MOONの似顔絵エッセイ

似顔絵師MOONです。
似顔絵よもやま話をぼちぼちと書いていきます。

改装なった「20世紀の館」

2005年12月31日 | 映画
2000年10月、「20世紀の館」というホームページを立ち上げた。
開設してから丁度5年を経過したことになる。
このサイトは1940年から2000年までの60年間の、
いわば巷の文化史のデータをまとめたてあるので、20世紀に生まれた人
には是非一度遊びにきていただきたい。

20世紀から21世紀に移行する前に、私が生きてきた20世紀の記録を
私なりに残しておこうという想いをこめて作った。
出来事、流行語、音楽、日本映画、外国映画、出版、ラジオ(TV)番組、
人気漫画、手塚治虫、アニメ、物故者、誕生者のデータを2年の歳月を
費やして、60年間分のデータを集め、その断片をまとめたものだ。
特に手塚治虫とマンガに関するデータには力を注いだ。
マンガの神様、手塚治虫は昭和3年に生まれ、平成元年に亡くなった。
手塚治虫が生きてきた時代をたどると、昭和が見えてくる。

学校では歴史という科目があるが、大切ば戦後の日本の歴史については
おしなべて、素通りに近いように思えてしょうがない。
つまり、学校では昭和時代は、期末になって、時間が足りなくなるのだ。
マンガの専門学校の講師をしていた私は、漫画家ではないので
マンガは教えられないが、年配者として教えられることがあるだろう。
そこで、マンガを通して昭和の歴史を学習しよう、という大胆な企てを立て
データをワープロでまとめて、学生のために副読本を作った。
題して「巷の文化史・のぞき窓」。

ホームページ「20世紀の館」を立ち上げた動機は
このデータをインターネットで公開しようという気持ちになったことだ。
まず、ワープロでまとめた膨大なデータをパソコンに取り込むことから始めた。
HTML語という呪文のような言語と格闘しながら、次第にHTML語が
なんとなく理解できるようになり、作業が加速していった。
手作業で60年間のデータをなんとかカタチにし、四苦八苦しながら
私がはじめてホームページというものを作ったのは
私が勤めてきた専門学校を定年退職をする一年前だった。
開設して5年、多くの方々から来観していただいた。
現在のアクセス数は36700となっている。

2005年も暮れようとしている。最近の社会の出来事をみていると
暗澹たる思いになる。一体日本はどうなってしまったんだろう。
耐震強度偽装事件は、効率・利益を求めるあまり、社会のモラル、
生命の大切さを忘れた企業の体質が露呈してしまった事件である。
女児殺害事件が連続して発生したが、
凶悪犯罪が私たちの身の回りに日常化していることを意味している。
救いようのない事件が続出した。日本は何かが壊れている。

日本人のアイディンティティはどこにいってしまったんだろう。
平成に入って、モノは豊かになったが、心は貧しくなってしまった。
昭和時代はモノはなかったが、心は豊かだった。気概・覇気があった。
あなたが生まれた20世紀には、すばらしい宝物があった。
失ってしまった大切な宝物を是非探しにきていただきたい。
自分史を作ろうとしている人には、多いに役に立つことと自負している。
戦後を支え、来年から定年退職を迎えようとしている
心から「団塊の世代にエールを」贈りたい。
          
             改装なった「20世紀の館」の館主より

ローマの休日

2005年12月19日 | 映画
息子がレンタルビデオ店から借りてきたビデオ「ローマの休日」を見た。
白黒スタンダードは我が家のテレビにぴったり。白黒の画面が実に美しい。
この映画がロマンチック・コメディの王道の作品ということが理解できた。
オードリー・ヘップバーンの何と美しく、初々しいことか。
しかも王女にふさわしい気品と風格がある。
オードリーを冷静に見てみると、手も足も長い。愛くるしい小顔を
支えている首も長い。ウエストが細く、長身で抜群のスタイルは
スーパーモデルクラスだった、ということを改めて知るにいたる。

