Moonfaceの雑記帳

ぼちぼちいこか

ゴゴゴゴゴゴ・・・

2008年06月24日 23時04分47秒 | 日々の出来事
集英社文庫「伊豆の踊り子」の表紙カバーを

荒木飛呂彦先生が書き下ろしということで



・・・・




こんなところに新手のスタンドぉ!

と、ドキドキしがら

買ってしまいそうな・・・




コミックコーナーに置いてあったら


気にせず普通に買ってしまいそうな・・・






すごいですよ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« すこし後ろに座ってみる・・・ | トップ | 甲虫ゲットでチュウ・・・ »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こ・これは・・ (早瀬五郎)
2008-06-25 18:40:11
日本文学は合わないよねえ・・・

いくら釣られても、伊豆の踊り子は読まないですわー

雪国とかのほうがまだマシな気が・・・

にしても日本文学は・・・
Unknown (Moonface)
2008-06-25 22:43:34
インパクト
あり過ぎですよね

イケてないですね (マードック)
2008-06-26 01:48:47
気になったんで、表紙だけチェックしました。

うーん、これは。。
外国文学ならともかく、日本文学にはあわないですねぇ。

でも、通常版の表紙も、へちょかったですけど。

Unknown (Moonface)
2008-06-26 21:41:48
>マードックさん


話題性というところから考えると
イメージがぴったりな作品よりも

「これは無い!」という
今回のは正解かも?・・・・


でも、見れば見るほど
これは無いですねw



戦略か~ (マードック)
2008-06-27 01:46:49
なるほど、そこまで考えが及びませんでした。

確かに、現在話題になっている作家の
新刊ならともかく、過去の普通は話題に
なるはずもないものについては、
このような手法は有効ですよね!

そう考えると、通常版のへちょい表紙も
「何だこれは」と思わせて、目を留まらせる
という役割は果たしていますね。
話題性というと (Moonface)
2008-06-27 22:17:20
同じように「合わないと思うけどインパクトあるぅ」は

「平城遷都1300年祭」
マスコットキャラクターの
「せんとくん」

あれは当たりでした


登場したときには
キモイとかいろいろ言われましたけど

対抗キャラが普通過ぎて
結局、強く印象に残っているのは


せんとくんの方・・・
乱立ですねぇ (マードック)
2008-06-28 00:56:45
せんとくん、まんとくん、に続いて、なーむくんが。。

キャラが一番立っているのは、せんとくんですよね。
あのキャラ、一度見たら忘れられない(笑)

戦略的な決定だったのかはわからないけど、勇気ある?決定でしたねぇ。

あとは中身のイベントを頑張ってほしいですね!



Unknown (Moonface)
2008-06-28 23:55:24
そうですね

イメージキャラ「せんとくん」は
いろいろ報道されたおかげと

その見た目のインパクトで有名になりましたからね


これでイベントも頑張ってくれると

みんなの心に残るイベントになりますよね



コメントを投稿

日々の出来事」カテゴリの最新記事