五叉路のグラフィティ

田舎者からの便り...。

明日は遠く

2021-02-11 19:15:11 | 音楽

緊急事態宣言の延長が続く…
平穏な日常(明日)を待ちわびながら~明日は遠く~

明日は遠く/エルヴィス・プレスリー(1999)
Tomorrow Is a Long Time / Elvis Presley
1960年代のエルヴィスは映画製作に没頭し、映画用に吹き込んだ
多数の曲がサウンドトラック盤や主題歌がシングル曲として乱発
されたが、映画の内容と同様に完成度が低下していった。

ところがだ!KING:ELVISが、ひとたび真摯に楽曲へ取り組めば
ブルース、R&B、フォーク、ロック、カントリー・・・など
圧倒的な表現力でなんでもこなしてしまう。これはエルヴィスの
1966年から1968年にレコーディングした曲から珠玉の18曲を収録。
各サントラ盤のボーナストラックやシングルB面に散在した楽曲から
隠れ名曲をパッケージしたもの。

ギター・マン” ”ハイ・ヒール・スニーカーズ” ”ビッグ・ボス・マン
横町を下って”...etc。そして、ボブ・ディランの隠れ名曲 ”明日は遠く
ELVISの偉大なパフォーマンスが甦るぜ!!”アイル・リメンバー・ユー

貴方もこれら渋い選曲の傑作の数々を聴いて
ELVISを見直す機会になったらうれしいなぁ。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 銀弾 ❛LIVE❜BULLET ロック魂編 | トップ | キッド »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローリングウエスト)
2021-02-15 06:18:25
小生がエルビスを知ったのはビートルズが解散した1970年、当時日本でも大ヒットしたドキュメントLIVE映画「エルビス・オンステージ」を観てからです。その映画の象徴曲こそが上記に紹介した「この胸のときめきを」・・、そしてアップテンポな、「バーニングラブ」です。おデブになったしまったエルビスでしたが、襟の立った真っ白なディナーショースーツ(大きいボタンが一杯付いていた)で歌う彼の姿は、当時の我々にとっては憧れの井手達やファッションだったような気がします。リーゼントヘアやモミアゲ姿、ベルボトムのズボンをはいていた奴が周りに沢山いたなあ・・(懐) 1977年に僅か42歳の若さでエルビスは天国に召されてしまいましたが、彼が残した足跡や名曲の数々は永遠に語り継がれていくことは間違いありません。
Unknown (moondreams)
2021-02-16 20:05:53
RWさんコメントありがとうございます
「エルビス・オン・ステージ」ステージ・アクションがかっこよかった!
60年代のエルヴィスもよかですよ。
Unknown (shizukata)
2021-02-28 10:52:01
プレスリーいいですね。私はレコードたくさん持ってます。
一番最初に聞いたのはハウンド。ドッグでした。そのころは
You ain't nothing but a hound dog がこんな風(湯煙、夏原 ハウンドドッグ)に
聞こえてしまいました。
ロックンロール、リズムアンドブルース、スローバラード何でもうまい歌手でした。
今はこの様な上手い歌手がいるのでしょうか?
Unknown (moondreams)
2021-02-28 14:30:30
>こんな風(湯煙、夏原 ハウンドドッグ)に
聞こえてしまいました。
ぼくも英語がよくわからないで、でたらめの歌詞で唄ったりします。エルヴィスの歌はどんなタイプの唄でも癒されま。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事