「物置のピアノ」上映会情報

福島県桑折町発の映画「物置のピアノ」の上映会情報を掲載しています。
福島の復興支援のために上映団体を募集中!

「ふるさとを考えよう!」福島市上映会開催決定!

2015年01月29日 10時00分49秒 | 上映情報
昨年の福島での劇場公開を受けて、
県内各所で上映会の活動が動き始めています。

今回は、福島市を拠点に保健・医療・福祉の活動を行っている医療生協「きらり健康生活協同組合」が主催となり、上映会の開催が決定いたしました!
「きらり健康生活協同組合」は、

いのち輝く明日のために 
健康づくり 仲間づくり まちづくり 
みんなでつくる みんなの安心

上記を理念に掲げ、福島市内で医療・介護事業所を運営しているという。また、地域の組合員・住民の皆さんと共に、病気にならない・寝たきりにならない保健予防活動を展開し、健康を守るためには「平和」でなければならないとの考えから、平和・環境・社会保障・脱原発の取り組みも行っているとのこと。特に東京電力福島第1原子力発電所事故による放射能被害を受けて、

1.食品放射能の無料測定 
2.空間線量計の無料貸し出し 
3.子どもたちを放射能から守る「ひまわりプロジェクト」でのサマーキャンプ 
4.機関紙「いのちの炎」による放射能情報の提供 
5.様々な学習会や実習企画 

などに力を入れているという。

上映会を開催する経緯に関して担当者の方にお話を伺うと「私たち福島で暮らす多くの人々が東日本大震災および東京電力福島第1原子力発電所事故により様々な苦悩を今なお抱えている一方で、県外はもとより福島に暮らす私たちの中でも『風化』してきている現実があります。東日本大震災および東京電力福島第1原子力発電所事故を忘れない、被災したすべての人々に寄り添い続け、美しく・笑顔あふれる福島を取り戻すために、「物置のピアノ」を通して4年間を振り返る場にしたいと考えています。 福島や原発に特段興味の無い方・気にしていない方、思想信条に関わりなく多くの方々、そして未来に希望を持つ青少年の皆さんに、観て・聴いていただきたいです」と語ってくださいました。

この機会に劇場公開を見逃してしまった方は、是非ご来場ください♪
上映会の詳細は以下の通り。


開催日時 2月22日(日) 
 一回目 13:00~15:00
 二回目 15:45~17:45

開催場所 福島県文化センター 小ホールにて(福島県福島市春日町5-54)


☆チケットなどのお問い合わせは下記までご連絡ください☆

きらり健康生活協同組合
TEL:024-531-6262


コメント

ついにこの日がやってきた。!Seed Agri Fes 1st 「物置のピアノ」上映報告レポート 第一回目

2015年01月21日 12時31分13秒 | 上映報告
去る、1/17(土)に開催されましたSeed Agri Fes 1stにて、ついに「物置のピアノ」が九州への初上陸を果たしました!
 今回の上映会は、宮崎県都城市の生産農家の皆さんのネットワーク集団、Seed(都城6次産業化推進生産者協議会)の主催により開催されました。

それでは、数回にわたり上映レポートと鑑賞頂きました皆様からのアンケートをご紹介します。

まずは、今回はその一回目、主催者の皆様のご紹介です。



会場となるのは、都城ウエルネス交流プラザ内にある2Fムジカホールでの上映です。
設備もすばらしく「物置のピアノ」をよりよい環境で鑑賞頂けることに主催者も大変、興奮し会場へ入りました。



受付周りは、現地で自主映画の上映業務を行っている「M20南九州」の坂元さんが完全にバックアップ!
ボランティアの皆様も含め、慣れたご様子でしっかりと主催者の気がつかないところをサポートして頂きました。

今回のイベントでは、昼の部と夜の部の二部構成になり、それぞれの回に「生産者と消費者のパネルディスカンション」そして、「物置のピアノ」の上映が行われました。

その昼夜の間には、劇場前のホワイエにて主催者の皆様による「野菜直売会」が開催されました。



直売会は、主催者であるSeedメンバーの以下の皆様がご出展されました。

1.有限会社コウワ 田中永子さん
都城は、皆さんご存じの芋焼酎「霧島」が有名ですが、田中さんの旦那さんは、「霧島」の開発にも関わられたとか。今回は、シルクスィートという、大変珍しい品種のサツマイモで作られた焼酎が販売されました。

2.うしのこ 池田知加子さん
池田さん手作りで、オリジナルのチーズなど、多数の乳製品を販売されました。

3.大石製茶園 大石朝寛さん
こちらも都城名産のお茶の販売です。大石さんは、さまざまな種類のお茶を販売されています。
今回は、紅茶がオススメでした!

