アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

最近...

2017年10月30日 | アルビレックス新潟
ネタも少ないということもあり
それ以前にある事情から筆が進まない

ま、前を向くには厳しい状況ですからな(^◇^;)

で、サボっていたらいつもの観戦のための駐車場でお世話になっている奥様に、更新が滞っていることを指摘されてしまいました
毎日書きたいのにそんな事情だったのね、情けないね
無理な数字でも願わないで信じないで昨日のような試合を選手が出来るかってんですよね

もっと早く見せろよバカタレ( ̄Д ̄)ノ

なんてね

最近、体重を気にしていることもありお菓子は避けているのだけど

クリアボトルが欲しくて買ってしまいましたw
ポップコーンの容器はこれで4つ目かな
子供が幼稚園とか小学校の頃は一緒にスタジアムへ行ってこれを買って食べていたんだけど、近頃ちっともスタジアムに行こうとしない
そのくせテレビでは観ているようだけど

父ちゃんと母ちゃんのデートに気を使っているんだろうか



買えばもらえるシール
カズが2つとクロが1つあるので今回は

昨日も頑張ってましたね
ま、みんな誰一人頑張っていないのはいなかったけど

こんなシールなんだからスーベニアカップ買わなくてもオマケしてくれたらいいのにね
コメント

鳥栖さん、ありがとう

2017年10月29日 | アルビレックス新潟
武蔵在住さんからいただいたコメントのタイトルが今日のにピッタリかなと
念のために言っておくけど、勝ったことに有頂天になってのではありませんし、もちろん、鳥栖の配慮をおめでたいとかと馬鹿にするとかそういった気持ちも一切ありません



今日の雨
昨日先輩からメールが来た
正装して行けと
雨になる予報だが、涙雨だなと


覚悟はとっくに出来ている
気持ちの整理も出来ている
服装は常に2番のユニで正装(5番もあったかw)で臨んでいる
涙は...

それは試合の内容次第だろう

スタジアムに入って目にしたのは

いっぱいのNSGの学生さんのパフォーマンス
それを鳥栖サポの前でもやっていたが

雨のため、多くは後ろに下がっていたが、前に陣取っていた人たちも一緒に手拍子してくれて、優しい奴らだなぁと

試合は

久々にカズが先発だが富澤控えにも居らず?
サブには守田、矢野、大武、優汰、タンキ、達也、富山

富山がベンチに、小川がスタメンに
対戦相手からレンタルした選手がメンバー入りなんてちょっと最近記憶にない
菊地を借りたときは磐田戦に出て激しくやり合ったような微かなものはあるが
それにしても
「新潟の厳しい状況のなかで、戦力として闘ってほしい。契約内容を制限することで戦力ダウンにならないように、新潟に敬意を払いたい」と出場の可否を確認したらそう答えた鳥栖に感謝
これがあるから「鳥栖さん、ありがとう」なのだ
勝ち負け以前にいい試合が観れた

前半から鬼気迫るものが伝わる
対人でも負けない、諦めないプレーに引き込まれる
なかなか得点とはいかなかったが、後半のセットプレーのこぼれ球を慶が決めた
1点では不安この上ないのでもう1点もう1点と願うも叶わず
獲れなきゃ失点するなと祈るしかないところ、大谷はじめとして全員でよく守り切った
鳥栖も引導渡すべく激しくプレッシャー掛け、ボールを奪って大谷と1対1の絶体絶命も二度ほどあったか、奪われた者は奪い返そうと必死に追いかける
それを信じて大谷は前に出てブロック、弾いたボールをDFが処理し窮地を脱す

何が何でも点を取る、守り倒す、勝ち切る
そういう気持ちが見えた試合だったと思う
鳥栖とこんな試合が出来たのも鳥栖の配慮のおかげ
もし、勝てなかったとしても、内容的には大満足なものだったな

5ヶ月ぶりの



そして

言葉に詰まるよな、気持ちは分かるわ
彼らのプレー内容といい、胸を目頭を熱くさせてもらいました
残る3試合、他チームなんかどうでもいい、勝ちに行こう




と言いながらも確認ですが
今日、甲府との得失点差を2点縮め19
直接対決以外の2試合は1点差での勝利、敗戦で4点埋まるから15点開きがあります
次節、甲府戦には8-0の勝利が必要ということ

そういうこと
コメント (4)

提灯来ました

2017年10月26日 | アルビレックス新潟
ネタで作ってみました( ´ ▽ ` )

嫁「これ...どうするん?」
僕「..."o(-_-;*) ウゥム…どうしよー




最近、辛くてオフィシャルは覗いても試合後のコメントとか広報ダイアリーは読んでなかったのだけど、昨日のの中に鳥栖戦に小川と富山が出られるって書いてあると聞いて読んでみた

(/ _ ; )

菊地をレンタルしておいて新潟だから出場させないってどういうことなんだ!って怒ってこのブログで訴えたことあるけど、その鳥栖からこういう対応をされるって、恥ずかしいやら申し訳ないやら嬉しいやら

来季、カズを持って行く?

