま、ベンチやベンチ外でずっと燻っていられてもね、切磋琢磨の中で高めてもらえれば

結果は讃岐0-1新潟ということで、なんとか開幕を勝利で飾れて良かった
途中で入った高木の守備には感心した
ロスタイムから入ったターレスが走り切れてないのに笑った
でも、そのターレスからの決まったでしょラストパスをしっかり受けといて、どうやったら外すんシュートを放った大将には頭抱えたわw

解説は新潟の守備をベタ褒めしていたけど、そうなんだろうか
危なっかしく感じたし、河田のゴールはオシャレだったけど、追加点が取れないようではこの先が不安
初戦だからというのはあるが、初戦と言えどなチームはひとつやふたつではない

勝って兜の緒をです

やっと勝った相手のカマタマーレ讃岐は、昨年最終戦に21位になる可能性があったクラブ
今日大勝したレノファ山口は讃岐の下に甘んじたクラブ
何度かJ1経験のある山形が水戸に大敗
J2は容易じゃないね
今日の試合を観てても、相手のあの食らいつき方は侮れない
何処もあんなのばっかだろうな

そんなわけで、順位なんか気にするのは早過ぎ以前の問題ではあるけれど

気を引き締めて着実に上げて行きましょう

画面に流れる試合終了後のアウェイ席を観てたら、いつもの名前は知らないが会うと挨拶してくれるおばちゃんの姿を発見
元気やなー(^^)
ホント、開幕実感したわ
次のアウェイで会えるのが楽しみだ

現地行かれた方
お気をつけてお帰り下さいね
コメント (4)

いよいよ開幕!2018

2018年02月24日 | アルビレックス新潟
なのになんで(/ _ ; )

これから向かわれるって方、特に自走される方はお気をつけて、事故等ないよう勝点3のお土産をお忘れなきようお願いします

僕としては楽しみにしていた四国開催だというのに、行けないどころかライブでのテレビ観戦すら出来ないなんて、誰も死なない怪我等もしない、何らかの事由勃発で延期にならんのか...なんてことを思ってはいませんよ、ホントです

開催県の香川といえば、moonlight_village生誕地のお隣なんだけど、行ったのは中学の吹奏楽部の四国大会のときと、先輩同僚との四国旅行のときで遥か昔の話で20代の頃だったと思う
それと中学のときは大会出場なので観光皆無だし

そんなわけで
あまりにも昔過ぎて何処を観光したか記憶もない
無い中でも覚えているのが

栗林公園には行ったよなってな?
でっかいなぁって思った記憶がある

それと金比羅

石段がね
駕籠に乗ってってのはちょっとそこらじゃ経験出来ないと思うので話のタネに
因みに
往復:6,800円 
登り:5,300円 
下り:3,200円
体重制限100kg 子供2人での利用も可能
・身体障害者などの正当な理由がある方は、事前に宮の許可により596段までご利用できます。
 料金は通常の2倍となります。事前にご相談ください。
だそうです

当時僕は身も若かったので自力で登りましたけどね
同僚と競争でどちらが早いかと駆け上がり、最後の段でふら〜ってなって背後にひっくり返りそうになったけど、何とか踏み止まったあのときの感触だけは今も忘れられない
踏み止まれなかったらどうなっていたか、想像するだけで恐ろしいw


香川はうどん県ということで、県を上げてのアピールをしており、僕も讃岐うどんは大好きで、断然蕎麦よりうどん派です
向こうの蕎麦ってあまり美味しいという印象がない
子供のころの味覚であり、今食べればまた違った感想かも知れないけど
そんなだったから新潟に移り住んでも随分長い間蕎麦は食べなかった
勿体無いことをしたなあとは思うけど、でも、やっぱりうどんが今も大好きです

で、香川って他に食べ物何があるんだろう?
知りません!
知らないけど、小さいとき、高松に行って来たよって人から貰える「瓦せんべい」が当時の僕のイコール香川だった
もの凄く硬くて、でも美味しくて

今のように何でも溢れている時代じゃなかったからか、僕にとっては最高のお菓子だった
因みに、病気したらバナナとか、稀にパイナップル、桃缶が食べられる時代背景ね

誰か買って来てくれないかなぁ(^◇^;)

そんなことより
明日の先発はどーなんだ?!
わかりません!
誰が開幕を飾るのか、その辺の興味も大きいですな
練習試合をどういう布陣で臨んだのか分かってないので想像も出来ないけど、勝利信じてます

ところで
ボタフォゴもホニを諦めたらしいが、どうなってんのかね
ゴタゴタしまくって契約反故にしようとするあたり、流石のチーム名って思ったが(ゴタ反故...なんかすいません)新潟自身の対応もどうだったんだろうね
開幕直前に契約するとかしないとか、選手にいらん心配されてもだから、どうなるにしてももう少し発表は先になるのかな?
コメント (2)

そだねー

2018年02月21日 | 日記
冬季オリンピック
カーリングを母ちゃんが毎日観てる
何処が面白いんだ?って観てたら

面白かった(^◇^;)

会話の中に「そだねー」ってのが、僕もだけど、皆さん、癒されるそうで、こういう言い方はよろしくないが、見た目も可愛らしく、それでいて真剣な表情は引き込まれる

決勝に進めて、その先があるといいね


ところで
「そだねー」って北海道弁なん?
普通に標準語ちゃうん?
イントネーションの違い?

方言とかイントネーションといえば
四国から新潟に転校するときに、同級生から「ズーズー弁になるなよ」と言われた
小学1年生から学んだ国語の教科書は標準語であり、何の違和感も感じなかったので、ずっと標準語を話していると思っていた
転校して、高校に進んで、ある教科で授業中に本を朗読した
先生「君の出身は?」
僕「愛媛ですけど」
先生「そうか、久しぶりに聞いて懐かしかった」
僕「???」

とある学校の委員会で
先輩「君、訛りあるね」
僕「???」

僕の自尊心はちょっぴり傷付いたが、それでも、標準語のちょっとスラングを話しているとは思っていたけど、故郷の言葉には言い得ぬものがある
四国に帰ったときに、その懐かしい表現だったり、イントネーションだったりに触れて包まれる暖かさはね

方言っていいよね


コメント (2)