アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

堀米悠斗パパになる

2017年11月30日 | アルビレックス新潟
今日は姪っ子の誕生日
僕が大学4年生のときの子で、初めて「おじさん」と呼んでくれる子だった
就職も決まり、後は卒業するだけだったので、都内だったけど殆ど同じ町内にいた姉の家へ昼間おしめを替えに行ったりしていた
その子が今や二児のママ

なんて思っていたら
僕「え?結婚してたっけ??」
嫁「春?新潟に来てすぐ結婚したじゃない」
ずっとアルビが大変だったのですっかり!!
忘れとりますたm(_ _)m

新潟はこういうおめでたい話が毎年あっていいね
コメント読むとまだまだ新潟で頑張ってくれそうだってのも感じられて一層嬉しい

今年のアルビも明後日で最後
祝砲上げて祝ってあげたいね

ここに来て

終盤に来て優勝するんじゃない?って成績だから軽く勝利するだろうって思っていたら...
相手のセレッソはその上を行っていたw

3位以内を決めてるし凄いなぁ
そんな凄いところを...


小川選手の300試合のお祝いと
去る人に感謝
新米パパにおめでとう

そして、ね
コメント (2)

監督内定

2017年11月28日 | アルビレックス新潟
内定ってなんだ?決定じゃないのか?
この期に及んでそれはないてい

m(_ _)m


モバアルメールに、また誰が契約満了なんだよって悲しく確認したら、2018シーズン監督に鈴木政一氏内定のお知らせだと
内定ってことはまだまだ障害があるのか、大変だなぁとオフィシャルに行ってみると、なんと鈴木政一さんからのコメントがあるじゃんw
もう決まりじゃん
良かったじゃん
嬉しいじゃん

社長や新強化部長の対応が良かったみたいだ
社長は昨年ずっこけたから気合い十分に臨んだんだろうなぁ...知らんけど

ヤンツー率いる金沢との師弟対決ってのも楽しみか
確か誕生日が一緒だよな
優しい?鈴木さんとサドのヤンツーって、誕生日占いは信用ならんということ?干支が違うから大丈夫?

そんなことより
期待値が大きいなぁ
問題はどれくらい選手が残ってくれるのか
どんな選手が来てくれるのかだけど
恐らく土台から作り直すことになるだろう、いつも出入りが激しいから
だから就任1年目から多くは望まない

ひとつ、たったひとつだけ
昇格させて八(^□^*) タノム!!


とにかく
ありがとうございます
ホントに嬉しい
コメント (4)

何年ぶりかの連続して訪れる清しい月曜日

2017年11月27日 | アルビレックス新潟
反省は大事だけど、もう1ヶ月、もう2、3試合早ければと嘆いてみても仕方ない
勝利したこと、連勝が伸びたことがなにより

そんなわけで
昨夜11時過ぎに我が家に到着
翌日にしようかとも思ったけど、さっと書いとこうと投稿したのを読み返して、これもそうだが相変わらずの更にだなとw
そんな朝でしたが、どうですかね
ずっと勝ってない、点すら獲ってない、降格?が気になって仕方なかったのに前半2点も獲って、これ、この試合で残留決定じゃない?と応援に益々力が入ったというのに、まさかまさかまさかのなんなの?嘘でしょ?嘘だと言ってぇ〜!お願いだから〜な悪夢の展開に泣き濡れて、夢なら醒めよと朝刊見たらやっぱマジかよな食事も喉を通らんわ食べたけど状態で、職場、学校等に向かった清水サポの皆さんの心中察するに慰めの言葉もありませんが、新潟は甲府にも勝ちました
どちらがどうという気は全くありません
どちら様にも新潟がこんな状態になっても目の前の試合に真剣に臨まさせていただいた結果であります
どうか自力で残留をお勝ち取りください
ふざけた書きはお詫びしますが、魂のこもった最終戦を

さて
どちらかとは来年もしのぎを削るぞ!蹴落として優勝してやる!広島が落ちないで本当によかった!名古屋はどうなんだよ?って感じで爽やかにお目覚めになられ、出勤、登校されたアルビな皆さん!
元気ですかあ!

ま、カラ元気でもね、少しでも笑顔が出ればいいですよね

昨日の試合、サッカーだけは詳しい後輩も一緒に観戦
彼「線出てるぞ~!」
僕「全く、こっちのスローインじゃないか」

僕「うわっ!なんで笛なんか吹いてんだよ」
彼「完全に足を払っちゃったなぁ、カード出なくて良かった」
僕「へ?」

彼「え~?線出てないでしょう?!ちゃんと見ろよぉ!」
僕「チャンスだったのにいつもそうだ(*`Д´*)」

僕「うわっ!なんだあれ!カード出せよ!」
彼「下手だなぁ、シミュレーション取られないだけ助かった」
僕「へ?」

彼「アルービレックス!!」
僕(パンパンパパパン)

どうもアレだが、具体的には忘れたこともあり差し控えるが、あいつのあのプレーがどうのこうのとか解説もあり、そうかそうかと観られるというのもいいかもね
観光地に行って、観てるだけでも目の保養になるのだけど、蘊蓄聞きながらってのは関心度も深まります
サッカーも目の前の出来事がどれだけ凄いことなのか、汚いことなのか、何をしたのか、どうすべきなのかってのを聞きながら観ると更に感がした
そういうボランティアもあっても良いかも知れないなと