グレゴリー・ペックも、何とも若々しい。
ストーリーはシンプルで分かり易い。非常に丁寧に作られている。
古き良き時代の、ロマンチックで格調高い作品である。
この映画は41年前、1954年(昭和29年)に封切りされている。
私が13歳(中学1年生)の時である。
私の家は映画館を経営していたので、私が少年時代にこの映画は見ている。
この年、ヘップバーン・ヘアーカットが大流行している。

私は20歳から23歳まで、新宿にある「東京宣伝美術社」というところで
映画看板の修行をしていた。3年間だったが貴重な体験だった。
このあたりの話をエッセイ「映画の時代」として書いた。
興味のある人は覗いていただきたい。
このエッセイはは50章で終わりとなっている。
冒頭のイラストは、44章「作画部をスケッチ」の挿絵として描いた
イラストである。エッセイでは、映画看板のあの大きな絵は
どうやって描くのだろう? という疑問に対して、
現場からのレポートとして、書いたものである。

私が勤めてきた専門学校を定年退職する前の年、
2000年に私はじめて「20世紀の館」というホームページを立ち上げた。
このサイトは21世紀を前にして、20世紀のことを私なりに残しておきたい、
という想いで開設したサイトである。
1940年から、2000年までの60年間の巷の文化のデータとしてまとめてあるので
ご自分の生まれた年から、覗いていただきたい。

「ローマの休日」が封切りになった当時、映画が唯一の娯楽であり、
日本の映画界は非常に活況を帯びていた。伸び盛りの時代といってもいいだろう。
1954年は洋画では「ローマの休日」のほか、「恐怖の報酬」
チャップリンの「モダンタイムス」、日本映画では「七人の侍」
日本で初のSF特撮映画「ゴジラ」が封切りになっている。
当時、東京では映画看板屋はいくつも存在していた。
大きい映画看板が街のあちこちにあって、映画好きな私は
映画看板を見て心を躍らされたものだ。

今、映画看板の様子がすっかり変わってしまった。
大きい映画看板は消えてしまったのは非常に寂しい。
映画看板はあるにはあるが、手描きに代わって
プリントアウトされた看板に取って代わられている。
仕事を奪われた絵描き職人・文字描き職人は
いまどうしているのだろう。
映画の看板屋さんは、時代と共にその姿を消してしまったが、
東京宣伝美術社は現在も唯一の映画専門の
看板制作会社として存在しているらしい。

なお、今日息子と一緒にみたビデオであるが、レンタル料金1円である。
一人5本まで借りられる。5本かりても5円という安さなのだ。
この激安のキャンペーン期間も今日で終わりということである。


美空ひばり(2)

2005年12月09日 | 立体造形
製作していた美空ひばりの粘土細工であるが、
色塗りをして、なんとか完成にこぎつけた。
完成したものの、つくづく立体造形の難しさを感じている。

これまで私は気の向くまま、昭和の時代に活躍した人を
粘土細工で作ってきた。
手塚治虫、マリリン・モンロー、チャップリン
ブルース・リー、エルビス・プレスリー・・・
他に、バロン男爵、星の王子様なども作った。
もっとも難しいのは、なんと言っても“顔”の表現である。
これらの作品は粘土造形館に展示している。
興味のある方は、是非立ち寄っていただきたい。

素材はアーチスタ・フォルモという粘土である。
市販価格400円程度で非常に安いうえ、
加工しやすいのが魅力だ。
粘土は削ることも出来るし、追加することも簡単にできる。
加工が自由自在で、しかも容易であるが、実に奥が深い。
自分が満足できる作品を作ろうとすると結構時間がかかる。
絵は2次元であるが、立体は3次元である。
次元の数字では立体は絵の1,5倍であるが、
絵を描くより、はるかに時間がかかるのも事実である。
制作時間は絵を描く時間の15倍位かかるのではないだろうか。

