アル中の妄想日記

アルビレックス新潟中心に、身の回りのことを

四国松山へ一句捻りに妻と行って来たのだが

2017年07月20日 | 旅行
先週のプレバトを見て、愛媛に一番海に近かった駅があったというので、そこに寄ってみることにした

僕が住んでいたのは現在の松山市(旧北条市で松山市の東にくっついていた)であり、地理的には松山市の西側にある伊予市というものに行く用事がない
更に向こうの八幡浜市、大洲市、宇和島市等南予地区は、遠足かなんかで一度行ったかなという記憶しかない
だから当然と言ってはいけないのだが、そういう駅があったなんて知らなかった
知らないでおいて言うのも変だけど、いつの間にかそういう座を何処かに奪われたってのは癪に触るね
駅作るとき、もっと後ろにしやがれ!って思います
後から来たものにその座が奪われるってのは、(以下自粛)

行くとホントに小さな駅


中に入ってプラットホームが

何故かこんな小さな駅に人はいっぱいいたのに、来た列車に乗る人は少なく、降りる人もそんなでもなく、走り去って行き、それを見送る妻

ご覧になってお分かりのとおり、電化されていません
それこそ僕が住んでいた頃は全線ディーゼルでした
小さい頃は隅っこに石炭が山のように積み上がっていたのを覚えています。SLのご飯ですね
その後に電化も進んだようですが、こちら側は山間部が多く、必然的にトンネルも多く、長く、早急に完全化するメリットもないということなんでしょう

駅構内にはこんなベンチもあり、ラブラブなふたりが座ると滑ってくっついちゃって余計アツアツとなるというものなので、試しにふたりで座りました
妻「...動かないね」
ここで一句
と思ったけど、嫁に殺されるといけないので止めときます


さて、久しぶりに松山城にでも行ってみるかと

行きはケーブルカーで帰りはリフトを使いました
お城の入口で武将というか、あれは足軽かな?な服装のお兄さん方が写真を撮ってくれていたのでiPhoneを渡して僕たちふたりと足軽さんと「せえの!まつやまじょう!」って言ってパチリ
僕たちの前の組の外人さんたちのを見ていて楽しそうだったのでやってみたのだが、やはり気恥ずかしかった
だからここには掲載しない

中に入り


いろいろと見ては来たのだけど
妻「夏に来るところじゃない」
ホントに暑かった、汗かいた、それでもきっと喜んでくれたんだよね?ね?
下りのリフトに乗ろうとしたら大分トリニータのユニ着たおっさんが来たので、思わず僕らも見に行きますよと話しかける
どちらから来られた?と聞かれたので「新潟」と答えたら「何で?」って理解出来ない顔をされた
そりゃそーだよね

そのままニンジニアスタジアムに行こうと思ったのだけど、とにかくシャワーを浴びたいと一旦ホテルに戻り出直す

行くと

九州の災害への募金ですが、昨年も熊本では大地震があり、やるせないですね
この日の試合はその九州の中の大分が相手


前半に愛媛FCは大分トリニータに先制を許すも後半、河原の枠ギリギリのコースに鮮やかに決め同点とし、有田が追加点を奪い逆転
勝ったなと思ったロスタイムが5分って
長いわ( ̄Д ̄)ノ
案の定、同点に追いつかれ、更には逆転かよな、勝点3が1どころか0?な攻撃に耐え終了
勝ち切れぬ悔しさと疲労困憊からか長く両手を膝にあてがい、息を整えるかのような河原の姿を見ると、もう少しだったのにな、勝たせたかったよなと思うが

河原って、いっつも最後を歩くんだよねw
とにかく、上も下も団子状態な今、根を上げたら負け
苦しいときだけど歯を食いしばって頑張って

そんな旅行二日目の一日でした
翌日は朝早くから高田目指してまた長旅ですしね

今回、2泊は同じホテルに連泊しました
アパホテルでして、そこに備え付けてある本を妻が見つけ
妻「社長と会長?なんでこんなに美形なん?」


わ、若いときはそうだったんじゃないのか?
僕らと一緒だ、多分(^◇^;)


コメント

愛媛に行ってきた

2014年06月14日 | 旅行
急に行って来なければいけない用事が出来たので金曜日の朝、出発して、先ほど帰って来た
たったひとりで車を運転して往復したら、今、腰にきてる
これから引き続き一週間休みたい気分だ

用事を済ませて、さて帰るかとしまなみ海道を目指したら目の前に可愛い顔が


なんだ?と思ったら


なかなかにいいんでないかい?
増田運送は愛媛FCを応援しています
というのが全力でわかる
ここまでしてくれると嬉しくなるね

帰りのSAでじゃこ天うどんを食べる

大変美味しゅういただきました

強行軍でクタクタだけど、このふたつで、なんか幸せ

さて、明日は代表戦だ

起きれるだろうか
コメント