やっぱダメ

それはダメだけど、精一杯、相手の気持ちに報いられるような試合をしてほしい
コメント (2)

寒くなりましたな

2017年10月23日 | アルビレックス新潟
お酒が嫌いで

親が酒飲んで騒いでいるのを見てきて、酒飲みが大嫌いだった
幸いなことに、体質的に酒を受け付けない体でもあった
日本酒の、特に熱燗の匂いはバスの排気ガスの臭いと一緒で吐き気すらした

勤めたところは、酒を飲めないというわけにはいかない職場だった
コップ1杯のビールがキツく、すぐに顔を真っ赤にして頭痛に悩まされていた
それを回避するために歌いまくった
容姿も合わせて、よく「職業間違えたな」と言われた

何度目かの転勤した先で、酒でも飲まないとやってられないというか、眠れない環境になった時期があった
飲めないのに、食卓に缶ビールを1本、毎日用意してもらった

それがいけなかった

少しずつ、飲めるようになり、ビールがウイスキーの水割りに変わり、当時のブームから焼酎の水割りに
旅行先の工場見学から鹿児島の「てんからもん」を取り寄せて飲んでいたが、あるとき、同僚に勧められたウイスキーのロック
度の強さという先入観が強く尻込みしたが、騙されたと思ってと言われ、ひとくちゴクリと飲んだ

焼酎を止めた
今やニッカのモルトが好み

好きなのはウイスキーだけど、ビッグスワンに行くとときどき目にする店を出している菊水の酒でも飲んでみるかと
スポンサーだしね
スポンサーならなんでもいいってわけではないが

ウイスキー同様ロックにして飲んでいるが、ふと

歳を取ったってことなのか、熱燗を飲んでみたくなった
会社の同僚や取引先との付き合いで熱燗を飲むことは多くあったが、家では全くなかったのだけど

家で熱燗は騒いでいた親を思い出す
親が嫌いだったわけではない
狂わす酒=熱燗というイメージが強く、家の中では飲みたくないという気持ちがどこかにあったのだろう
ウイスキーやビールでも一緒なんだが、子供のころ、たまのビールで、普段は日本酒しか家にはなかったからね

僕「ねぇ、今日じゃなくてもいいけど、熱燗飲みたい」
妻「徳利、何処にしまったかしら、探さないとね」
親父がなくなって13年経つが、それ以前に親父は何を思ったか禁酒したもんだから20年以上我が家から徳利は行方不明だ
妻「探すから買ったりしないでね」
僕「...?」
妻「あなたはなんでもすぐに買って来ちゃうからその前に言っておかないとね」


前置きが大変長くなりましたが(^◇^;)


なるほど

磯村亮太選手J1リーグ通算100試合出場達成おめでとう!
これは買わんといかんだろう( ´ ▽ ` )
コメント

磐田は引導を渡すのがいつから下手になったのか...実際は十分とも言えるけれど

2017年10月22日 | アルビレックス新潟
磐田からの帰りに恵那峡SAに立寄る
そこにあったファミリーマートの中で、何処かのスポーツ選手の一団のようだが、何の選手なんだろうと胸のエンブレムを見るとヴァンフォーレ甲府だった
セレッソ大阪との試合から帰る途中に出会したようだ

明るいので勝ったのかなと嫁に聞くと「負けたようだよ」と
このチームの上に行かないと新潟のJ1残留は叶わない
星取表を見ると甲府が全敗して新潟が全勝してやっと追付く
ただ、得失点差が大き過ぎて、改めて望みは絶たれたのだなと

可能性が0になったわけではないが、現実的に甲府の全敗は1試合平均3点差以上の敗戦で、尚且つ、新潟は全勝でほぼ1試合平均3点差以上の勝利でないといけない
全勝全敗は変わらないものの、直接対決があるのだからそこで10ー0ででも勝てばいいということはある
だが、そこに大宮や広島も絡んでくる

それを信じるということはもう疲れた

でも、アイシテルニイガタに疲れたということではない
何処に行こうが、新潟がなくなるのでなければ、いつでも僕らは側にいたい

飲み物を手にしてレジに行こうと向かうと嫁が誰かと話している
吉田達磨監督だった
僕も二言三言会話をし、レジを済ませファミマを出るとそこでまた吉田監督
それではとの挨拶の後「お気をつけて」と見送ってくれた

彼は今年も残留争いの渦中にあり、心中察するに大変だろう、人の心配をしている場合ではないが

甲府は近くて行きやすいので来年も乗り込みたい

どうなりますかね、そうならないように彼らは残り4試合、死に物狂いで頑張るのだろうな

ファミマでの監督の印象なんだけど、修学旅行かなんかの引率の先生のようだった
穏やかな顔で生徒を見ているという感じ
生徒も生徒でやんちゃそうだったってのもあり

そんな感じだったから
新潟では規律的に(以下自粛)

もうどうでもいいわw

そんなことがある前の試合は
雨の中ででした
黒い軍団の隣に場所を確保してしまったってこともあり、大谷守田のアップからずっと立ちっ放しで声援を送っていたら、試合開始前、冷えもあり腰を痛める
このままでは倒れるなと思い、嫁を残して撤退
最上階の雨を凌げるゴール真裏の柵にもたれ掛かっての観戦に

もう勝利あるのみな磐田戦

攻守ともによく戦ったと思う
前半、25分にホニが待望の先制点
40分頃、セットプレーから同点に追いつかれるも前半ロスタイムに入って河田が突き放す
後半も攻めるししっかり守るが、もう1点が得られない
ロスタイムは何故か5分
何処でそんなに使った?という、今年は判で押したかのようにどの試合も大概5分
またセットプレーからの万事休す
あまりにロスタイムが長く、あわや逆転負けか?のシーンもあったが引分で終わった

終わった

上位にいる磐田に、勝利こそ出来なかったが、あんな試合が出来る新潟
河田やゴメスを当初から使っていたら
小川や磯村が初めっからいてくれたらってのもあるが

残る4試合、一戦一戦必勝で

年間3勝なんてJ1に14年もいたチームの成績じゃない
コメント