4.ひがしのもりファーム 東森宏さん
畜産と野菜の栽培をおこなう東森さん。今日は、たいへん珍しい”紅はるか”というサツマイモの販売を頂きました。

5.KIYANSE FARM 大前幸祐さん
ブルーベリーの観光農園を経営され、園内にはSeedメンバーの野菜が購入できる直売所もあります。
今回は、大前さん生産のブルーベリーを原料にしたマカロンも販売です。

6.松川果実園 松川宗由さん
ブルーベリー栽培では、宮崎ではパイオニアの松川さんは、高機能野菜の生産の生産も行われています。
今回は、菊芋やその加工品など販売していました。

8.おかもと自然薯農園 岡元孝仁さん
農林水産省 登録品種「秋宝」など、希少な野菜のみを年間100種類生産されています。
今回は、自然薯はもちろん、今夜の晩ご飯に使えそうなお野菜が並びました。

さて、会場のセッティングも完了!
あとは、来場の方々を待つだけ!

いよいよ、Seed Agri Fes の開催です。ついに「物置のピアノ」が九州の皆様にご覧頂けます!

次回はSeed Agri Fes 、昼の部のレポートと「物置のピアノ」アンケートのご報告です! つづく!!

コメント

映画「物置のピアノ」盛岡上映会

2015年01月18日 09時42分37秒 | 上映報告
1月17日に岩手県盛岡市「もりおか町屋物語館」にて上映会がおこなわれました!
「物質的な支援でなく精神的な心の支えとなりたい」という本映画の趣旨にご賛同頂き、
岩手文化支援ネットワーク、特定非営利活動法人いわてアートサポートセンターが主催となり、上映会開催の運びとなりました。

当日は、二部構成となっており、

第一部:「物置のピアノ」上映
第二部:対談「いま、これからの被災地の文化復興について~音楽のたねをまこう~」
    似内千晶さん(映画監督)、寺崎巌さん(いわてフィルハーモニー代表)

上記の形で上映会がおこなわれました。
元酒蔵という趣きのある会場にはたくさんの方々にご来場いただき、
映画上映後は大きな拍手が巻き起こりました。

対談では、震災における音楽や芸術活動の意義など、
映画にそって、いわてフィルハーモニー代表の寺崎さんと共に、
濃い内容のお話をさせて頂きました。

たくさんの方々に感想を頂きましたので、
ここで紹介させて頂きます。


☆映画「物置のピアノ」感想

・とても良かったです。対談を聞いてより一層感動しました(市内60代女性)

・素晴らしい作品でした。上映会を持ちたいと思います(市外70代女性)

・ストーリーがはっきりしていてとても感動しました。製作途中で震災が起こったということでストーリーが変わったと思いますが、作りたかったものは一緒だと思います(市内女性)

・良かったです!特に″うさぎを歌ってくれ”のあと、ぐっときました!DVDがあればと思います(市内60代男性)

・言葉にならない言葉、声にならない声がそこここに聞こえ深く入り込んできました(市内女性)

・たくさんの人に見ていただきたい。農家の風評被害に苦しんでいる人たちを助けてあげたい(市内60代女性)

・故郷を離れて25年。故郷は映画の舞台となった桑折町の隣の国見です。懐かしい風景に胸が熱くなりました。震災を乗り越え、希望を持って生きる人たちの姿はとても感動的でした。家族にもぜひ見せたいと思いました(市内40代女性)

・大震災の関わりの中で、若者たちが今どう生きていくかがよく描かれていて感銘を受けました。私は福島市で高校と大学の学生として生活しました(小学・中学は飯舘村で)ので、ふるさとへの思いもかきたてられました。福島桃の風評被害にも心痛みました。大変良い映画だと思います(市内70代男性)