私は専門学校で今年度「立体デザイン」の科目を担当してきたが
この粘土細工の時間では、学生は子供に戻ったように夢中になる。
どうも粘土造形をしている時間は、学生にとって癒しの時間になっている。
粘土を手でいじりながら、ものを作るという根源的な喜びを発見するようだ。
これまで作ってきた私の立体の作品は、実は学生と一緒になって
作ってきた作品がほとんどである。

ジョイフル2新潟店でも「粘土造形教室」の講師を担当している。
先日、似顔絵コーナーに「似顔絵を教えてください」と
いってきたAさんという女性が私に声をかけてきた。
Aさんに私は「粘土造形をすると似顔絵が上手くなるよ」
とアドバイスしたところ、この粘土造形教室に入ることになった。
「粘土造形教室」は第一日曜と第三日曜の午前中に開催している。
Aさんの初日は12月4日(土)の10:00~12:00の2時間
ただ今「星の王子様」に挑戦中。初日に骨組みができた。
彼女にとっては、あっとい間の2時間だったと思う。
Aさんは非常に感がいいので、今後が楽しみである。

これは、私自身の実感であるが、粘土で立体に取り組むことによって
ものを立体的に見る訓練になっている。
私は毎週土日に似顔絵パフォーマンスをしているが
立体造形していることが、多いに役立っている。これは実感である。
たとえば、写真を見ながら似顔絵を描く場合など
角度を変えて描くことがあるが、こんな時、
抵抗なく描くことができるのは立体造形の訓練の賜物だ。
私の中では、立体造形をするのと似顔絵を描くというのは
切っても切り離せないものになっている。
さて、次は誰を作ろうかな・・・

美空ひばり(1)

2005年12月07日 | 立体造形
美空ひばりを粘土細工で作っている。ようやくカタチができた。
まだ未完成の段階だが、ここに制作途中の作品を公開させてもらうことにした。
昭和時代を語る時に、手塚治虫と共に美空ひばりは欠かせない存在だ。
昭和時代にもてる才能を最大限に開花させて、
一世風靡した二人の天才は、奇しくも1989年(平成元年)に
相次いでこの世を去る。手塚治虫60歳、美空ひばり52歳。
このお二人は、昭和の時代を象徴していると人物だと私は思っている。

1949年(昭和24年)美空ひばりは、松竹で初主演映画
「悲しき口笛」に出演し大ヒット、一躍スターになる。
冒頭の粘土細工は、その映画の中で
「♪丘のホテルの赤い灯も、胸のあかりも消えるころ・・・・」
映画の主題歌「悲しき口笛」という歌を歌っているワンシーンだ。
この歌は、「東京キッド」と共に、
東京へのあこがれと夢を全国の少年少女に与えた。
17歳の私も、胸をときめかせてこの映画を見て、東京への
憧れを掻き立てられ、高校を卒業して東京に集団就職をした一人である。

さて、前回の「続・三丁目の夕日」では、36本のコメントと31本の
トラックバックをつけていただいた。私のブログの中では記録更新だ。
このことは、この映画の関心度の高さだと思うと共に
昭和時代ブームの現れだと思っている。昭和時代の中でも昭和30年代が
特に注目されているようだ。その理由は1964年(昭和39年)に
東京オリンピック開催を機に、東京は急激な変貌をとげていく。
昭和30年代は変貌する前ということになる。ここがポイントだ。

東京タワーが完成した1958年(昭和33年)は、日本映画の黄金時代の
ピークだったようだ。邦画 年間観客動員1億2,000万人という記録がある。
10歳でデビューした美空ひばりはこの年、成人式を迎えている。
5月に両国国技館スタジアムにて「美空ひばりショー」に、当時人気絶頂の
石原裕次郎が特別出演、日本のスターの顔合わせに1万人を越すフアンが総立ち。
8月「ひばりプロダクション」を設立している。
美空ひばりの粘土細工が完成したら、私のホームページ
「20世紀の館」「似顔絵ギャラリーMOONROOM」
「粘土造形館」に展示する予定だ。乞うご期待。