アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

柏戦

2016年06月30日 | アルビレックス新潟
代表戦にはさほど興味はないが、うちの子らが出るとなれば話は別

別なのに、最近、ちと忙しくて仕事が終わらん
だから昨日のU23の試合を観れなかった
野津田は先発、マツケンと武蔵は途中出場したそうな
3人ともフルは叶わなかったがアピールできたのだろうかね
そうでもなさそうな書込みは目につくが

見事、選ばれてオリンピックに行ければね
得るもの大きく、またひと回りもふた回りも成長するんだろうなぁ



と言いつつ
やはり興味は薄いのでアルビな世界へ

週末の土曜日はアウェイ柏戦である
調子上向きなような気がして乗り込みたいのだが、翌朝7時に長岡にいないといけない
そしてそこから一泊二日の大仕事が待っている

とても行けないので行ける方、頑張ってね
ま、頑張るのは選手たちなんだが

で?
布陣はどうなんだろうね
守田はまだ無理かな?
サマフェスには元気に出ていた前野は?

前野と言えば、そのサマフェスで見かけたとき、なんか痩せたような気がしたので、そう母ちゃんに確認した
そうしたらおばさんは前野のところに行き
妻「痩せました?」
前野「いえ、大丈夫です」

勘違いかもしれないが、試合に出ていたときはほんの少し丸い感じがしていたのだけど、あの日の前野は別人に見えたんだよね
良く言えば精悍なんだけどw

ラファも復調らしいし、代表組といい、駒は揃って来たのかな?
守田も早くね

コメント (2)

早まったか菊地直哉

2016年06月29日 | アルビレックス新潟
サガン鳥栖の菊地直哉が北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍って
何でやねん(; ̄O ̄)
最近、使われていないなとは思った
先日の1st stage最終節の新潟vs鳥栖の試合も、僕としては珍しく触れなかったが、直哉がいないってのは寂しくて仕方なかったのだ

直哉は第11節広島戦において
基本的には高い位置からプレッシャーに行くというやり方だった
ただ、ウチの後ろが4枚なので、どうしても(攻撃時に前線が5枚になる)広島に対して大外が空いてしまって、そこのマーキングが曖昧になってしまったかなと思う

というコメントを出した
この次から3試合連続ベンチスタート
以降はベンチ外

監督の機嫌を損ねたんだろうかね?
考えすぎかな(^◇^;)

しかし
いらないなら戻って来ればよかったのになぁ
もうヤンツーさんもいないんだし

そんなことも
含めて( ̄Д ̄)ノ

北海道コンサドーレ札幌に行っても、松山光プロジェクトによりキャプテン翼内のキャラクター松山光にクラブが正式に背番号「36」を与えており、直哉の大好きな背番号はもらえない
それでいいのか
よくないと思うし、新潟は今も「36」は空いているし、札幌は止めて帰って来いよ
コメント (4)

17節前後のこと

2016年06月28日 | アルビレックス新潟
先週、金曜日は少し遅く仕事が終わる
これから帰ると母ちゃんに連絡すると、
妻「もう遅いし、明日の朝バスで行くから新潟に帰って休んで」
決して、夜中に帰って来て
「メシ〜」
「風呂〜」
「揉んで〜」
と言われるのが面倒くさいなんてことではなく、疲れ切った僕を心配しての優しい言葉

妄想じゃないよ(^◇^;)

これは帰らずにいられようか

帰ってみると、史哉への千羽鶴はもちろんのこと、なんだ?と見てみると大きなカレンダーの裏を使って史哉へのメッセージボードも作っていた
妻に限らず、いろんな人が様々なものを作ってスタジアムに駆けつけていたけど、みんなの想いは非常に強い
ご利益はきっとあるよ

試合は「推しているはずなのに〜」のもどかしさと不安がかなり続いたけれど、なんとか勝利
翌日のサマフェスを興醒めにしないでホッとひと安心


トップとレディースの監督やらキャプテンの挨拶

それが終わって各ブースを回ってみる
スタジアムから見下ろしてみると

オークションでは3年連続のカズが大活躍

少したどり着くのが遅かったか、カズのもクロさんのも終わった後だったかな?
そこに達磨さんと能仲さんが現れ、しっかりそれぞれに挨拶する母ちゃんを見て、やはりおばさんは違うと感心

さて、お目当の選手のいるところへと


一緒に写真を撮ってもらいご満悦です
母ちゃんに「腹もしっかり写ってしまったね」と言われてしまったw
途中、サポ仲間にも遭遇
無防備な服装っていうか、Tシャツ姿で腹ポッコリだったので思いっきり腹を撫でられてしまったw
最近、痩せたと思って油断していたが、まだまだだった
気をつけよう

選手のパフォーマンスを見ようとスタジアムの中に戻る
今年は何かな?と期待していると

5人の若手選手を三輪車とコーラの一気飲みで競わせるというものをやっていたのだけど
大事な慶應ボーイに何させるんじゃい( ̄Д ̄)ノ
移籍したいっつったらどーすんじゃい( ̄Д ̄)ノ
マジに心配したわ

レディースはNGT48に負けないALB48ってことで

いや、可愛かった( ´ ▽ ` )ノ

あっという間のひととき
来年も、その先も、また楽しみにしたい
そのときには彼もいてくれたらね

コメント

昨日のだけど、いつもの妄想エントリーについて

2016年06月27日 | アルビレックス新潟
コメントを下さった方、お騒がせして申しわけありません

新聞記事の地元紙で先に報じられたことに新潟サイドが態度を硬化という一文にムカついたので、勝手に想像というより妄想を膨らませてユーモラスに書いたつもりですが、読む人にとっては悪意に感じたかも知れませんね
まぁ、これは単純にも、事実と思ってしまったからなのですが、そうしたら今朝の新聞記事です

