MOONの似顔絵エッセイ

似顔絵師MOONです。
似顔絵よもやま話をぼちぼちと書いていきます。

ホリエモン問題

2006年01月30日 | トピックス
若い経営者のヒーローのように持ち上げてきたマスコミは
ホリエモン逮捕という事態になって、一転してケチョンケチョンに
こきおろしている。一体マスコミの節操はどうなっているんじゃ?
この問題をどう扱ったか、ホリエモンを鏡として、テレビ局
新聞・週刊誌などの各報道機関の姿勢があらわになっている。

ホリエモン逮捕の報道後、専門学校の教務スタッフら
5~6人と飲む機会があったので、一人一人に聞いたみた。
あなたはホリエモン問題をどう思いますか?
この問題をどうとらえているか、という視点で発言する人の
人間性が見えてくると思ったからだ。
しかし、明確に自分自身の思いを自分の言葉で
語ってくれた人はいなかったのは残念だった。

私の高校生の息子は、なんで逮捕されたのかが、未だに理解できない。
若者に夢と希望を与えてもらった人、という思いを未だ
もっているのだ。若者の希望の星だったという思いが
色濃く残っているのだろう。

私自身の考えはこうだ。
最初からうさんくさい若者だと思っていた。
「人の心は金で買える」
「女は金でついてくる」
「金があれば、なんでもできる」
その言動が多くの若者に間違った夢と希望を与えてしまった。
額に汗して働く意欲を失わせ、自宅のパソコンで株取引をする
個人投資家デイトレイダーをいっぱい作ってしまった。
ホリエモンが逮捕された翌日、東証が取引停止になり
一日で3億円を失った27歳の若者が、数日後株価が上がり
失った3億円を取り戻したことがテレビで報じていた。

3億円といえば一人の人間が、一生かかって稼げるか
どうかという金額である。それを一日で稼いだり、
失ったりすること事態、異常というしかない。
勝組といわれている若者は幸せそうな顔をしていない。
こんな若者が増えていった場合、間違いなく生産力・
国力が低下し、日本は間違った方向にいってしまうだろう。
マネーゲーム好きの若者に元気を与え、
若者に間違ったメッセージを与えてしまったホリエモンの
罪は非常に深いと思っている。

喜劇役者のチャップリンが残した言葉
「人生に必要なものは、愛と希望とサムマネー」
私が好きな言葉だ。

一人の人間として必要なものは愛と希望だ。
それに、いくらかのお金があればいい。 お金は必要なんだ。
“」いくらかの金”がポイントである。
大金を手に入れると、かえって人生を狂わしてしまう。
今回のホリエモン問題はまさにこのケースではないだろうか。
誰も将来に夢と希望があればこそ、人間は生きていけるとも言える。
愛と希望を失ったら人は犯罪を犯すか、自殺するしかないだろう。
人にとって、その夢と希望を持つ力の程度には
バラツキがあるにしても、、
人間生きていくには、愛と希望をもつことが必要であり、
これこそ生きる力になるのだと思う。

もう一度復唱。
「人生に必要なものは、愛と希望とサムマネー」


最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (やま)
2006-01-30 16:06:08


「人生に必要なものは、愛と希望とサムマネー」

チャップリンですよ。

(確か夢ではなく、愛だったと記憶しています。)



これ、実は私が好きな言葉の一つなんです。(^^)



この問題については、私は最初から彼に嫌悪感に似たものを感じていました。

「人の心は金で買える」

「女は金でついてくる」

彼なりにどんな裏付けがあったにせよ、「金で何でもできる」と

自信たっぷりに表立って公言する彼の姿勢が、信じられませんでした。



大きな金を動かす者は、少なからずとも世の中に影響を与えます。

(金で何でもどうにかなるという意味ではなく)

だからこそ、世の中を正しい方向へ導く義務があると思います。



そしてホリエモンのやりかたには「中身」が見えませんでした。

球団・テレビ局、次から次へと一体何がしたいのか、1本筋が通って見えない。



見えるのは「金」だけ。



それが「マネーゲーム」と呼ばれた理由だと思います。



それをマスコミが肯定したもんだから、鵜呑みにした人も多かったはず。

そして今度は全否定。

マスコミは視聴者の「やじうま視点」でしかないことを忘れてはいけない。



今の時代に必要なものは「金」だけではありません。

「愛と希望」も必要。

「金」と「愛と希望」、このふたつがうまくバランスを保ってこそ

「幸せ」が生まれるのだと思います。



これは綺麗ごとではなく、実際に現在起こってる犯罪の裏側には

必ずといっていいほど「金」「愛と希望」のアンバランスさが

潜んでいると感じているからです。



お金は生きるために必要です。

でも、金の亡者になってはいけない。

お金だけ欲しくて生きる人間は、お金がなくなったら

生きる理由を見失ってしまう。



お金を足せば幸せになる人もいる。

でも、お金があっても解決できないこともある。



「金があったら何でもできる」なんて、人間として

あたりまえの感情を見失っているとしかいえません。



極論ですが、

それを崇拝する若者がいるとすれば、単なる「逃げ」としか思えない。

何もできない自分を、社会に出て思い知らされるのが怖い。

だから何もせず金を儲けて、着飾り、一流を最初から気取ることが

できればいいのにと思ってる。



最初からカタチだけ完結してる人生のどこが楽しいのか。

そこには「時間の経過」という感覚もない。



愛・夢・希望は、人が生きるための道しるべであり、

金はその燃料のようなもの。

私はそう考えています。



ながながと失礼しました。。m(_ _)m

ありがとう! (MOON)
2006-01-31 09:06:42
やまさん

若いのにいい視点をもっていますね。

やまさんのレスを見てほっとしました。

かえってチャップリンの言葉

私がうる覚えのところを指摘してもらって

助かりました。ありがとう!
若いといっても 笑 (やま)
2006-01-31 13:58:49
若いといってももう30ですよ~~~~!笑



私が直感的に感じたことを書き込みさせていただきました!

moon3@purple.plala.or.jp (MOON)
2006-01-31 15:36:19
30は64の半分以下だー。

自分が感じたことを

明確に書いてあります。

実際にはそれができる人が少ないのですよ。

マスコ報道に汚染されない直感を

これからも大事にしてください。
そうだった・・・笑 (やま)
2006-01-31 20:13:33
そうだ!

まだ半分以下でした!笑

こんにちは、お邪魔致します。 (りんご星人)
2006-02-07 01:38:39
TBさせていただきました。



チャップリンは、沢山いい言葉を残していらっしゃいますよね。



昔、ラスベガスで史上最高額を当てて稼いだと報道された方が、次の週くらいに交通事故で亡くなった、というニュースを見たことがあります。

強盗などではなく、本当に事故。

何とも不気味で、怖いなあ・・・って思ったことがあります。



感覚の麻痺してしまうお金って怖いですよね。

宝くじとかも、「欲しいな」と思う額は実用性ある値段になってしまいます今日この頃です。(笑)

コメントを投稿