星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

History In The Making 2018大阪公演ファイナル(1)

2018-03-01 | DEAN FUJIOKA
●開演前BGM
まとまった形で書けないから、少しずつ思い出したことを。



2月24日ファイナル開演前。
大阪フェスティバルホールの階段下でふぁむっこのみなさんにご挨拶をした後、早めに会場へ。なぜってディーンさん選曲の客入れのBGMを聴きたかったから。ここからライブが始まっているという実感を味わいたかったから。



グッズ売り場でピンズがその日もsoldoutとわかったので、すぐに客席に向かう。1回後方支援席。前回の客入れの際にはblockFMにアップされている曲が流れていたとふぁむ友さんに聞いた。今回流れていたのは、ん? YUC'eさんだ!その後も YUC'eさんライクな曲が続く。スマホを出してShazamで確認すればよかったかな?そんなことしたらアカン気がしたから、ただ聞いていた。
RealSoundの記事によれば・・・「この日の開演前のSEでもYUC’eの『Night Club Junkie』『Future Cαndy』を始め、いろいろなトラックメイカーが作ったフューチャーベース系アンセムが多く流されており」と書かれていた。

これについて2/25のチェケラで話してた。ディーンさんが日常仕事で移動している時に車の中で聞いている曲のプレイリストだったそう。今回はフューチャーベースでいくと決めて、その中にいろんな言語の曲が入っているという感じ。オープニングの曲の演出も兼ねて、ギャップ、高低差、振れ幅みたいなものを考えたそう。オープニングのパフォーマンスが違えばフューチャーベースじゃないものになっていたとのこと。

オープニングのパフォーマンスへの導入・・・TwiterのTLでみんながトンデモなことを書いていたあのパフォーマンス! BGMに関してだけいえば、たしかにギャップ大きすぎ。待ち時間は極めてかる〜くワクワク感とともにリラックスした空気が流れていたと思う。


こんな書き方してたら何日かかるんやろ・・・。




●このブログ内の関連記事
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(4)2018/3/8
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(3)2018/3/5
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(2)2018/3/2  
History In The Making 2018大阪公演ファイナル(1)2018/3/1 
大阪2days〜予定調和にならない感想。2018/2/25 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TV情報。

2018-03-01 | DEAN FUJIOKA
「坂道のアポロン」公式サイトより。
●MEDEIA→TV・ラジオ 
CX系「VS嵐」3月8日 ゲスト(知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、山下容莉枝、野間口徹)
真野恵里菜さんが出るからディーンさんの映像も流れるかも。

●MEDEIA→特番
地域によってバラバラ。早いエリアだと石川県が今夜(深夜)放送。

関西では 3月2日(金)26:15~27:04 読売テレビ
金曜ナイトパーク「もみ消して冬&トドメの接吻・見どころSP/坂道のアポロン」
出演 知念侑李(Hey!Say!JUMP) 中川大志 小松菜奈 三木孝浩監督 ディーン・フジオカ 中村梅雀 真野恵里菜(他)
知念侑李&中川大志&小松菜奈のトークセッション。

●「坂道のアポロン」15秒CM
スッキリを録画してたら10時台にたまたまが入ってた!


ディーンさん出演じゃないけど、ディーンさんが行ったと思われる平井堅さんのライブ。2月に見逃したので今月こそ!
平井堅 Ken's Bar 2017 X'mas Special !! 
3月17日(土)12:30~ WOWOWライブ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SNS更新〜グッバイゆうてもまた会える

2018-03-01 | DEAN FUJIOKA
2/28のお昼前後(たぶん)のInstagram。めっちゃくちゃくぁああっこいいい画像がアップされました。

そこに書かれた漢字のハッシュタグ2行。
#二月春风似剪刀
#背影相对心仍照

ネットで調べたら「二月春风似剪刀」は唐代の有名な詩人、贺知章の詩《咏柳》の中の一節であることがわかりました。
こちらこちらを参考にしました。)
二月の春風は剪刀に似たり。(柳の細い枝葉はいったい誰が切り出したのか)二月の春風は鋏のように鋭い、というような意味のようです。

わからなかったのは「背影相对心仍照」。ありがたいことに、インスタでフォローさせていただいている人が和訳をしてくださっています。これは漢詩ではなくディーンさんのオリジナル。そばにいなくてもお互いの心、思っていることはわかる、というような意味だそう。

ひゃー!!キュウウウウウウンッ。後ろ姿のあまりのかっこよさに気を取られがちだけど、背中で語るディーンさんですね、これは。
次のツアーの約束はしなかったけれど、またすぐ会える。ファンのみんなの気持ちはわかってるし、みんなもわかってくれてるよね。そう言ってる背中なんだね。自分もロスってるのに、写真とハッシュタグでメッセージを届けてくれたんだよね。泣ける!感動!ほんまにありがとう!!


私のインスタですが、ディーンさんからリポストさせてもらった画像に、音源をプラスしました。
画像をクリック。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加