アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

横浜Fマリノスvsアルビレックス新潟 第33節 2014

2014年11月30日 | アルビレックス新潟
朝7時、高田を出発

激しい雨
高速道路は所によって濃霧に包まれ視界も悪い
横浜の予想天気は曇りらしいが本当に降っていないのだろうかと疑いたくなるほど、山を越えても降り続く

スタジアムにはお昼前に到着するも土砂降り

でも、「Strong in the rain!」なアルビだからと前向きに



繁華街に出て昼食を摂り、2時まで車の中で休む
開門は3時からだし、そろそろ並ぼうかとスタジアムへ
雨もなんとか上がってくれた

入口付近ではマスコットとの記念撮影

またマグロの解体ショーとかに長蛇の列だが、それにも増してアルビ側待機列は人で溢れかえっていた

やっと中に入り、雨は止んでもまた降り出したら嫌だなと屋根のある一番後ろに陣取る




試合が始まるまで少し時間があったので先行されていた他の結果を確認
鳥栖vs浦和
菊ちゃんが一発レッドでPK献上し万事休す
とはならず、ロスタイムの残りワンプレー?で同点w
G大阪vs神戸は余裕のよっちゃん
この結果、最終節を前にしてトップが入れ替わる

柏vs清水は清水が敗れ崖っぷち
C大阪vs鹿島は鹿島が引導を渡す

C大阪に対するツィートでサポとして残念だなぁと思ったのがあり、フォロワーさんではなかったのだけど反応してみた
試合終わって掲げられた段幕には
史上最攻は経営だけ
大事な強化は空回り
20年間の経験を財産にできないクラブに花は咲くのか?


こんなもの、サポが事前準備しちゃならんだろうと悲しくなったものでね
でも、聞いてみると納得
これに負けると降格だと多くの選手が知らずにプレーしていたということに未だに信じられない気持ちだけど
そういう選手がいて、監督やスタッフ、経営陣はと思うとサポが哀れである

少なくとも、うちは田村ちゃんをはじめとした方々にそんな人が皆無!
というのが当たり前に思っていたが、こんなことを有り難く思わないといけなかったのだろうか


ささ、気を取り直して、ゲームが始まる

舞行龍を押し退けてカズ先発(T ^ T)
川口もやっと認められたか
昨年は育てる意味も大きかったと思うが、ここに来てそれはないだろう
もはや実力だと思うぞ!
そして達也
ヤンツーもやっと達也の良さが分かったようだが遅いんだよなぁ

控には翔が復活、黒河はどうした?
加藤はベンチからも外れる・・・ココに危機感

雨は上がったというのに試合は開始早々からCKとか雨あられ
まぁドタバタもしたけどよく凌いだ
さあ反撃だというところで慶ちゃんが傷む
続行は無理ということでマツケンがイン
前半で選手交代は痛いが、そんなことより慶ちゃんは大丈夫なんか?
歩いて引き上げていったから酷くはないだろうが心配でたまらん
(今朝の新潟日報によると軽傷のようだ)


後半、なんで?(T . T)
いや、前節は逆転した
今節も逆転だψ(`∇´)ψ



臨んだんだけどねぇ(-_-;)

亜土夢良かったなぁ
でもFKは他の人に任そうかねぇ
レオも凄かったなぁ
押し寄せる敵を鮮やかな足捌き、体捌きでヒラヒラ躱すんだもんなぁ
でもボレーシュートは止めようね

他の選手もシュートいっぱい撃ったんだけど、相変わらず枠に行かないねぇ
行ってもGKの正面とかだし

そんなわけで

相手の樋口監督が今季限りで退任する
彼は昨年、優勝まであと一歩のところまでチームを導いた
ここで勝てば優勝だというホーム6万人を超えるJリーグ新記録の動員をかけて臨んだ試合に...

空気読まないチームでゴメンね
このことを一生忘れられないということだったので、恨まれてもいけないので今回は負けといてやる
いい思い出にして下さい

なんてね(-_-)

挨拶に来る選手と、負けてもいい試合だったぞと称えて迎えるサポ

上はないが下もない
そんな消化試合ではあったけど、そんなこたーどーでもいい
君らのファイト溢れる試合が観れたことが嬉しいのだ
...そんな感じ?


いい試合はするんだけど勝てない
そういう1年だったかな
締めくくりはそれを一掃する展開を期待する


あぁそうか
ここんとこ、相性もいいし、雨で負ける気がしなかったんだけど、試合が始まる前に雨は止んでいたもんなぁ





付録
終盤力鬼畜の大宮が後半ロスタイムに力尽く
これにより、残留争いは大宮と清水となるのでここでオレンジ伝説は終止符となる
清水は引分け以上で自力だが負けるとおそらく降格
大宮は勝つしかないが多分勝つ
だから負けても!は期待するな清水!
だから何があるかわからんから勝て!大宮!

あと、ここまでホームで勝利がない徳島
J1にいた証としてサポのためにも最後は勝て!


