Photo Cafe 光のアトリエ

マンボウのフォトログへようこそ

有松絞りまつり2007(その2)

2007年10月14日 | ポートレート
先週に引き続き、「有り松絞りまつり」の模様をお届け致します。


このお祭りの主役、「有松絞りメイツ」のお二方です。
毎年4月に選考会(結構倍率が高いそうな)が行われ、厳しい選考で2人の方が選ばれます。

彼女たちは来年の4月までの1年間、「有松絞り」の宣伝活動に専念するため、他のオーディションには一切応募出来ないそうです。

以前は「ミス絞り」と呼ばれ、選考会はさながら「モデルさんのオーディション」といったところですね

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm F2.8-4D
F4
+0.3EV
ISO100
スポット測光使用


このお祭りでは、「有松絞りメイツ」の他、「中日フォトメイツ」のお二方も加わり、撮影会が開催されます。
僕が行った日はお祭りの2日目であったため、撮影会には参加出来ませんでした

でも、撮影会ではありませんでしたが、4人揃っての一枚です。
後の子供さんがまるで○後○みたいでしたが…


自然な表情を狙ってみました。

上記3枚は、
Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm F2.8-4D
F3.2
+0.3EV
ISO100
スポット測光使用


このお祭りは、丁度この花の季節に行われます。
まつりの花に、さらに花?を添えてみました。

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm F2.8-4D
F3.8
+0.3EV
ISO100

余談ではありますが、僕は人を撮る場合、「スポット測光」という機能を使います。
「スポット測光」についてはこちらをご覧頂くとして、結婚式など厳密な露出設定が要求され、失敗が許されない写真を撮る時など、人の肌に適正露出を決める事が出来るので、結構重宝します。
今回の写真は、彼女たちの肌を明るく写してみようという事で、1/3段明るめに露出補正をかけてみました。

ちなみに、フィルムカメラ(Nikon F3・FE2)を使う場合は、単体露出計を使う事があります。
また、このブログでは、撮影データに測光方式の表示がない場合は「マルチパターン測光(フィルムカメラの場合は中央部重点測光)」で撮っています。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。