中日スポーツの
名古屋グランパスが今夏の獲得を目指していた新潟MFレオシルバ(30)の獲得を断念した。
当初は新潟側も乗り気で移籍実現間近な状況までこぎつけたが、この動きにメインスポンサー『亀田製菓』が激怒。
同社の主力菓子『ハッピーターン』をこよなく愛するレオシルバの放出に待ったをかけ、最終的に移籍金が折り合わなかった。(以下略)


流石にこの記事には違和感が
実際のところは知りませんが、過去、一度も亀田製菓様が選手等について注文やいちゃもんをつけるという話を聞いたことがない
どれ程の金額をスポンサー料として払ってくれているのかも分かりませんし、それがないとクラブ運営は成り立たないでしょうけれど、どこかの大スポンサーの様に口を挟めるとも挟みたいとも思っていないのではないかと感じています

非常に良いイメージを亀田製菓様には抱いています
それをこういう物凄く介入しているかの様な書き方をされると腹立たしいですね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レオシルバは残留する! (北海道のアルビサポさん)

レオシルバいないと勝てません


勝てないでは困りますが存在感は絶大ですものね
出来るだけいてもらい、慶ちゃんとかに伝授して新潟で引退してくれたら嬉しいですね
ってか、慶ちゃんは既に結構盗んでいると思いますけどね

退任を (なななさん)

中日新聞の記事をご覧になりましたか?
フロントは乗り気だったが、亀田製菓さま激怒、放出に待ったをかけたとの
タムタム社長は退任された方がよろしいかと。。


なななさんの投稿で知りました
本当なら退任していただきたいけど、そうでないかも
早く新潟側からもコメントが欲しいところです
誰だろうと社長としているのだから信じたいです
色々過去にはそんな噂も耳にはしましたから何かある度に僕も疑心暗鬼になってしまうのですがね

実際はどうなの? (ある吉さん)
レオの件、実際にはどうだったのですかね。入場者の減少をどう防ぎ、経営を安定させて行くか?応援感謝デーにサポに対し、『静かにしなさい』という経営首脳では如何でしょうか?根本からの経営改善は必要かも知れませんね。


実際は新潟が口を開かない限り分からないので、この辺はサポカンで問い質したいですね
入場者の減少はホームで勝たない限り無理でしょう
それが出来つつある様なので達磨さんをもう少し信じてみますか
「黙って」だったと思いますが、来賓もいらっしゃる中、いつまでもブーイングをしているサポーターに問題はなかったのでしょうか?
僕の後ろで市長に「BRT」の野次を飛ばしている人もいましたが、このアルビのホーム最終戦に言うことかと

ううん (武蔵在住さん)
どうなんでしょうね。名古屋側の、それもスポーツ新聞の記事では内容の信憑性に疑問があるような。レオ自身が知らなかったのに、移籍実現間近だったと書いてあること自体が嘘くさいです。
自称関係者の推測レベルの記事のような気もしますが、どうなんでしょうね。マスコミは川又移籍騒動の頃から信用出来なくなっています。


そうですね、信憑性がないというのを今までの亀田製菓様のアルビレックス新潟への対応を見ているからこそ感じました
ここの様に「妄想日記」と断った上で好きなことを書き、金を取らず(取れるかよw)垂れ流しているのと違い、金を取ってのですからね
そんなのでいいなら僕も新聞記者ですかね?(^◇^;)




とにかく
社長はどうでもいいがうちの大事なスポンサー様のことをとやかく言うのは許せん

今日は昨日のサマフェスのことを書こうと思っていたんだけど、また今度
コメント (4)

おい!フロント!!

2016年06月26日 | アルビレックス新潟
名古屋の動きについて、スポニチによると
新潟MFレオ・シルバ(30)獲得に動いていたものの、地元紙で先に報じられたことに新潟サイドが態度を硬化。違約金が高騰し、方針転換を余儀なくされた。
とある

ラランジャ・アズールによると
レオは中スポの報道が出るまで、自分が移籍対象になっていたことを知らなかった風である


これから妄想すると
レオに伝えぬまま、新潟は名古屋の申出を受けるつもりでいたのではないか
本来よりは安い移籍金を頂戴し、昨年のマイナスも埋める利益を得ようとした
レオには後で説明し、移籍してもらうはずだった
喉から手も足も出るくらい金が欲しくてたまらんのだ


世間に知れ渡ることになるという事態になった
新潟サポはレオが半端ない金額で契約しているのを知っている
レオは移籍は自分の意に反することであり、どういうことなんだと神田さんに詰め寄る

この流れからレオを経営側がお金だけの問題で売ろうとしていることがバレバレになってしまう
新潟サイドが態度を硬化ってそういうことだろ?

レオにはプロとしての決断ということで、新潟にもそれなりの代償を置いていってもらい「仕方ないよね、連続赤字でJ1の舞台から降ろされるよりはさ」というレオの美談と実弾で、サポには納得させる腹積りという綿密な計画が崩れてしまう

またサポーターから嫌われる
マジに契約以下の金額でレオを譲っては、今まで事情を酌んで擁護してくれたサポーターからも嫌われる
いや、もう正規の違約金を受け取れてもサポーターの怒りと、以降想像出来る行動にクラブとしての経営が成り立たなくなってしまう

で、止めたのね?
違うの?

違うと思います
いつもの単なる妄想遊びなので信じないようにね

とにかく
レオは2nd stageも一緒に闘ってくれるんだって分かったので、これから安眠する
コメント (4)