モノスヤ☆のまきのテケテケあるある記。

花柳仲登嗣(モノスヤ)&仲真央(のまき)のコンビは2013年もブルワーズ青木を鋭意応援して生きます!!芸道も精進ちゅ♪

チッチっち。

2008-03-22 20:47:02 | いろんな話。
画像は復刻版モンチッチの「ジャマイカバージョン」


モンチッチは多くの皆さんご存知のキャラクターだと思います。

モンチッチのプロフィールによると、お誕生日は1974年1月26日。
生まれは葛飾区。

1972年に発売された「くたくたモンキー」の改良版だったそうです。

私は、その”くたくたモンキー”を買ってもらったけれど。
それには、あまり愛着を抱かなかったみたい。

そのあと、モンチッチは記憶では1977年に買ってもらいました。

地元の百貨店『木内デパート』で。


しかしその直後、同店でモンチッチ(愛称モンちゃん)の着替えを買ってもらうために出かけた折。

確かモンチッチのお友達のタヌキ(ポン子?)に惹かれ、そこで後にも先にもたった1回きり駄々をこねて無理やりタヌを自分のモノにしたのでした。

その唯一の「駄々コネ記憶」は自分でも特に印象深く残っている思い出です。。。


さて。
我が家の現在のアイドルはゾウのバススポンジですが。

その子が裸ン坊なので、お洋服を着せてあげたいなと。

娘M嬢と話しているうち、もしかしてモンチッチの着替え洋服が売られてるんじゃない?と。

楽天ショップ内を閲覧していて見つけてしまったのが冒頭のジャマイカ画像。


もちろん他にも豊富なバリエーションが展開されてましたよ。

おまけに「ベビチッチ」なんて仲間も加わっていて。

ほとんど、こういう物に興味の薄い母R子でさえ黄色い声を上げるほどの盛り上がり。


モンチッチのホームページも見つけてしまいました~♪


そのうえ、モンチッチはブログまで書いて(?)いるんだよ!

 ⇒ モンチッチ ダイアリー

画像が豊富で癒されますよ、ああ感激~♪♪♪


ちなみに発売元の人形メーカー『株式会社セキグチ』のサイトも面白いです!


モンチッチは元々、宮城県を拠点としていたスーパーマーケットのオリジナルキャラクターの一員だったそうで。

そのため東北地方で爆発的に売れたんだそうです。

名前も当初は”モンチッチ”ではなかったのを『セキグチ』が許可を得てモンチッチ名をつけ『三越』で販売し始めた。

こんな変遷があったとは。。。


ちなみに”モンチッチ”の名前の由来は仏語で「私の」という意味の『モン』と、ちいさくて可愛いものという意味の「プチ」を組み合わせて生まれたんですって。

おしゃぶりを吸っているポーズも印象的だよね♪
ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
« ワンコの名前は「こまち」 | TOP | 手雲メール »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
とりあえず (仲村ロンリー)
2008-03-22 21:33:59
昔、実家にもあっような気もします。。。

モンキッキとは関係なし?
なつかし~! (けろ)
2008-03-24 18:20:18
私も持っていましたよ。
まだ実家にあるはず。
女の子もいたよね・・・。
確かその女の子モンチッチ・・・泣き顔じゃなかった?
記憶が確かならば。
<仲村ロンリーさん> (モノスヤ)
2008-03-24 20:35:45
モンキッキって旧名おさる?でしたっけ?

某先生に改名させられた?


コアラも某先生のおかげ?で人生がメチャ(以下略
<けろさん> (モノスヤ)
2008-03-24 20:39:05
こんばんは★

実家にいるんだね!
ぜひ機会あったら対面してみてください♪
懐かしいよね~♪

女の子いましたよね。
でも泣き顔なのは、また別バージョン?かな?
泣き顔の女の子もいたかもしれない。

リボンつけてたような気がするな~。

post a comment

Recent Entries | いろんな話。

Similar Entries