コメント

明日は...あるのか

2014年11月28日 | アルビレックス新潟
早く帰って明日の準備したいなぁと思っていたらメール
いつもの試合のお知らせか?と見てみると2通

木暮郁哉選手の契約満了



寂しいですね
これから先ずこういうのがドンドン来るのでしょうね

2012年、チームはどん底の成績
郁哉も試合に出ることはあまりなかったかと記憶
それでも出場した大宮とのナビスコカップで見せてくれた闘志は感動ものでした
0-3となっても諦めず、果敢なプレーで反撃の口火を切り、結果4-3という大逆転
郁哉と言えばこの試合をいつも思い出す
低迷している今、こいつを使わなくてどうするんだとヤキモキしたけど、結局リーグ戦で使われない不思議だった

何故に水戸にレンタルなのか、そしてJFL

そんな(というのはそこで頑張っている選手に失礼だけど)ところで燻るような選手とはとても思えない
アルビを見返してほしい
このまま終わらないと期待している


今は徳島の千代反田充選手も契約満了とか

徳島をJ1に引っ張り上げるも怪我に泣いたシーズンとなり、さぞ口惜しいことと思う
4月に徳島へ遠征に行ったときは怪我で療養中にも関わらずわざわざアルビサポ側まで来てくれての挨拶
帰りのバスにはお土産まで
ホントにいい奴

お返しにホームでの勝ち点3献上は痛かった(T^T)

2008年だったか?なかなか残留が決まらずモタモタし、負けたことに切れて叫くサポに「まだ試合はある」とかいうような言葉で怒った顔で言い返していたのが印象的
いつも頭に包帯を巻いていたような激しいディフェンスでチームを支えていたのにね

彼はこれからどうするのだろうか
まだ選手として通用すると思うのだけど、いつか指導者となったときには、また関係が持てるといいなと願う
コメント

天皇杯って今年はやらなかったのか?

2014年11月27日 | アルビレックス新潟
昨日は楽しい飲み会だったので忌まわしいことには触れないで眠ったのだが

今日になってちょっと確認をしてみた



天皇杯準決勝
J2同士の闘いとなった千葉vs山形は山形の勝利
この両チーム、J1への残り1枠を争うチームである
磐田vs山形の勝者が千葉とということなんだが、僕はあんなに近い山形へはまだ試合を見に行ったことがない
だってアウェーは一昨年の磐田戦から行き始めたのだからね
だからこんなに近い山形へアルビの試合を見に行きたいと思っている
もちろん、J1の舞台でだ
だからこの勢いで磐田を破り、再度千葉を沈めないかなと願っている

J1同士の闘いとなったG大阪vs清水
今の状況じゃ見るまでもなくG大阪の勝利
一番勝ってほしくないところが

そんなわけで決勝戦はG大阪vs山形となったので
ここは山形に勝利してもらいたいと...

思おうとしたんだけど...

なんで山形に天皇杯優勝の先を越されないといけないのか
これは耐え難きを耐えても無理

G大阪に天皇杯までも優勝されるなんてこれも無理

無理!!


そんなわけで
今年の天皇杯は
なかったことにしよう(^-^)ヾ(・・;)

さ、これで難問も解決
楽しい週末の横浜戦の準備をしようかな
コメント

心配でたまらん

2014年11月26日 | アルビレックス新潟
大野和成のこと

今朝の新潟日報にも、今日のオフィシャルにも悪化はしていないが股関節の痛みは取れていないと出ているのだ
試合で躍動するカズを見たくて仕方ないが、前にも書いたがここで終わってほしくない
世界一のヘッドトレーナーがいるアルビだから信頼しているが...

いい方に向いていくことを祈る

さて、その新潟日報に上尾野辺めぐみがなでしこリーグのベストイレブンに選出されたとか

相変わらず男前である
失礼ながら、彼女が新潟に居続けてくれる意味が解らんのだが、そうしてくれていることがとても嬉しい
これからもずっと新潟で頑張って欲しい
だからプロ契約して十分にもてなしてもらいたいと願う



とにかく、今日は酔っているので寝る
おやすみなさい
コメント

またしてもエルゴラが!

2014年11月25日 | アルビレックス新潟
今朝(首都圏では昨日)のエルゴラを読みましたか?

先日の試合の選手採点、また最低点が6.5点!

これは第27節川崎戦以来かな
っていうか、こういう試合が出来るというのが素晴らしい
優勝を争っているチームにだって出来ていないのだ

ああ、毎回こんな試合が出来ていればとっくに優勝決めているのに...



ま、それぞれ採点者が違うので他と同じ目線では見られないのだけど
それは分かっているつもりだけど

超気持ちいー!( ´ ▽ ` )ノ

みんな頑張っていたもんね
それを評価してくれるというのは嬉しい限り

今朝の新潟日報のえのきどさんも触れていたけど
新潟はお客さんがいっぱいいると燃えるみたいだ

当たり前にいっぱい来ていたときはその素晴らしさが分からず、負けてがっかりさせていたけど
ここに来て彼等も有り難さが分かったのか、単にモチベーションが上がったのか
何にせよ、いいことだ

そんなわけで
ここ、大事なので強調してみました

そんなわけで
次節も出来たらだけど無理は言わない
最終節、12月6日(土)15時30分、最高のフィナーレを満員のスタンドで迎えましょう!

満員の感動を味わい、来年もここでやりたい!と思わせることが出来るのは、おら達の声援しかないと思うぞ


ささ、今から行けるように万難排して準備ヨロシク♪
コメント