星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

History In The Making 2018大阪公演ファイナル(1)

2018-03-01 | DEAN FUJIOKA
●開演前BGM
まとまった形で書けないから、少しずつ思い出したことを。



2月24日ファイナル開演前。
大阪フェスティバルホールの階段下でふぁむっこのみなさんにご挨拶をした後、早めに会場へ。なぜってディーンさん選曲の客入れのBGMを聴きたかったから。ここからライブが始まっているという実感を味わいたかったから。



グッズ売り場でピンズがその日もsoldoutとわかったので、すぐに客席に向かう。1回後方支援席。前回の客入れの際にはblockFMにアップされている曲が流れていたとふぁむ友さんに聞いた。今回流れていたのは、ん? YUC'eさんだ!その後も YUC'eさんライクな曲が続く。スマホを出してShazamで確認すればよかったかな?そんなことしたらアカン気がしたから、ただ聞いていた。
RealSoundの記事によれば・・・「この日の開演前のSEでもYUC’eの『Night Club Junkie』『Future Cαndy』を始め、いろいろなトラックメイカーが作ったフューチャーベース系アンセムが多く流されており」と書かれていた。

これについて2/25のチェケラで話してた。ディーンさんが日常仕事で移動している時に車の中で聞いている曲のプレイリストだったそう。今回はフューチャーベースでいくと決めて、その中にいろんな言語の曲が入っているという感じ。オープニングの曲の演出も兼ねて、ギャップ、高低差、振れ幅みたいなものを考えたそう。オープニングのパフォーマンスが違えばフューチャーベースじゃないものになっていたとのこと。

オープニングのパフォーマンスへの導入・・・TwiterのTLでみんながトンデモなことを書いていたあのパフォーマンス! BGMに関してだけいえば、たしかにギャップ大きすぎ。待ち時間は極めてかる〜くワクワク感とともにリラックスした空気が流れていたと思う。


こんな書き方してたら何日かかるんやろ・・・。




●このブログ内の関連記事
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(4)2018/3/8
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(3)2018/3/5
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(2)2018/3/2  
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(1)2018/3/1 
大阪2days〜予定調和にならない感想。2018/2/25 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« TV情報。 | トップ | History In The Making 2018... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミ^_^ミ (mari_p911)
2018-03-02 02:14:38
やっぱりここ、落ち着くわ……。
怒涛の如くの数日間だったから尚更かな。
ディーンさんにしっとり浸れる隠れ家みたい。小料理屋さん。んや、カウンターバーかな。
ゆっくりでいいのでレポートお待ちしています。

更紗ママ、ディーン・マティーニをもう一杯。
mari_p911さま♪ (更紗)
2018-03-04 16:02:18
ありがとうございます!
ここは常連さんは今のところおひとりだけで すから(^^)どうぞごゆっくり。
私もここでおもいっきり浸っていたい♪( ´θ`)ノ
ママもなかなかここに来られませんが、ぼちぼちアップしていきますのでよろちくわ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DEAN FUJIOKA」カテゴリの最新記事