・震災を風化させない、さりげないメッセージが伝わってくる映画で、良かったです(市内男性)

・生きていくことでそのエネルギーになっていることは、何か大切なこと。必要なことなどを、この映画を通して私の心にこみあげてきました。被災地に限らず生きる希望を持てない生きづらい日本になっています。皆、自分のことで精一杯。周りに目を向ける、心をかける、想像する…余裕がなくなりました。それでもその想いを周りの人にもらすことからしかつながって共に生きる力は湧いてきません。あの姉妹たちも本音を吐き出してつながりを取り戻した。原発の地に生きる苦悩に想いを向けずっと忘れないで自分のできることをつながっていきたいと思います(市内60代女性)

・声高ではないが、少女の繊細さ、まなざしを通して震災後の福島が描かれていた。桑折の桃のみずみずしさ、美しさは目にやきついた。私は福島出身者なので、ここ盛岡で福島の映画を見るのは特別な感慨をもった。目をそらしたかった震災をもう一度自分なりに向き合いたいと思った(市内50代女性)

・感動しました!ありがとうございます(市内女性)

・すばらしい映画でした。たくさんの方に見て欲しいと思います(滝沢市女性)

・人、生まれ息、一人ひとり感じ想い、関わり合い、そして終わってゆく(何かを残して何かを伝えて)それぞれ一人ひとりの深さ生き様を送ってくださった。ありがとうございます。物置のホタルが印象的でした(市内60代男性)

・声高に何かを主張する…という市政ではなく、姉妹の心の葛藤をていねいに描く中で震災の福島の深い問題を描いていて大変良かった。似内監督、今後も期待しています(市内60代女性)

・心に響くいい映画でした。見て来て良かったです。

・いろんな人の視点が描かれていて良かったです。桃はあんなに赤いのだと気づきました(市内60代女性)

・日本の大切な地域を担う高校生の、地元や将来、そして心の中、そして家族の物語。涙が止まりませんでした。より多くの方に見て欲しいなと思いました。高校生にも見て欲しいなと。どこが響くかはその子たちによって異なると思います。そこがこの映画のとても素晴らしい点だなと思いました。多くの要素を持っているからこそ多くの方に見て欲しいなと思いました(滝沢市30代女性)

・姉が自分のひけめを言葉にするところが良かった(市内男性)

・震災前から製作されていたと知り驚きました。福島の状況、被災地のことを知る1つの機会にしたくて観にきました(市内30代女性)

・震災だけでも大変なのに放射能被害が加わり、この先も苦労が続きます。映画を通して件名に生きている人々の人生を狂わされてしまう原発に改めて反対します(市内60代女性)

・静かなよい映画でした。主演の芳根さんの佇まいに、とても惹かれました。織本さんの演技は、桑折の桃農家の爺ちゃんそのものでした。人間そのものを感じました。福島を異郷で見ると言うのは、胸が詰まるものでした。私も震災で受けた傷の疼きを改めて感じました。慟哭でなく、ガッツポーズでなく、等身大でかつ、一歩を歩み出す主人公に共感しました(福島市女性)


☆対談「震災後の文化活動について〜音楽のたねをまこう〜」

・子どもたちに良い音楽を教えて下さり感謝致します(市内60代女性)

・単なる映画というのではなく、今回は監督さんの思いが実際に聞くことが出来たことでとても良かったです。カノンは私も好きな曲ですが復興への応援に被災者の心のささえになったと聞き、他もありましたが音楽が人を助けるということを実感しました(市内女性)

・似内監督の福島の方々の中で深く寄せられる想い、ことに子どもたちが子どもたちなりに受け止めているということ。それぞれの年代、立場の微妙な心情を丁寧に描きつつ鑑賞者に投げかけてくること。感じ入り考えさせられました。似内さんのお言葉一つ一つが響きます(市内女性)

・″カノン”にまつわるお話しはなるほどと思いましたし、監督の選曲のセンスの素晴らしさを感じました(市内40代女性)

・震災後の音楽活動、文化活動の難しさと、その重要性が具体的に話し合われて参考になりました(市内70代男性)

・”いわてフィルハーモニー”の存在を初めてしりました。がんばってもらいたいと思いました(市内男性)