ま、佳境に入ると聞き耳持ってないがw


そんな後輩なんだが
1点差で負けているときに得たFKに
彼「うわぁ、蹴る奴がいねぇよ」
僕「マサルが蹴る」
彼「枠に行かねぇじゃん」
僕「マサルが決める!」
彼「せっかくのチャンスなのになぁ...」


彼「すいません!m(_ _)m」

なんてこともありぃの大逆転勝利で、悔しい思いをしながらも、泣きながら笑った週末でした

そんな月曜日も今年は来週が最後です
レジェンドのMr.アルビレックス、1年ではあったけどGK陣を支えてくれた稲田に、試合には渇を入れ、新潟そのものを愛し、溶け込んでくれた翔様のお別れの挨拶もありますね

楽しみに、色々区切りも付けに、行かなきゃと思ってます
コメント (2)

大逆転も直接FKゴールももういつのことだか忘れてしまいました

2017年11月26日 | アルビレックス新潟
今日は清水エスパルスvsアルビレックス新潟のラス前第33節
ということで清水に前泊
スタジアムではオレンジのユニだが、そこまで成岡翔プロデュースの

これを着込んでさあ!と嫁を見ると...
僕「なんで着ないの?」
嫁「だってペアルックだよ?」
嫁「いい歳してペアルックだよ?」
僕「...いやなの?」
嫁「歩けな~い(^◇^;)」
ユニ着て何度も歩いてんのに今更...?

夫婦の危機です

それはあとでジックリ話し合うことにして、とりあえず新清水駅の側の駐車場に車を駐め、シャトルバスは何処?か探すのが面倒になりタクシーで日本平スタジアムへ
10時前に到着も既に長蛇

10時半開門にスタジアムから外を眺めると

遠征に行って富士山が見えると負けたことがないんだって以前年配が自慢していたが、今日はいない
相手は残留が架かった大一番、必死こいて来るだろうから簡単じゃないのにサボってんじゃないよ!ってのは胸にしまい、席を確保して買い出しに出ると

何処にもマスコットはいるけど、子供たちはホントに喜んで、抱きしめたり抱きしめられたりの光景はいいものだね

なんて、降格も決まって消化試合だし、のんびりなんてつもりで来たわけじゃない

散々だったが最後は連勝して締めるぞって

それに応えるぞと

メンバーは
GK大谷、DF小泉、富沢、大野、堀米
MFホニ、磯村、加藤、山崎、小川、FW河田
サブは守田、矢野、大武、端山、酒井、ロメロ、富山

何故にジュフンとタンキがいないのか
もう帰ったんかい?!

分かんないけどいないのは仕方ない
試合始まる

で、直ぐに接触プレーでカズがプレー続行不可となり大武と交代
前半早々でCBがアクシデントで交代するといい印象がない
心配したらこういうことは大当たりで、前半のうちに2失点
プレーもやる気あんのかよ!この前言ってた言葉は大嘘つきのコンコンチキ(最近聞いたことないね、死語?)じゃねえかあほんだら!

って感じで、もう情けないやら口惜しいやら
心底ガッカリして失望して、なんでこんなとこまで来たんだろうって虚しくてやるせなかった

帰りたくなったが帰らなくてよかった
清水は後半疲れたってのもあったかね
2点という微妙な点差は1点詰められると精神的にもね
絶対に勝たなきゃというプレッシャーも大きかったかホニが先ずは1点返し、FKのチャンスにマサルが新潟では初めて決めて追いつく
交代で入った宣福が放ったセンタリングと思ったボールはゴールへ

前半と打って変わって夢のような後半
ハーフタイムに呂比須監督が卓袱台でもひっくり返したんだろうか

そんなことはしないと思うけど

結局、清水2-3新潟
勝利の報告に来る選手、迎えるサポ

前節勝ったのに出来なかったバンザイを

今季も残すところあと1試合
バンザイで締めくくりましょうかね
コメント (2)

寒いですね

2017年11月25日 | アルビレックス新潟
ゾクゾクっと発表がありました

稲田康志選手、契約満了
まだ来てくれて1年なのに
降格しなきゃ延長されたんだろうかね

守護神がどいつもこいつもだったときに、使ってみてくれよって思っていたのだけど、願い叶わず、結局、どんなかが分からないまま
たまに行く聖籠で見ている分には遜色ないのにね
シャツを脱いだ姿は、ま、サッカー選手はみんなそうかも知れないけど、いい体してんなぁって

8月に第三子の男の子が生まれたばかりじゃないか
ちゃんとフロントは面倒見ろよな

来てくれてありがとう
本当に試合で見たかった
新天地でのご活躍を祈ります



今日はそれで終わりかなと思ったら

いつか、そう遠くない、それは分かってはいたのだけどね

途中、栃木に移籍のときはとにかく会いたくて様子を見に行きました
まだ1試合したかしないかのときでしたが、既に溶け込み、サポに慕われていて、寂しく、嬉しく、帰って来たのがつい最近のようです


ありがとう!本間勲
長い間、お疲れ様でした
コメント