五叉路のグラフィティ

田舎者からの便り...。

犬が3匹必要なほどの寒い夜に

2021-01-10 19:35:11 | 音楽

新年に入り35年ぶりの大雪が福井・富山北陸地方で降り、海外では
スペイン・マドリードで50年ぶりの大雪だとか(1/10現在)。
記録的な寒波に見舞われてる皆さんお気負つけ下さい...という訳で。

Joy to the World: Their Greatest Hits/Three Dog Night  (1974)
70年代前半に数多くのヒットを放ったスリー・ドック・ナイト(TDN)の2枚目の
ベスト盤です。忘れ去られてしまった感があるグループですが、コレは13曲の
シングル・ヒットナンバーにアルバム収録曲1曲という14曲入りお得盤LP。

CMなんかでも使用される№1ヒット”喜びの世界Joy To The Wold”や
One”,”Old Fashioned Love Song”なんかは、この曲聴いたことある!
というポップス・ファンが多いのではないかと思われます。3曲ともイイね。

3人のボーカリストがいるという珍しいグループ。だから恥ずかしなら最初
7人グループとは知らないで3人のボーカルブループだと思ってました(汗その1)

エルヴィス・プレスリーファンの僕としては”Never Been to Spain
(・・・ぼくもスペインに行ったことがないけど・・・汗その2)をELVISがすぐさま
カバー『エルヴィス・イン・ニューヨーク』(1972)に収録してるのに驚きました。
きっとTDNのメンバー達も喜んだことでしょう。だからこの曲もお気に入りです。

ワンちゃんが3匹もいない貴方は、スリー・ドック・ナイトを聴きながら
寒い夜を暖かくしてお過ごしください。

<追伸>このアルバム、彼らの最初のナンバーワン・ヒット
”ママ・トールド・ミー(Mama told Me)”があれば最高なんだけどね(汗 おまけ)

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 丑も知らないCowboy Outfit | トップ | 昭和歌謡・POPSの終焉 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダンヒル (240)
2021-01-10 20:44:52
こんばんは。
このベスト盤、ジャケもよく見ますね。内容も素晴らしい。確かになぜMama Told Meが収録されていないんでしょうね。
ダンヒルといえば、ダンヒル・リズム・セクション!ハル・ブレイン、ジョー・オズボーン、ラリー・ネクテル。彼等の演奏大好きなんですよ。グラスルーツ、ママス&パパス…。ダンヒルって、殆どがこの影武者の演奏と思っていたのですが、スリー・ドッグ・ナイトは違うみたいですね。
ダンヒルレーベル (moondreams)
2021-01-11 14:12:26
70年代はまだレコード会社の社風が音にも感じられますよね。ダンヒルにしろA&M、エレクトラ、アサイラムにしろetc...。
TDNにはヴォーカル〈Vo〉 のほか楽器演奏できる(ギター〈G〉 ベース〈4981B〉 ドラム〈Dr〉キーボード〈Key〉)メンバーがいましたね。
Unknown (サイコチキン)
2021-01-12 06:25:45
ムンドリさん…おはようございます。もぅ~寒いよ~(ヨコハマ)❄❄❄。今にも、雪が落ちて来そうな、ど~ん…とした空です。『スリー・ドック・ナイト』は…こもれ日射し込む…ウッディな部屋で、セピア色の風🍃を感じながら聴いておりました。注→(立付けの悪~い…オンボロアパートの日焼けした畳の上で、隙間風にふるえながら)。当時は、ドーナッッ盤を買うのがやっと…でした。『よろこびの世界』『オールド・ファッション・ド・ラブ・ソング』… … …『ライアー』も良かったなあ🎵…しかし…この人達は、一体何枚ヒット・シングルを出しているんだろうね…?
チキンさん今晩は (moondreams)
2021-01-12 21:23:20
今日は、全国的に寒かった。
スリー・ドック・ナイトは来日公演もあったくらい人気グループでしたね。
Unknown (ローリングウエスト)
2021-01-12 21:45:37
スリードッグナイトはわが洋楽入門時の全盛期バンドでした!「喜びの世界」(子供番組用に書かれたウシガエルのジェレマイアの主題歌)。6週連続全米NO1(200万枚を突破する大ヒット)を記録した70年代のアメリカンロックを代表する名曲ですが、現在も映画やCMに使われていることから若い人にも大いに浸透しているのではないでしょうか。声質の違うリードヴォーカリスト3名(ダニーハットン、チャックネグロン、コリンウェルズ)を前面に立て4人のセッションミュージシャンがバックで支えるという異例のバンド構成のグループでした。でもこのバンドって一体どの路線を目指しているんだろうと認識できませんでした。「喜びの世界」に続くヒット曲が重厚な「ライアー」(今も一番好き!)だったので小生は完全にハードロックグループと信じ込んでいましたが、その次の大ヒット曲がメロディアスな「オールドファッションドラブソング」(1971)、さらにファンキーチックな「ブラック&ホワイト」(1972)と全く違う曲調でのヒットが連発し「ムムム・・」とジャンル分けに悩みはじめ、「シャンバラ」(1975)になると、もうこのグループは「何でも屋さん」だったんだネ~とやっと理解しました。
RWさん今晩は (moondreams)
2021-01-12 22:00:37
たくさんのTDN曲及びバンドのご紹介ありがとうございました。
Unknown (サイコチキン)
2021-01-13 09:04:26
40年~?50年ぶりに、『スリー・ドック・ナイト』を聴いて…やっぱりスリーメン・ボーカルって…いいよね…。鍵盤の使い方も粹で、ドラマティックな世界がひろがり…泥っぽい、🍠臭さ‼…(笑)…がなくて…好きだなあ🎵『ママのお小言』も…イイネ…👍。ムンドリさんも、240さんも、ローリングパパさんも、ご存知でしょうが。当時…休みの日などは、寒いし!…用ないし!…金ないし!で一日中湿気で重たくなった綿布団を…頭から被り…でんでん虫🐌の様になって、レコードを聴いていました。…ムムム!…ワタシダケカ…💦
おめでとうございます。 (きさ)
2021-01-13 11:25:30
『スリー・ドック・ナイト』は懐かしいですね。
チキンさんへ (moondreams)
2021-01-14 12:30:02
A面からB面に裏返しに行くのに布団から出るのは勇気がいりますね
きささんへ (moondreams)
2021-01-14 12:33:07
あけましておめでとうございます
はやくコロナ禍のない”喜びの世界”になってほしいものです!

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事