アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

話が違う

2019年03月01日 | アルビレックス新潟
今朝、1月にお亡くなりになられた兼高かおるさんの話題がテレビから流れた
当時、女性がひとりで海外を含めて旅行などというのは考えられないことだったと
妻「ああ、それは今もまだ」
僕「は?」
妻「アウェイになんて今でこそだけど、あなたひとりで...」
「ちょっと待ったー!」
当時、平成24年、このブログを始める何週間か前、確かに僕はひとりでアウェイ磐田戦に行きましたよ、ホント、嫁はおろか誰ひとりとして知人もいない中、どうやって行けばいいのか、そこでどうすればいいのか、何ひとつ知識なかったけど、いい大人なので自分で調べたし、行き帰りの道中も寂しかったけど、再掲するけど、いい大人なので、泣かずに言って来ますた

何故行ったか

おまえが「家にいてボーッとしてるなら、私は忙しくて行けないから代わりに行って落ちるんじゃねーって応援して来い!」ってチケット買って寄越してケツ叩いたからだろうが( ̄Д ̄)ノ

それまではシーパスは家族分持っていたけど、アウェイなんか全く行ったことなく、ホームだって年間半分も行ってなかった程度の熱しかなかった僕に、その後の大宮、仙台(清水は確か平日で休み取れず)と行かされ、なんかもう行かなきゃならんのかと洗脳されて、翌年からは一言も行って来いと言われてないのに行かなきゃいけないもんだと思わされてたっていうのに

なんてね
言いたいことは分かるが、あなたを置いてひとりで僕だけ楽しんだって脳内変換するのだけは止めて
僕は貴方のために、貴方の代わりに戦ってヘトヘトにいつもなってたのだからw

そんなわけで
兼高かおるさんの時代はともかく、アウェイにおばちゃんお嬢さんよく見るし、爺さん従えた婆様も目にします
良い時代になったってことでいいでしょうか

そんなことより
モバアルZ始まりましたね
年寄には慣れるまで時間がかかりそうです
コメント