moon

この月の月はどの月の月

通勤読書881 映画がフィルムだったころ

2018年07月09日 22時35分11秒 | 読み物2018年

「キネマトグラフィカ」古内 一絵

映画会社に平成元年に入社した6人の男女。

それぞれの事情と葛藤と生き方が
フィルムリレーで表現される。

人はいろんな面を持ってるんだなぁと感じるし、
人は一筋縄ではいかないなぁと改めて思う。

ないものねだりな感じがするのは
誰でもそうなのかなぁ。

いくつになってもその時を思い出せるのは
同期の良さだなと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

 

キネマトグラフィカ
古内 一絵
東京創元社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 通勤読書880 面白い! | トップ | 通勤読書882 日本人でジョニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