五叉路のグラフィティ

田舎者からの便り...。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨に唄えば

2005-06-16 22:07:15 | 映画
今週 6/13 NHK-BS2で映画「ザッツ・エンタテイメント」(1974)
を放映していました。黄金期のハリウッド・ミュージカル映画等
の有名シーンなどを綴ったアンソロジーなんですが ご覧になりましたか。

案内ホスト役で出演していた故ジーン・ケリーの「雨に唄えば」(1952)
は、リバイバルなどで何度観ても、理屈抜きに楽しい映画。

恋人を家に送り届けた後、雨の中 恋する気持ちのうれしさを、
こうもり傘と唄と踊りで表現するG・ケリーの有名なシーン(写真)
ミュージカル映画の醍醐味とはこれ!です。"Singin' in the Rain"
の他に"Good Morning"なんかのナンバーもなかなかよろしいデス。

よく 有名シーンやあらすじを知っているだけで、見た気がして
実際は見逃している映画ってありますよね。
「雨に唄えば」が もしそうなら、
あなたの人生において1/1000は、損すると思います。
(なんか へんな宗教の勧誘みたいだな・・・ゴメン)

幸いに今 日本は梅雨
雨の日で、どこへも出かける用事のないお方
古臭いなどと言わず、ビデオでもDVDでもいいから、
「雨に唄えば」をちゃんとみれば、
10倍はハッピー&元気になれますよ。

今週末、僕も(録画)ビデオで見直そう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Who\'ll Stop the Rain | トップ | ファンキータウン&ポップ・... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBをたどってきました (take-and-hide-style)
2005-06-16 23:03:10
はじめまして。

トラックバックをくださり、ありがとうございました。

私からも、ということで、相互TBさせていただきます。

今、BSでやっているのですね。

BSに契約していない私、見たくても見れないのです・・・まぁ、いいでしょう。

でも、本当にいいものは、時代を経てもいつまでもいいものですよね。



お邪魔しました^^
雨に唄えば・・・ (Qり)
2005-06-17 23:57:04
こんばんは、TBがあってびっくりしました。へへっ・・・。この曲、大好きなんですが じつは映画はちゃんと見たことありません。・・なので五叉路さんのTBを見させていただいて「ほおーっ」なんて初めてストーリーを知りました。ちょっと恥ずかしいです。でも ほんとに雨の日は 必ず唄って傘をくるくる回してるんですよ。
はじめまして (yk_rocks_myb)
2005-06-18 02:44:29
トラックバックありがとうございます

「雨に唄えば」の映画、まだ見たことないんですが、なんだかあらすじを見たら面白そうですね。今度見てみたいと思います。

あ、私からもTB送らせてくださいね。

それでは。
大好きです (ぐり)
2005-06-27 00:37:13
こんばんは。

どこにレスをつけようかと思ったけど、一番共感したところにつけます。



私もこの映画大好きです!

「恋する気持ちのうれしさ」、本当にそうですよね。

うれしくてうれしくて、雨でびしょ濡れになっても全然気にならない、って感じ。

見ているだけでハッピーになって、見終わったとは好きな人に少し優しくできそうな映画です(笑)



私も今度見直してみようかな~
わあ! (プラム)
2005-12-06 16:05:30
これも好きな映画です~。。

私が好きな映画はほとんど古きよき時代の作品なので

重なるところが多くてとても嬉しいです~。
ダンスが最高! (まいじょ)
2006-10-06 01:40:40
正直にいうと「シンギン・イン・ザ・レイン」も「グッド・モーニング」も曲自体、そう大した名曲ではないと思います。でも、すごく印象に残って、メロディを聴くと映画のシーンが浮び、思わず口ずさみたくなるは、ジーン・ケリーをはじめとするエンタテナーの実力だと思います。
TBありがとうございます (しゅぺる&こぼる)
2009-07-11 21:19:34
こんばんは~~。
TBどうもでした。
雨の時期には必ず思い出すのが
本作でしょう。
懐かしやの記事ですね。
moonさんの歴史あるブログの重みしかと受け止めました♪
もうもう理屈は要りませんね。
とにかく未見の方は今すぐ観なさいって作品ですね。(^^)
雨もまた楽し。 (moondrams)
2009-07-12 09:24:04
と思える映画ですね。
子供のころ水たまりをじゃぶじゃぶする無邪気さ・純粋さが、この映画(この頃作られたミュージカル映画)にあふれており何度見ても楽しい映画!
しゅべる&こぼるさんコメント&
TBありがとう。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

Singing songs in the rain (My Life, My Style)
とうとう梅雨入り。 わが家の窓の外では、未明から大粒の雨がしとしと降りつづけています。 そういえば昔、映画で、雨が降る街の中で、傘も差さずに(持ってはいたかも?)踊りながら歌う映画がありましたよね。 その挿入歌「雨に唄えば」、主人公のジーン・ケリーさんが歌っ
 (つれづれみやび~雅を愛する日本女子の日記~)
いよいよ梅雨も本番って感じですね 「雨に唄えば」つながりで映画の話題を少々。。。 タイトルは聞いたことあったんですが、実際この映画を見たことないんですよね 今週BSで放送していたそうですが・・・ なんだかステキなお話みたいなので今度レンタル屋さんで借りてみよう
『雨に唄えば』 (プラムの部屋♪)
 監督はジーン・ケリー&スタンリー・ドーネン。 ジーン・ケリー&デビー・レイノルズの素敵なカップルに、 ドナルド・オコナーが仲良く絡んだ、素晴らしいミュージカル映画です。   ジーン・ケリー演ずるドンは、親友コズモ(ドナルド・オコナー)と共に スタン
雨に唄えば (愛情いっぱい!家族ブロ!)
ご存知、ミュージカルの決定版! やっぱり”雨”とくればこれですよね。 これってあまりにもダンスシーンが有名すぎてお話は二の次にしてたんだけど ストーリーもバツグンに面白いんです...