・映画だけでなく製作者の似内さん、音楽化の寺崎先生の対談もうかがえて本当に来て良かったです。声高に反原発をうたった映画ではないのに、福島に生きる人々の苦難が伝わりました。製作の背景もお聞きし、なお深く映画への思いが深くなりました。映画にいつも力づけられている私です。来て良かった!!お二人のお話からたくさん力づけられました(市内60代女性)

・生の声をきくと映画を次に見るときの楽しさにつながります。聞いてよかったです(滝沢市女性)

・物言う人の本心、物言わぬ人の想い(おとな、こども…)ということを考えさせてくださいました。「スパイス」という言葉、まさにそれが芸術だと思いました。

・「ふるさと」を国歌にしたらいいんじゃないか…という飯田さんのご意見に大賛成!(市内60代女性)

・心に届く活動を私自身もしていけたらと思っております。

・良かったです。温かさ(暖かさ)を感じました(市内60代女性)

・生きるために芸術派必要ないかもしれない。直後は私もそう思った1人です。当時避難所にいた私は歯磨きがしたいとおっしゃった避難された方の言葉を聞いたとき、今はそれは違うでしょと思ったことを思い出します。寺崎先生もおっしゃっていましたが、時期というのもとても大事だったなと思います。より豊かに生きるために音楽、絵、そのほかにある空気も含めた文化が大事だなと思います(滝沢市30代女性)

・対談にして欲しかった(市内男性)

・現地の子どもたちが我慢をしいられていたという部分が印象的でした(市内30代女性)


☆そのほか感想、意見

・姉が中学生のとき吹奏楽部でした。映画の中で吹奏楽部の演奏が終わったとき、反応が今一の場面があったのですが、ちょっとドキッとしました。その後のふるさとは感激でした(市内女性)

・今後ますますこのような上映会、対談、フォーラムを開催していただきたいと思います。もっと多くの方に参加してもらえればと思います。よい企画をありがとうございました(市内女性)

・とても良い映画でした。震災を忘れず生きて生きたいと思いました。飯田さんの進行も聞きやすく素晴らしかったです(市内40代女性)

・TVなどで放送されることだけでなく新聞など被災地の『情報をできるだけ集め正しく知ろうとはしていますが、いつのまにか自分の日常に埋もれています。これからも映画、音楽、演劇、公演などの機会を逃がさず学んで生きたいと思います。よい会の企画をありがとうございました(市内60代女性)

・こういう形で福島を残してくださってありがとうございました。織本さんの演技に本当に魅了されました。この映画に参加した桑折の方々は本当に幸せだったろうと思います(市内50代女性)

・坂田氏のお話、良かったです(市内60代女性)

・素敵な建物で様々なイベントが出来そうですね。今後も注目していきます(市内30代女性)


今後、全国各地の上映にて、映画をご覧になられた方々が、
心の中にある故郷に思いを馳せ、それぞれの思いを改めて振り返る良いきっかけになればと願っております。

盛岡市の皆様、ありがとうございます!


コメント

悲願達成!「物置のピアノ」九州上陸! 新たな映画の上映スタイルとなるSeed Agri Fes 1st開催

2015年01月16日 14時22分14秒 | 上映情報
ついに明日、映画「物置のピアノ」が九州で初の公開となります。
あの震災から4年になろうとしてる現在、製作者の思いがようやくカタチになろうとしています。

 「震災で傷ついた故郷の心を『映画』で支える事はできないだろうか?」

こうした思いからスタートした「物置のピアノ」をとても遠いところで公開できることにスタッフ一同本当に喜んでいます。

そして、映画制作当初では想像もできな上映形態での上映会に大変驚いています。
「物置のピアノ」は、さまざまな要素の詰まった映画です。
鑑賞して頂いた方々が、その小さな要素を磨いてくださいました。

主催者が、「物置のピアノ」に一つの役割を加えくれたのだと感じています。
こうした新しい上映スタイルが広がってゆくことを願います。





主催頂きました岡元孝仁さんそして、Seed(都城6次産業化推進生産者協議会)のみなさんありがとうございます。
そして、ご協力を頂きました都城「物置のピアノ」応援団の方々、大変お世話になりました。

本日、24:00まで、オンラインサイトでの事前予約も受け付け可能ですので、ご来場を検討されている方は、こちらもご利用くださいませ。

Seed Agri Fes 1st -生産者と消費者をつなぐ「食」のフォーラム-

いよいよ、西日本初、九州プレミア上映会。
まもなくスタートです!!
コメント

ついに九州上陸!熱いぞ、宮崎!我ら「物置のピアノ」都城応援団! 第二弾

2015年01月15日 10時00分59秒 | 上映情報
いよいよ明後日に迫った「物置のピアノ」上映会とSeed(都城6次産業化推進生産者協議会)のイベント、Seed Agri Fes 1stですが、本当にたくさんの現地応援団の方々のご協力を頂きました。

まだチケット、買ってないよ!と、おっしゃる方はご安心ください。
まだ、以下の応援団の方々販売中です。

また、Webでのお申し込みもできますので、こちらからどうぞ!
Seed Agri Fes 1st -生産者と消費者をつなぐ『食』のフォーラム-公式サイト
http://seed.moon.bindcloud.jp

それでは、熱い熱い「物置のピアノ」都城応援団のご紹介です!


1.SLF 





こちらは、生産者と深ーい関係のレストラン、Seedメンバーの食材を積極的に取り扱って頂いています。
そして、さまざまなイベントを開催中!なんと、都城出身の俳優・永瀬正敏さんの写真展も開催中!
長瀬さん出演の映画"KANO"は、1.24公開 
都城市千町5000 TEL 0986-80-4224

2.樹の恵



こちらは、旬の素材を生かした料理が楽しめ、スロージャズがBGMの大人の雰囲気が漂うお店、いろんな焼酎揃ってます!
都城市牟田町19-13 吉左右ビル1F TEL 0986-23-9093

3.KIYANSE FARM



Seedメンバー大前幸祐さんの農園です!ブルベリーをはじめとして、野菜の直売所もあります!
都城市高城町大井手1953-8 TEL 090-7393-2597

4.ギフト館トミヤ



陶器・インテリア・服飾・衣料を品揃えした和のギフトです。
都城市中町13-23 TEL 0986-23-8811


5.キュート・チャイルド・ケア(都城保育園)



この度、「無料の託児所」を提供してくれた有り難い保育園、只今園児募集中!
都城市中町1-7 IT産業ビル2F(旧寿屋) TEL 0986-77-6752

6.Jeans Shop IZUMI



主催者 岡元孝仁さんのご友人のお店です。Web販売もやってます。
都城市小松原町2-10 TEL 0986-22-2749

7.炭火焼肉 炙りダイニング さくら



鹿児島と宮崎牛が堪能できるお店。女性目線で作った焼き肉屋です!
都城市牟田町29-14 TEL 0986-77-5314

8.スナック Woo power



Seedメンバー井手博文さんのお気に入りのお店。運が良ければ井手さんと遭遇するかも!?
都城市牟田町21-8 TEL 0986-26-7356

9.徳石石油 庄内SS



Seedメンバー橋村久明さんの給油はいつもこちら。はい、レギュラー満タンで!いつも世話になっております。
都城市庄内町8678 TEL 0986-37-0121

10.平和堂楽器店



優しいの調律師・長倉さんのお店です。ピアノのことならなんでもご相談ください!
都城市蔵原町11-18 TEL 0986-22-2733

11.松川果実園



Seed生産者の松川宗由さんの農園です。ブルベリーや葡萄の栽培は宮崎県ではパイオニアです。
都城市平塚町10158 TEL 0986-22-368

12.道の駅 都城



都城圏域の農畜産物や加工品、工芸品等の展示即売コーナー、地元の食材を味わえるレストランがあります!
都城市都北町5225-1 TEL 0986-38-4561

13.都城焼 窯元 霧島工房



シラス台地の土石類を生かした焼き物。暖かみのある都城焼の窯元です。

都城市吉之元町5181 TEL 0986-27-2600

14.Ray



主催者 岡元孝仁さん御用達の美容院。農家らしからぬ金髪はココで完成です!
都城市蔵原町13-11 TEL 0986-25-3685

15.ひのき食堂



昔ながらの懐かしい定食屋です。ラーメン、ちゃんぽんオススメです。
宮崎県都城市広原町15-10 TEL 0986-231787


コメント